fbpx
LINE@登録お願いします。

インナーチャイルドを癒し、自分を知り女性であることが楽しくなる

無料セックスレス解消マニュアル!

【長く続く恋愛関係における欲望の秘訣】TEDから・セックスは知的創造

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみり 心の専門家!インナーチャイルドを使って根本から変化するカウンセリングをしています。セクシャリティ、特にセックスレスについては得意分野です。イタリアに住んで二人の子供を育てる母親でもあります。物を書いたり読んだり、アートやデザインも大好き。映画やワインにも精通してるはず!
詳しいプロフィールはこちら

どうして大切な関係ほどセックスレスになるの?

長く続く恋愛関係で欲望を保っていくのってどうすればいいの?

どうして親密でいい関係なのに、いいセックス ができないの?

最高に愛し合ってると思うのに、良いセックスが色あせていくのは何故なの?

 

どうして愛してるのに?セックスレスになっちゃうの?

 

今回はそのことについてお答えします!

 

今回はTEDで見れる

カウンセラーであるエステル・ペレルさんの

長く続く恋愛関係における欲望について
参照にレス解消方法のヒントを書いたよ。

ぜひTEDの方も見てみてね。

 

 

性的関心を長いこと維持しようとすることは人類初の試み

 

恋愛結婚自体、そして恋愛自体が実は新しい現代の作り出したもの。

女性の財産所有権もなくって、女性が家やお金を持つことさえできなかった時代もあるから

結婚は契約でしかなかったんだよね。

女性の投票権が戦後1945年に得ることができたんだけど

女性と男性が対等である結婚は現代におけるものなんだよ。

親世代50年前までは1970代まではお見合い結婚は当たり前だし

結婚は女性にとっても男性にとっても

社会的役割を果たすものであり、安定や経済を保つものだから

ロマンティックなものである必要はなかったからね。

つまり

喜びとつながりを求めるセックスを長い間必要とする関係は今までなかったんだよ。

人間ならではの悩みなんだよね。

 

親の結婚からはその要素が見られない人も多かったと思うし

恋愛関係を続けていく結婚

情熱的な結婚の課題

 

セックスレスは現代における問題なんだよ。

 

昔の女性は結婚すればそれでOKだし

ある意味子供を埋めればどうにかなったということで

愛されてる、愛されていないという世界は

あまり重要ではなかったんだと思うよね。

 

長い恋愛関係に必要な二つのもの!

 

結婚生活や長い恋愛関係に必要なものは

二つのものがあります

一つはまず

安定!

家庭という関係で必要なもの
安全

信頼感

信用・責任

安心感・安定

予測可能・計画

継続性

明日になったら急にいなくなっちゃったり
計画が立てれないと困るよね
だから結婚は契約であり、急に変わってしまったりするものではないよね。

もう一つ

二人の関係に必要なもの
好奇心・喜び

冒険・目新しいもの

リスク・危険

未知のもの・驚き

旅・興奮

 

こういったものがないと楽しみがないよね。

 

だから二人の関係には

安全性と冒険性がともなった

二つのものを求めているんだよ。

 

相反するもの

過去には結婚ていうのは経済的な制度で

子供や社会的地位を得るものだったけど

今では

仲のいい信頼できる友達であり

情熱的な恋人であり

安らぎであり

新しい発見だから

 

セックスレスの問題はとっても実は難しいんだよ。

昔ならコミュニティーが与えてくれたもの

帰属感や社会的身分や安定性を

たった一人のパートナーに求めつつなおかつ

パッションもある!

って難しいでしょ。

 

なんで最初のようにセックスは盛り上がらないのか?

