fbpx
LINE@登録お願いします。

インナーチャイルドを癒し、自分を知り女性であることが楽しくなる

無料セックスレス解消マニュアル!

 

インナーチャイルドをアイデンティティ、コミュニケーション、基本的欲求から診断します。

/お申し込みはこちらから\

ヨガのポーズの正解を知りたい!初心者ほど悩む体の硬さ、注意すべき点は集中力と呼吸

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみり 心の専門家!インナーチャイルドを使って根本から変化するカウンセリングをしています。セクシャリティ、特にセックスレスについては得意分野です。イタリアに住んで二人の子供を育てる母親でもあります。物を書いたり読んだり、アートやデザインも大好き。映画やワインにも精通してるはず!
詳しいプロフィールはこちら

これまた難問なんですけど
私がヨガのレッスンをするときは
ポージングを是正したりしません。

ここをこうやった方が
もっと上手くいくよとか
そういったこともあまりお教えしてません。

こうやったら痛くないよとか
楽だよはお伝えします。

だいたいみんなやりたがらないです。(笑)

じゃあ、どうやったら上手くなるの?
って思うじゃないですか?

私のヨガに来てくださった方に
聞かれたことも何度もあります。

やった後に気分は良くなるけど
もっとこうやるべきとか言ってほしい。
というような内容だった気がします。

彼女は昔、アシュタンガーヨガという
バリバリに体を使ってきたヨガをやっていた
ということもあって
そういう要望だった気がします。


考えるではなく感じる心と体を作るのが自分軸・ヨガの世界

理想の形に合わせていくのではなく、自分が理想の形を作る

私がこのヨガをやって難しいなって思ったところは
自分が正しいポーズは自分で決めていくということだけでしかない
ということでした。

そこの足を5cm前に出してとか
手をもっとのばしてとかレッスン中にはほとんどないです。
理想系というのはあるのですが


それはどうでもいいことなんです。

少なくとも私が教えているヨガは
それはツールであり目標ではありません。

ヨガのレッスンにおいて大切なことはただ一つ

集中することの大切さをヨガから学んでもらっています。

またここでも感じること
呼吸をすること
を求められます。

呼吸をして感じることは今しかできないから
他のことを考えてはできません。

今ここにいる術とも言えるし
問題が見えなくなる方法でもあります。

スポーツなら勝つためにはとか
飛距離を長くするにはこのポーズとか
あると思うんです。

でもヨガは勝つためでもなければ
何かを強くするものでもないんです。

体を使って自分を理解していく。


あえて言うと毎日の毎日の生活に活かせると
人生がより良くなるということが目的です。

無理をして体を壊すこと
痛い思いをして次の日働けない
それはヨガではないからです。

ヨガのアーサナ(ポーズ)でサンスクリットの意味は?

頑張って結果を手に入れることがデフォルト

多くの人は
痛い思いをして、人よりたくさん頑張って
結果を得る、
それはスポーツであり
人生のあり方だと学んできます。

でもヨガではそれをしません。
痛い思いももうする必要はないし
一回多く頑張ったから
何かを得るものでもないです。

例えばレッスンで私は

「6回やってください」


というと
6回以上やりたがる人や
数を数えられない人
いつも少なくやりがちな人
人それぞれです

実はきちんと6まで数を自分で数える
そんなことができないということは誰も気にならないんです。

実はポージングを無理矢理していくことよりも
自分ができないことをできるようになるより
今やれることをきちんとやる
集中するということが大切になります。

誰かがやらせるのではない
誰も数を数えてくれない
先生がやり続けているからやるのではなく
自分の意思を育てていきます。

すごく小さなことだけど
目の前のことを真似していくのではなく
自分の意思で6回手を挙げる手を下げる
それが大切なんです。

目に見えるもので満足しようとする


例えば
体の動きに重視しがちの人は数を数えるのを嫌がります
呼吸に重視しません。

なぜなら体さえ機能するようになればいいんだから
という気持ちがどこかにあるからなんです。

逆に痛い思いをしたいんです
だってもっと動くようになるし、
体が柔らかくなると思っているから。

無理をすることをやめるときに
人は道を失います。


頑張らないと手に入らない?
痛い思いをしないと前進しない
実はそんなことはなく
ちょっとしたことを続けていくことによって
必ず前進していくものなんです。

それは結果を手放すという意味になります。

結果に執着しないで行動することの難しさは
みんな知っていると思いますが
ヨガではそのことを求められます。

正解は自分で決める

ここが面白いところですが
ヨガを信じて練習を続けていくことは大切の部分は
ポージングや呼吸、瞑想の気持ちよさであり
自分で感じていくしかないんです。

それは誰かにわかってもらうものでもなく
誰かと比べてとかそういうものでもないです。

でもヨガの先生だと
わかります。
バレます。
今日は集中してるなとか
呼吸が浅いなとか
難しいなって。

あのポーズができることは素晴らしいこと
とかいうことでもないんです。



ヨガのポーズ一つ一つには意味があります

肉体的な意味もあり、そして精神的な意味もあります。

でもその意味は自分が感じることでしか
効果は発揮しません。

その形に嵌めようとして
自分の体や呼吸に注意を払わないと
理解できないことです

シンプルだからこそ深い意味を持つ!

ごちゃごちゃ書いていくとすごく複雑なことのように感じますが

やってみるとすごく簡単なんです。

シンプルでありそして合理的なのがヨガです。

自己肯定感を上げたいのに
自分に自信をつけたいのに
集中力を養いたいのに
リラックスしたいのに

どうしてかできない。

難しいことに挑戦して
それができるから素晴らしい
そういう概念を捨てさせられます。

実はシンプルなことができないことの方が
問題なんです。

10回集中して朝晩呼吸をしてみる
そこに答えが詰まっています。


動画でもご説明しています
不安で息苦しい時のヨガを使った呼吸方法!


この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみり 心の専門家!インナーチャイルドを使って根本から変化するカウンセリングをしています。セクシャリティ、特にセックスレスについては得意分野です。イタリアに住んで二人の子供を育てる母親でもあります。物を書いたり読んだり、アートやデザインも大好き。映画やワインにも精通してるはず!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2021 All Rights Reserved.