LINE@登録お願いします。

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

本気の膣トレ!正しいトレーニング方法を学びに行く!女子モテテク!

WRITER
 

LINE@女性限定

登録者にはセックスレス解消マニュアル無料プレゼント中

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

日本に帰った時に、膣トレの先生にじゃなくって、骨盤底筋体操の先生に会いに行って

 

骨盤底筋体操を教わってきたよ。

 

自分でもやってたけど、結果は、全然違うことしてたし。。。

ちなみに私が自分で挑戦していた記事はこちら

 

 

やっぱり、こういうことはプロに教わると、一発で上手になる。

 

骨盤底筋っていうのは最近言われている、インナーマッスルにも関係する筋肉。

 

骨盤底筋のメリット

運動をしたときやくしゃみをしたときなどの尿もれがなくなる

産後お風呂に入った後に、膣にお湯が入らなくなる

骨盤底筋は内臓を支える筋肉のため、便秘、冷え、肌荒れなどの改善

排尿排便のコントロール

生理痛などの軽減

セックス する際の痛みを和らげる。

腰痛や肩こりが良くなる

セックス がより楽しめる

 

本当にたくさんあるから、学んでおくには越したことはない。

 

産後の尿もれもそうだし、膣トレしてるけどあってる?女子力上がってるって悩んだら

 

プロに聞こう!一発で悩み解消するよ

 

私の場合は、骨盤底筋体操をして、1ヶ月くらいで、全ての悩みは解消された!

 

ちょっと体操は面倒だけど、一生ものだから、無駄じゃなかった。やってよかった!!!

 

今回頼んだのは、この道20年の北條ゆきえ先生。

北條先生は現場の人。女性専用の外来に10年以上勤務していたこともあり、

 

骨盤底筋トレーニング以外の悩みも相談できる。

 

今でも、学会に参加したり、勉強には怠らないし、知識は半端じゃないから、いろいろなことも聞けて、的確に答えてくれる。

 

お医者には聞けない、布ナプキンってどう思ってる?とかも、気楽に相談できたよ。

 

こちらのサイトから、予約できるから、ぜひ、してみて。

 

骨盤底筋トレーニングマスタークラス!

 

予約して、メールを送ると、東京23区の駅近くでトレーニングはプライベートで受けられる。

 

私は千駄ヶ谷駅の近くで、トレーニングを受けたよ。

 

他の人に会うこともないから、プライバシーも守られてる。

 

北條先生も、メールの対応も早くて的確だから、信頼できる!

 

 

トレーニングを始める前に骨盤底筋の説明を受ける。

 

病院の画一的な、流れ作業とは違って、きちんと骨盤底筋のことを教えてくれる。

 

画像を使ったり、骨盤底筋はどういうものなのかをひとしきり教わった。

 

骨盤底筋って、、、あのさあ、膣の周りの筋肉って思うじゃない、なんせ膣トレ、っていうくらいだから、

 

でもね、違うんだよねええ。もっと広いの、大きいの。

 

恥骨のあたりから、仙骨のあたりまで、全てこの長く大きいゾーンなんだよね。

 

しかも筋肉も一つじゃなくって、えええ、会陰のあたりだけかと思ってたよお。

 

右足の付け根から、左足の付け根までの筋肉、って思った方がいいのかもしれない。

 

この記事にも詳しく載ってるよ。

 

 

個人的なカウンセリングをする。

私の出産履歴とか尿もれとか、そういうこともきっちり聞いてもらう。

 

私は12歳と10歳の子供がいるから、2回の出産経験。

 

つまり、その度に、私の骨盤底筋はひきのばされている。

 

プラス、会陰切開と会陰裂傷を経験している。

 

つまり、私のお膣様って、疲れ果てて傷ついてるのよ。

 

尿もれも、たまにするかも、くしゃみした時とか、生理前に走ったりした時。

 

でも、そんなもんかなーって感じで気にしてなかった。

 

ライナー使うほどではないけど、っていう話をした。

 

尿もれとかは子供の数が増えていくほど、増えるらしく、確かに私も2人目から、感じるようになったかも。

 

っていうのはあんまり記憶が定かじゃない。。。

 

子育てが忙しくって、実際尿もれくらい小さい事を心配する暇もなかったかもっていうのが、私の人生だったな。

 

