イタリア在住、女の子だってエロを楽しもう、山本えみりが経験を得て語る。

無料 セックスレス解消マニュアル E-BOOK ダウンロード

離婚する、理由、原因がセックスってあり?衝撃告白! 

2018/05/25
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

クラウディアは前の旦那さんイタリア人ロレンツォと5年前に別れました。クラウディアは私のママ友で、セラピーのお客様。イタリア生まれ、南アフリカ育ち、テレビ局で編集作業をする仕事とかもしていたのだけど、今はうちの近所に住んで、アメリカ人と働いています。新しい彼氏(ボブ)は仕事の上司。サンフランシスコに住んでるから、通い彼。現在、彼女が行ったり、彼が来たりしている。娘11歳、息子14歳くらい。

 

クラウディア(後クラ)「だいたいね、(新しい彼)ボブと私って、セックスの相性もめちゃくちゃいいのよ。」

エミヤマ (後エミ) 「のろけか。」

クラ 「ほら、私のって、ちょっと広めで、浅いじゃない、ボブのペニスは、ちょっと太めで、少し短めなわけよ。つまりピッタリってことなわけ。」

エミ「あーカーマスートラにも、そういうこと書いてあるよね。大学で学んだわ。一番いいのは中ぐらいと、中ぐらいのカップルだったねえ。実際男性の場合はさあ何センチっていうのとかで分かるけど、女性の場合はどうやったら、浅めとか、広めとかが分かるのかはわからないんだけど。」

クラ「入れたときに、がばがばして、感じるか、感じないかってことよ。大体ラテンラバーズなんて言うけど、イタリア男って、小さいわけ。 私のは広いから、あんまり感じないわけ。」

エミ「入れたときに、すぐにガンガンピストンすると、膣がきっちり密着しないで、広がってしまうから、入れたら、最低2分間は動かないでいることを推薦してるけど。そうすると、膣が密着して、いい感じになるし。」

クラ「摩擦いれないで、2分間も勃起してられる男を見つけるのも難しいけどねえ。」

エミ「女性の膣なんて、男性からすれば、ぶっちゃけた話、どんな女性もそんなに変わんないんだって、あの、ゴールデン女性器伝説は都市伝説でしかないんだってねえ。」

クラ「男が、どんなまんこがよく感じるか、いうことには興味ないけど、私はやっぱり、太いのが好きなわけ、長いのはあんまり好きじゃないのよ。奥をつかれすぎるっていうの」

エミ「なるほど。」

クラ「そういうわけで、ボブのは、最高な組み合わせなわけよ。」

エミ「避妊はなに使ってる。ピル? コンドーム? 」

クラ「ミレーナ。」

エミ「いつ入れたの?知らなかった。前夫ロレンツォとはコンドーム派だったじゃない?」

クラ「2年位前。話さなかったけ。」

エミ「ボブのため?」

クラ「2年前にね、ボブと初めてセックスした時に、生理が終わるくらいの日で、まだ、出血も軽くあったから、コンドームなしでやったの、そしたら、できちゃったの。その頃は、禁欲生活7か月でしょ、だからいきなり、排卵したのかもしれないし、よくわからないんだけど。」

エミ「で、どうなったの子供は?」

クラ「アメリカに行って、堕ろしたの。彼はほしがらなかったし。私はもう出来ちゃったんなら、生みたかったんだけど、しょうがないでしょ、初めてだったし。アメリカの医療サービスって、最高にいいわよ。あったかい毛布で包んでくれたり、ちょっとした、スパに行った気分。着床した部分を注射器で吸い取るだけだから、体にもそんなに負担はなかったけど、けっこうきつかった。その時に一緒に、ミレーナを入れたわけ。」

エミ「しらなかった。」

クラ「人に自慢することではないから、あんまり話さないのかもしれない。でも、避妊具は20年前に使ってたのとは全然違って、すごくよくなったわよ。生理も、もう全く来ないんだけど、悪くないわよ。あのころのは最悪、子供作るのが大変だったのも、そのせいだし。」

エミ「でも、今はボブは子供ほしいんでしょ。」

クラ「そうなの、だから困ってるし、どうしてあの時、産めって言えなかったのかって思うわよ。もう私は、ほしくないし、子供はすでに2人いるし。彼は50でシングルで今まで子供をもったことがないから、彼は自分の子供がほしいの。」