 

実は当たり前なんだけど

欲望は手に入れが時点で満足するよ

 

例えばブランドもののバックが欲しいから買ったとして

次の日に同じバックは欲しいと思わないよね。

なおかつそのバックへの欲求は確実に減ってるよね。

 

だって手に入れたから

それが当たり前

 

だから二人の間の欲望も手に入れた時点で

必ず減っていくんだよ。

 

恋愛欲求(体の欲望じゃない方)

相手を理解したい、自分のものにしたい、距離を縮めたい

隙間を埋めあい、親密感が欲しい

緊張感をなくしたいって思うんだよね

一方で

(体)欲望の場合は

一度経験したり手にしたりしたものは面白いと思わないし

予測できることは面白くないし
知らない人と知り合うことであるし

禁じられた場所に行けたり
違う世界を見ることなんだよね。

 

つまり欲望の場合は近づくというよりは

ある一定の距離が必要になるし

冒険や危険を伴うものじゃないと行けない

 

人として恋人が最も惹かれる時はどんな時?

 

じゃあ

長いこと付き合っていてどういう時にパートなのことを

愛おしいと思うか

かっこいいとか、いいなって思うかっていう時は3つある

 

離れていた時

長距離恋愛していた人はわかる

会えない時間が想像を高めて二人の仲がめっちゃ盛り上がるよね

 

会えない時に二人が想い合うことが不在と切望を高め

欲望を高めます!

 

得意分野で輝いている時

まさにシャル・ウィー・ダンスの世界のことだよ!

例えば趣味のバンドをしていていきなりステージにのってる彼をみたり

女性なら仕事場でプレゼンしていたり

自信たっぷりな姿を見たりするときで

それは決して家でパジャマを着てそばにいるという状況ではないんだよね

 

だからオススメするのが結婚してもデートすること

デートの待ち合わせとかってある程度の距離があるし

レストランで食事をするときも距離とか、お会計の時の姿とか

いつも見せない姿に人間というのは欲望を覚えるのです!!!

 

ちょうど良い距離でいる時、そしてその人自身の姿を見たときに欲望を増やすよ!

 

目新しさを出せる時

 

目新しさってセックスのポジションとか、テクニックとかではなく

その人の新たな面を見たとき。

その人なりの新しい面、いつもふざけている人が真面目になったり

真面目な人が砕けたり

そういった違う面を見たときに人のは心を動かされるんだよ。

 

セックス力は想像力である

 

セックスは単なる行為じゃなくって

セックスという世界に二人で行ってその世界に入り込むこと。

だから

そのときに

いつもと同じようにおしとやかでいるとか

品行方正でいるとか

そういうことでは楽しめないかもしれないんだよ

自分のどの部分を表現して、どの部分と繋がりたいのか、

安心していられるのか、責任を負わなくてもいいところなのか

願望を表現したり、何を手にすることができるのか?

 

つまセックスとは行為ではなく

何か他の世界を作り出すことであるのです!

 

欲望を殺す行為は?

 

これは一番まずいっていうのは

相手のお世話をしちゃう関係なんだよ

男性は女性にお母さんになってもらいたいって

甲斐甲斐しくお世話をしちゃうと逆に欲望は無くなっていくんだよね

安定した関係は責任を取り合う依存関係だけどそういう距離の関係は

お母さんと子供っていう関係になっちゃうから

セクシャリティの世界からは遠のくんだよ。

 

性エネルギーは生きることを楽しむエネルギー

 

人を常に疑ったり、人生を楽しめなかったり、

常に警戒心を和らげず、遊び心を持たない人は

セックスに対しても積極的にはなれないよ。

生きることは楽しい、人生の質が高い人は

セックスは人生においてとっても大切なことだってわかるから

セックスの持つ遊び心や、楽しさ、生きる力をセックスをする事で

得ることができる。

セックスに期待する力もすごく大切になってくるんだよ。

 

セックスをすることは生きることだからね。

 

こんな時はやる気にならない!

