LINE@登録お願いします。

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

セックス は癒しになる?

WRITER
 

セックスレス解消に役立つ情報を発信中!

メルマガ登録はココをクリック⇧

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら


お友達からいただいた質問

「なんかさあ、定期的にセックス するようになると、精神的な病も回復に向かっていく人が多い気がするけど、えみやまさんどう思う?」

 

っていうことなんだけどねえ。

そんなん当たり前やん!

どうして、セックス したら元気になっちゃいけないの?って思うと同時に、

 

「そりゃあ、そうだろうね、特に女性はそうだろうね!」

と思うふしがあるよ!

 

なぜなら!

 

 

セックス はエネルギーの交換でしかない。

 

逆にいえばセックスレス で精神的に病んじゃうっていうこともあるんだと思うんだよね。

セックスレス =エネルギーが足りない!ということだもんね。

 

セックス を始めるとエネルギーの循環が良くなる、だから元気になる!っていうことなんだよね。

 

東洋医学でいう、1のチャクラって、性器だし、そこから全てのエネルギーが出てるってことになってるから、その部分のブロックが取れると元気になるんじゃない。

タントラとかそういう感じだし。

 

快楽っていいものなんだけどねえ健康にもメンタルにも、それを認めちゃいけない社会があって、まあ人間は体だけじゃなくって理屈でも生きてるから、そこまで効果があることにはなってないのかもなあ。

 

マスターベーション を極めれば鬱が治ったり、パニック症候群が出なくなったりすることはないから、やっぱり人間と人間との関わり合いがエネルギーの交流が癒し!元気を作っていくんだと思うね。

 

ただしマスターベーション を発作の時に使ってる人もいるんだよ!!!それもありだよね。

 

 

愛のないセックス でも癒される?

 

愛について答えるの難しいけど、テクニックのないセックス では癒されないっていうものはあるかもね。

 

だって愛とはなんぞや?になるじゃない。

 

ただ人間は自分と同じものからは価値が見出せなくって、違う何かを持ってくると、価値を作り出せる、学びがあるのかなって思う。

 

男と女も違いで、その違いから快楽が生まれるわけで、その部分で自分が持っていないものを持ってるもの同士だからこそ、価値が出てくる。愛になる。

 

だから同じじゃないっていうところに魅力があるし、同じじゃまずいんよね。

 

だから、人と交わったり、セックスしたり、自分の意見と違う人と話したりすることは、エネルギーの交流だから、元気になる、生きる力になるのかもね。

 

違いを認められる部分は、いい意味での「価値観の崩壊」があるよね。

 

 

自分の境界線を危うくするセックス はエゴの崩壊

 

人間のエゴ、自分!の部分は自分の体の部分だよ。

だから、自分が太ったとか、自分がお金がないとかは気になるけど、友達が太ったり、お金がなくても困らないその境界線を決めるのが体。

すごく単純でしょ。

 

その部分で、ごくノーマルなセックス は自分と自分の境界線が肌を密着する、挿入することで無くなるんだよね。

ワンネス(あなたが私になって私があなたになる)になるよね。

 

だから、自分の境界線があやふやになる、その部分ではエゴがなくなっていくわけで、癒しが起こるね。

 

実際悩んでるのは、自分の部分ですごく小さい体に押し付けてる、自分の体が自分の全てだって思うことが悩みの原因なんだけど、その部分はセックスでは崩壊させられるね。

単純に。そして直接的に、かなり暴力的に境界線を崩してくれるよ。

 

でも僕の彼女はセックス が嫌いです!