エミ「いまさらだよねえ。」

クラ「結局は子供が女性が育てるわけだし、育てるの大変だって十分知ってるでしょ、それに、作ったら、もっと関係は難しくなるじゃない。作らないから別れるかもしれないけど、できたら余計別れる確率って、高くなるじゃない。」

エミ「子育ての経験がある身にとっては、まあ、恋人ではなくなるよね、少なくとも。」

クラ「そう、私はすでに知っているし、子育てって、そんなに簡単ではないし、楽でもない。彼はお金があるから、ベビーシッターでも何でも使えっていうけど、そんなに簡単には割り切れないし。」

エミ「何でコンドーム使いたがらない、男が多いんだろう?」

クラ「小さいからよ、だから膣では感じないわけ。」

エミ「あははははは。その事実を言ったら、みんな使うようになるね。小さいって思われたくないから。」

クラ「前の旦那はイタリア人だったけど、コンドームは使ってくれてたわけ、それだけはよかったわよ。」

エミ「大体セックスを膣と、ペニスのなすりあい、摩擦係数だと思うと、たしかに、コンドームって、邪魔なのかもしれないけど。射精することだけを目的としたら、やっぱりゴムなしの方が早くていいのかもね。射精至上主義は常に男の中にあるものだし。女性が喜ぶかどうかって言ったら、そんなのどうでもいいじゃない。射精するかどうかには私の喜びには関係なし。コンドームが邪魔だって思う人は、マスターベーションの時に、手で強く、しごきすぎるからとは言われてるよね。膣の圧力と、手の圧力なら手の圧力の方が絶対に勝るし。マスターベーションのやり方に、問題があるって言っても、わからない人は、絶対わからないだろうしね。」

クラ「イタリア男にとって女性が喜ぶかどうかなんて、眼中なしなのよ。イタリア男なんてもう絶対つきあいたくない。」

エミ「日本から、ポケモンコンドームを成田で買って、お土産に、みんなにばらまこうと思ったら、イタリア人女性で、コンドーム使っている人って、いなかったんだよね。結構ショックだった。自分一人で、こんなに使えんのかってくらいの、大人買いしちゃったし。みんなピル使用だった。」

クラ「結局男の言いなりなわけ。

エミ「女性がいけないのかなー。要望を言わないから、それとも男性側がおすのかな?」

クラ「なんていうの、女性がセックスの話なんて、この国ではしちゃいけないのよ。ほらカソリックじゃない。母親の世代で、セックスで、女性が喜びを感じるということはないわけ。オーガズムなんてもってのほかなわけだし。女性がセックスのことを話すなんて、娼婦だと思われるわけよ。私のおばあちゃんのネグリジェの真ん中には穴が開いてたのよ。」

エミ「そのネグリジェってコスプレじゃなくって、、、文化的なものなわけ?けっこう今使ったら、燃えそう。牧師と信者みたいなシチュエーションてどうよ? それ本当だとしたら、前戯ゼロ。」

クラ「そりゃそうよ。タブーよ。大体、インドにしろ、中国にしろ、日本にしろ、性を喜ぶ文化っていうのはあったわけだし、あるじゃない、ヨーロッパはそういうのないの、性に対しては後進国よ。」

エミ「セックスの回数とかは多いじゃない、日本に比べれば。まあ、大体、アンケート調査で、ホントのことを言ってるのかも、怪しいし、統計調査って、私信じてないんだけどさあ。」

クラ「あのさあ、セックスって、量じゃないのよ、質よ。前の旦那はさあ、いつもしたがってたわけ。それだからと言って、私が充実したセックスライフを満喫していたかって言ったら、そんなことはなかったもの。」

エミ「そうか、頻繁にやってるて言ってるから、そこには問題ないのかと思ってた。」

クラ「ロレンツォはいつも、コンピュータから離れて、私の近くに来てさあ、じゃあ、セックスするって聞くのよ。でね、イエスって答えると、そのままセックスするわけ。ノーって答えると、あ、そう、ってそのまま、マスターベーションしに彼の書斎に帰っていくわけ。インターネットポルノを見るんだけど。」