 

それでもセックスをやる気になれない人こんなことをちょっと考えてみるといいよ

セックスに対する質問
こんな時はそういう気分になれない

こういう時に私は心を閉ざしてしまう

 

つまり誰かの責任にしたり

パートナーの能力の低さではなく

自分がどういう時にエロい力を剥奪されるのかを

想像してみることが大切になるんだよ

 

そういう気分になれない時
肉体的に疲れている時
自分の体のコンプレックスが出るとき
忙しくて自分の時間がない時
パートナーと話す時間を取れない時
自信がない時
セックスの権利さえないと思っている時
年とったと感じた時
自分は楽しむ価値がないと思っている時
パートナーが理解してくれてないと感じる時
ETC

つまり

相手のこと以上に

自分自信との関係がパートナーとの関係に影響を及ぼしているし

セックスをしたくない理由はそこにあることも多いんだよ

 

この部分は人によって違うから自分でもちょっと探求してみて

 

欲望は模範市民には起こらない

 

愛を育てることって

相手を信頼したり、安心させたり
気遣いとか、責任とか守るとか正しいことが多いけど
実は欲望は全く反対の感情になるんだよね

欲望に関する感情って実は下品で
意識高い系からは遠いことだったりするわけ

嫉妬、所有欲、攻撃性、力、支配とか、支配されたいとか
まあ下品で道徳的じゃないことが多いんだよね

 

つまり人前ではあまり言いたくないこと。
隠したいこと

陰徳なこと

官能的なこと
だから品行方正に正しい人では
セックスは楽しめないんだよ!

 

欲望とインナーチャイルドの関わり

品行方正ってどこから来るってわかる?

そうなの!教育親からくるよね。

つまり親との関係がセクシャリティにも深く関係してきちゃうの
だから私がインナーチャイルド癒したほうがいいよっていうのは
レスをしている方にもすごく大切なことなんだよね。

 

子供の頃の経験が大人になってからの性生活にも深く関係していルからね

自分と親との関係が
自分とセックスとの関係だと思ったほうがいいよ。

親が子育てをするときに必要なのは
ここは安全な場所であなたを守ってあげるからね
という家族という役割
でももう一つ必要なのは
外の世界に出て行くことを応援する力も親には必要なんだよ

本当の家族というのは
安全や安心というものを作り上げ
そして子供が出て行くのが健全な形であるとも言われている。
外の世界でもやっていける、危なくない、冒険して楽しんで
人生という旅を送り出すことができるかが親の器量になる。

一方で親も子供のままでいると
自分が新しいことを何かしようとするときに
世の中に出て行くとき
仕事や大学を選ぶ時など
「やめたほうがいい」と言うとか
必要以上に心配するとか
依存をもたらす

 

だから3つのタイプの子供が作られるよ。

出て行けない子供

親があまりにも依存しているために

社会に出るのが怖い
もしくは出てしまうと親が傷つく
親を守って助けてあげるのは私だけ
と思うから家を出ていけないよ。

こういう人は結婚しても家を出ていないことと同じだし
精神的に常に親の元からは出発できないんだよ。

親は心配することが愛情と思っていることが多いパターンだよ。

こういう場合セックスという危ない場所に行くのは避けるから
セックスレスになるのも当たり前ってことだよね。

出ていったけど後ろめたい子供

 

これは常に親に対して罪悪感を感じている人
親の元からは出たり
一人暮らしもできてるけど
実は親のことが気になってる
そして
こんなことをしちゃいけないなってどこから罪悪感を感じているよ。

 

セクシャリティの面ではセックスはするけど常に罪悪感
セックスが楽しいとは思えない。
これは常に後ろ髪引かれながら冒険をしていることになるよ

 

安心して出ていける子供

 

これは親が冒険を楽しんできてねって成長を楽しみにしてくれてる子供

自己肯定感もあるし世の中や新しい出来事は怖いことじゃないって

知っているからいつでも冒険に出て行き
そしていつでも戻れる場所があるって安心して
楽しめる人のことだよ

当たり前だけどセックスもきちんと楽しめるし
セックスに対する罪悪感や
セックスに対する好奇心、を隠さなくても大丈夫だということを知っている人だよ!