 

骨盤底筋トレーニングを教わる。

 

別に全裸になるわけじゃないから、心配はいらないんだよね。どうやるんだろう?って心配だったけど。

 

スパッツと、Tシャツに着替えて、タオルのスカートみたいなのを巻いて、そこの上から、先生が触ることで、どこの筋肉が動いているかわかる。

 

最初はどこをどう動かしてるのか本当にわからなくって、大変だった。

 

しかも、私ヨガの先生なのに。。。

 

この記事には、動画もついてるから、見てみて一度してみてね。

 

一番重要なのは、その部分がどこかわかる事と、押し出すじゃなくって、入れてくって感じだった。

 

最初は押し出すって感じでしていて、それだと逆効果。

 

ちょっと触っただけでも、先生にはその違いがすぐに分かったよ。

 

呼吸を吐きながら、ゆっくり、動かすのも、難しく、

 

できてると思ってたのに、全然できてなかった。

 

しかも膣圧を測ってもらったら、、、、計測外。ゼロ。。。

 

えええええ、オックスフォードスケールでは1くらいですって、フォローしてもらったけど、全然できてないからたまに尿もれしてるんだってことが分かった。

 

お尻を引き上げたり、左右に動かしたり、ユーチューブでよくみる、骨盤底筋の動かし方とは全然違うから、驚いたよ。

 

すごい集中力が必要だから、骨盤底筋体操をしているときは、他のことは考えられないっていうことも、分かった。

 

 

練習方法を教えてもらう。

もう一人でもできそう、コツがつかめたら、練習回数と、方法のプログラムを作ってもらった。

 

1日に何回、どういう時にしたほうがいいのかもきちんと教えてくれた。

 

なんと、1日に200回くらい動かしてみて、2ヶ月間続けると、結果が出るとのこと。。。

 

しないと結果は出ないから、少しずつ、思い出した時にしてみて、って言われた。

 

今まではやり方が間違ってたから、いくらやっても結果は出ないけど、間違えなかったら、結果は出るはず!!!

 

骨盤底筋体操を1ヶ月してみて。

 

始めてから、数日で、尿もれとかはゼロ、になった。

 

でもやめるとやっぱり、ある気がする。

 

難しいのは何しろ、毎日すること。ちょっとした時間、1分くらいでも、やるのとやらないのとは全然違う!

 

何でもそうだけど、できるようになって、問題が解決すると、するのを忘れちゃう。

 

でも1ヶ月試してみたら。

 

尿もれもゼロになった。

 

何しろ動かしたことがないものだから、実際には、きちんと動かせる時と、動かせないときがあるんだけど。

 

流石にしていると、結果は出る。必ず、上手くなって尿もれしなくなる!!!

 

膣トレすると本当にセックス を楽しめるようになるの?

先生が言ってたのは

 

膣トレすると痛みがとれるとかではないのだけど、膣の周りの筋肉を使って、筋肉が和らぐ、ということと、精神的に、緊張が取れるから、出産の時と同じく、硬直してないので、痛まなくなるかもしれないっていうことだった。

 

セックス をしている方が、膣の感覚があるから、まあ、骨盤底筋を鍛えるには、無駄ではないので、利用するのもあるのかも。。。とのこと。

 

膣トレをセックス に利用するんじゃなくって、セックス も膣トレの一環だと思った方がいいっていうところが、結構面白かったかも。

 

何より、膣の感覚や、骨盤底筋は日頃、感じたり、鍛えたり、感覚としてないものとなっているから、女性器っていうのは、タブーの温床だし、その部分を使う、敏感にしておくには、骨盤底筋を鍛えておく方がいいということだけで、あえて、パートナーに喜びを与えられるわけでもなければ、自分の感度が上がるということでもないみたい。

 

ただ骨盤底筋を意識するっていうことだけで、自分の体と、お友達になる、女性の部分を認めるっていうことになるのかも。

 

重要なのは、どこに何があるのかが自分でわかる状況かどうか、っていうことで、実際には、出産の時も、セックス の時も、骨盤底筋や呼吸を使う余裕はないのではないか。。。と思ったりもしたね。

 

出産の時も痛くって、呼吸って?って感じだったし。

 

実際、セックス している時に、骨盤底筋体操みたいなことは私はできないなーっと思ったのでした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.