 

エネルギーの循環がうまくいってないパターンではそうなるね。

 

一つは全然気持ちよくないセックス 。とにかく男が下手すぎる場合と

女性特有の躾、教育からくるもの。女性はおしとやかでいなくちゃいけないし、セックス を楽しんでもいいとは誰からも学んできてないからね。

自分たちの体は捧げるものとか、与えるもの。一緒にエネルギー交換して楽しもう!とかはないよね。そういう教育を受けてきてる。

 

特に、まあビッチより、そりゃあ「おしとやかな女性」の方がモテるし、特に若い時はその傾向があるよね。

だからね、セックス で元気になるとか、気持ちよくなることはいいことだって教わってきてないから、そのカテゴリーが頭のなかにはない。

思考は現実化するわけで、その思考がない場合は現実化はしないんだよ。

 

特に、マスターベーション を禁止されたり、親から性的なことで叱られたり、性的虐待があった人は、楽しめないし、エネルギーの循環は無理になってくるんだよ。

親との関係も実はオーガズムに関係するよ。

 

エネルギーを循環できるセックス ばかりじゃない。

 

特に女性はエネルギーをむさぶりとられていくような、セックス 経験をしたことがある人も多いんだよね。

自分の体使われて、エネルギー取られる。感じがするとか。(風俗とかそうでしょ。)

 

本当はお互いがエネルギを与えあったり、捧げあったりする行為だといいんだけど。

そういうセックス ばかりじゃないから、お金盗まれちゃたみたいな気分になる。

 

循環させられればいいけど。。。そういうセックスばっかりでもないからね。

 

男性も子作りセックス とか面白くなかったって言う人も多いよね!タネ取られるのも、エネルギー取られるのと一緒だから。

すごく違和感がある。

本当はエネルギーの循環がうまくいったときに子供ができるっていうの理想だけど、そんなこと学んできてないからややこしいことになるし、今の妊活の問題もそこにもあるよね。

それをわかってて、好きな人と、エネルギーの交換の上で子供ができたってことになると、ちょっとビックバン的な感じで素敵なものにもなるし、妊活も逆に楽しめるんだけどねえ。

 

セックス ははしたない行為!汚い行為っていう世界から抜け出せないことも多いよね。

性欲をたくさん持ってるのはいいことだから、それを楽しみましょう!とか誰も言ってくれないとこにも問題はあるんだよね。

 

じゃあ本当にセックス って体にいいの?科学的観点からはどう?

 

セックス のオーガズムやセックス 時の興奮では色々な脳内ホルモンが出るのは知ってるよね。

セックス の3つのホルモン

オキシトン

エンドルフィン

セロトニン

 

オキシトン!

セックス するとまず「オキシトン」幸せホルモンが頭の中から自動的に出るよ!

抱きしめたり、抱きしめられたりすると出るホルモンとも言われてます!

脳内化学物質は抗うつ剤にもなるもの、鬱っぽかったら「パートナー作って、いいセックス をすると」薬以上の効果があるよ!

 

エンドルフィン!

もう一つはエンドルフィン!これも幸せホルモン!

セックス をするとこの脳内化学物質が爆発的に放出される。

モルヒネの6倍以上の鎮静効果と恍惚感をもたらすエンドルフィン。

セックス をした後は怖いもの無し気分にしてくれる。

 

セロトニン 

鬱は一般にはセロトニン欠乏とも言われてるよね。

セックス にはセロトニンを増やすこともできる効用があるよ。

朝日がセロトニンを増大させるからセックスレス の時は朝日を浴びてウォーキングもおすすめだよ!

 

他にもセックス によって、風邪ウィルスと闘ってくれる免疫グロブリンAの値が上昇したり、セックス っていいことづくめなんだよ。

 

そんなややこしいことはどうでもいいけどセックス したときに

「あーよかった。リラックス。」みたいな感じになったらそれは脳内ホルモンが出てるってことだね。

 

セックス で癒されちゃおう!

 

エネルギーの交換とか補給とかってセックス 以外でも色々できるよね。

 

ただセックス は手っ取り早い、すごい直接的だからかなり自動的に癒された、おしまいってことになる。

もちろんそれに依存したら、またそこで苦しみが始まることになるし、その癒しも一時的なものだっていうことも確かだよね。

 

セックスの凄さは直接的に体に効く。

それは悪いことでもないしね。

あー気持ちよかった、もっと気持ちよくなりたいは癒し効果抜群の行為なのじゃ!!!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2018 All Rights Reserved.