エミ「その気にさせてくれないってことか、きみは綺麗だと、すごくきみとしたいとか、」

クラ「イエスかノーでしかないの。それでいつも傷ついてた。」

エミ「それ嫌だね、嫌でしょ。」

クラ「ボブは、なかなか、射精しないタイプなんだけど、それもロレンツォと違って、いいわよね。それに、そんな、フェラティオも好きじゃないし。ロレンツォなんて、いつも強要してて、十八番だったわよ。顔射はもちろんのこと、口に出すのも好きだった。それって、ポルノの影響でしょ。飲み込むとより一層、喜んでくれた。」

エミ「でもそれって、精神的なものだよね、だって、彼の体がどうのっていうよりは、彼の液体の問題なわけだし。」

クラ「そうよ、だから、大概の男の、セックスファンタジーが女性を喜ばせるものじゃないわけ。なんていうの、お前は俺より、下だろってことを表現したいっていうの。」

エミ「男の人のフラストレーションって計り知れないから、そこをセックスで埋めようとすると、すごいことになるよね。うーん、私は口出し大嫌いだし、さげすまれているように感じるから、最初っから、きちんと交渉する。そういうことはしたくないって。でも、男性の話を聞くと、精液を汚いと思われるのって、自分を汚いって思われるように感じるんだってね。精液を飲んでくれると、自分を受け入れてくれたって思うみたいだよね。幼いっていうか。ある男曰く、私みたいにはっきり言われていたら、ティーンのころは傷ついてたっていうんだよね。今はおっさんになったから、良いけどだって。あのさあ、今の女子高校生って、彼の精液飲んでるわけ?そうなるとよ、セックス嫌いになるのあたりまえだよね。」

クラ「だからね、ロレンツォとのセックスは99パーセントは楽しまなかったし、1パーセントだけが良かったわけよ。20年間、顔に精液をかけられてきたら、別れようっていう気になるわよ。そういう根性もつくってわけ。」

エミ「なるほどね。関係性も一瞬には築き上げられないけど、別れるエネルギーっていうのも培うものなのね。」

クラ「それにさあ、アナルセックスにも興味があって、たまに許してたけど、自分の体には本当に良くなかった。」

エミ「アナルで感じるっていうのは、肛門の近くをなめるとか、まあせいぜい、ジェルか、オイルを使って、指を挿入くらいだよね。そのあたりは性感帯になりえるけど、それ以上はリスクだけだよね。」

クラ「肛門科に行ったら、私の肛門って、さあ、ちょっと問題があるって言われたし、やっぱり挿入すると、傷つくからね、つぎの日痛かったり、血が出たりする。」

エミ「そこまでして、男に尽くすべきなのか?というか、多くの女性が、そこまでしてるのか?しかもクラウディア、あなたかなり、結構、フェミじゃない。」

クラ「だからフェミなわけよ。」

エミ「20年間の顔射とアナルがあなたをフェミに導いたってことか。」

クラ「だからね、ボブとのセックスはいいわけ。せいぜい3体位くらいしか、できないけど、それでもいける。それにね、いってもらうとうれしい。」

エミ「私はどっちでもいいけどねえ。自分の喜びには変わりないし。自分のオーガズムにもあんまり実は興味なし。射精してもらわなくってもいい。確かにあえて言えば、膣でいってほしいけど。汚れないし。」

クラ「そう、たしかにエゴでしかないんだけど。私が始めると、絶対行かないの、彼はそれでいいんだっていうんだけど、いってほしい。」

エミ「彼が始めるといくの?」

クラ「そうなの。」

エミ「私は精液って、エイズとか、病気とかを移すものだし、大体妊娠もまだあり得ることだから、なるたけ見たくないけどね。いつも立っててほしいけど、何度もいってほしくないっていうの。」

クラ「だから、私のエゴなのよ。その部分に感じるっていうの。」

エミ「なるほどね。顔射は男のエゴだとしたら、膣いきは女のエゴかもね、、、。私の友達は、不倫してるけど、彼が奥さんとセックスでいけないって言ってたけど、自分とは膣いきしてくれるって喜んでたし。女のプライド膣にありってことなのか、、、。」

 

セックスレス解消マニュアル! 今からでも遅くない

読むだけで求められる女性へ変身。

 

セックスレスでなくても、セックスのことで知っておくべきこと満載。

 

セックス も、パートナーシップも、 ますます楽しくなる。

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.