 

欲望は安全から離れた場所でしか得られ無い物

 

夫婦間での欲望を維持するのは
つまり矛盾した二つのこと
安定と危険を同時に持つことであり

それはとっても難しいことなんだっていうことがわかるよね

 

全く同じく

オーガズムが得られるかどうかとか
相手がそんな姿を見てどう思うかということを
考えずに

自分軸で楽しめるかもセックスの大切な部分で

自分一人で楽しむのではないけど

危険を冒して自分の恥ずかしい部分をさらけ出す勇気も必要になるわけだから

セックスはそういう意味では大きな自分への課題なのかもしれないよね。

 

 

欲望を保ち続けているカップルがやっている秘訣

 

色々な困難を抱えつつも
うまくやっているカップルもいるわけで
じゃあそういうカップルはどうやって
欲望を維持しているのか
その例をいくつか挙げていくよ

 

性的なプライバシーがある

 

これはセックスの優先順位をきちんと上に持って行ってるということでもある

二人の間でエロい話をしてもいい

エロな世界を持つべきという部分をきちんと

時間も場所も確保しているということ

だから結婚したらラブホに行ったほうがいいんだよ。

 

前戯はベットの上だけでないことを知っている

 

当たり前のことだけど
ベットの上だけで男と女になることって難しいんだよ

セックスが終わってから次のセックスまでが前戯だから

その前戯中に何をするかもすごく大切
二人の仲を深めるためのこと
デートや二人で食事をする、二人っきりで話すなど
男と女になる時間を作ることも大切なんだよ。

 

性的魅力は増えたり減ったりする時期がある

 

常にハイテンションの欲望がないともう嫌われたとか

愛されてないとか、終わったということではなく
二人の間では
欲望が高くなるときと低くなる時がある。

だから低くなった時は必要以上に焦らないことでも
次のセックスまでの時間を楽しむことも大切だよ

 

情熱を呼び戻す方法を知っている

 

二人が一度欲望が減るともう二度と戻ってこないと勘違いしている人もいるけど

実は違うよ。

女性は生理周期や妊娠出産などホルモンのバランスによって
セックスがしたくない時期もあるから
愛情とは関係ないし
欲望とも関係ない
お互いの欲望の周期を知って
そのことを投げ出さないようにすることも大切。

 

充実したセックスは計画したものである

 

何にも考えてなくっても結婚できて子供ができるわけでもなく

セックスにおいても準備して計画することはすごく大切なんだよ。
お互いのプランや、イマジネーションそういったことを理解して
そして初めて

いいセックスはできるよ。

 

必ず準備したりすることも大切だよ

 

セックスは知的な創造力である

 

セックス レスっていうとすぐに二人の仲が悪いとか
愛されてないとか、女性として魅力がない、終わったって思う方も多いけど
本当はセックスって作り上げていくもの

不倫や浮気のセックスが簡単なのは安定というものはゼロで
冒険やリスクがあるから、簡単にセクシャリティの満足が得られるんだよ。

セックスは知的な作業ということを理解して

自分のイマジネーションや想像力を二人で分かち合える

そんなセックスの世界は
勇気を出して一歩踏み出すことがとっても必要なんだよ!

 

偶然にいいセックスができることはないし

二人で努力してセクシャリティの世界を作り上げていくのが

とっても大切なことなんです!

 

 

では!

 

最近では夫婦のためのカウンセリングもしています。
二人ともどこかで何かうまくいってないと感じてる

でも二人ではどうしようもない時は

メールしてください。

必要な方には男性側と女性側両方に向けての

カウンセリングもしております。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみり 心の専門家!インナーチャイルドを使って根本から変化するカウンセリングをしています。セクシャリティ、特にセックスレスについては得意分野です。イタリアに住んで二人の子供を育てる母親でもあります。物を書いたり読んだり、アートやデザインも大好き。映画やワインにも精通してるはず!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2020 All Rights Reserved.