LINE@登録お願いします。

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

イタリア土産にはチーズ屋に行ってみよう!【買い方イタリア語付】

WRITER
 

セックスレス解消に役立つ情報を発信中!

メルマガ登録はココをクリック⇧

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

イタリアにはねえ、何百種類もチーズがあるよ!

チーズ好きには天国。

 

チーズ専門店も街のどこかにあるし、スーパーでもチーズを量り売りしてくれる。

 

とはいえ、イタリア語でどうやって、この数百種類もあるチーズを選べばいいの?

 

お土産には何買ったらいいの?

 

答えは、、、

パルミジャーノ・レッジャーノの200gの真空パックだよ。

「Parmigiano reggiano 2etti sottovuoto!」

パルミジャーノ レッジャーノ ドゥエ エッティ ソットブオート!

こう言って買ってね!

 

 

グラナ・パダーノって言って、パルミジャーノ・レッジャーノもどきのもあるけど、それも、美味しいけど、イタリアに来たら、せっかくだから、良質のパルミジャーノを買ってね。

 

なぜなら、日本で食べるパルミジャーノがこれ石鹸か!!!って思えるくらい、

本場のパルミジャーノはうまいよ。

 

私は日本で食べるパルメザンチーズってパルミジャーノと違うものかと思ってたくらいだよ。。。

あのパスタ屋さんにあるみどりのパッケージに入ってる、砂みたいなチーズ。。

 

パルメザンで実は同じらしい。。。ええええええ。

 

本イタリア人なら、パルメザンが食卓に出てきたら、ちゃぶ台ひっくり返すくらい、本場のパルミジャーノは衝撃な美味しさだよ。イタリアにはちゃぶ台ないか。。。

 

パスタに、自分ですりおろして、おろしたてパルミジャーノのその上に、オリーブオイルをかけて食べるのが、本場流。

っていうか、うちの娘たちは、そういう感じで、コテコテなもん食べてんね。

 

 

レストランではパルミジャーノおろしたては食べ放題!!!

 

スプーンですくって、パスタにかけるよ!

 

チーズとオリーブオイルだけで、ソースのコクが増すから、それで味もカバーできるよ。なんでも美味しくなるソース。みたいなもんだね。

 

ジェイミー・オリバーはイタリア家庭料理は、美味しいなーって思うと、絶対何にでも、隠し味で、パルミジャーノが入ってるって言ってるくらい、メジャーなチーズ。

 

イタリア家庭では、パルミジャーノが切れるってことはないね。

 

イタリア本場のチーズ屋さんは、英語が使える人なんていないから、片言のイタリア語でも頑張って話して、がっつり買い物しちゃおう。

 

 

チーズ屋さんはたいがい、小売商店なので、超プロ!

 

夫婦でやってるとことか、兄弟でお店を構えてるとか、まあ、そんな感じで、フランク〜って感じ。

 

もちろん売り子さんもお客さんとおしゃべりを初めて、行列を作るのもちっとも怖気付かない。

 

そこで、イライラするともう、イタリアでは生き残ってけないからね。美味しいものも食べれないよ。

 

店によってへ、いかにもチーズのプロって感じの人がいて、ネクタイ締めて、チーズ売ってたり、肉売ってたりする人もいるのがイタリアだよね。

 

ここでもコミュニケーション能力を発揮!コミュ障なんて言ってたら、チーズの一つも買えないよ!

 

たいがいは、どんなチーズがいいとか、どんな味がいいとか聞くんだよね。

 

ちょっと辛いのとかね、そこで、チーズの説明もいろいろしてくれる。

 

自分の好みをしっかり持ってないと、ここでも、言い負かされて、全然欲しくないものを手に入れるか、もしくは、何にもチーズが手に入れないで、帰って来ることになるから、イタリアでは、チーズを買うにも自分軸!もっとこう。

 

熟成度にもよるし、いつ食べるかにもよるから、それによって、チーズを選んでくれる。

 

 

イタリアでチーズを買うなら、熟成度にもこだわるべし!

 

まずは熟成度によっても選べるね。

こういうチーズはフレッシュチーズって呼ばれてるよ!

Formaggio Freschi (フォルマッジョ フレスキ) 熟成してないチーズ、リコッタチーズとか、モッツァレラとかのフレッシュチーズ 、カマンベールっぽいもの。柔らかめのチーズは、ホールで売られてる。

 

セミハードタイプ、ハードタイプは

Formaggio Stagionatura media  (フォルマッジョ スタジョナツーラ メディア)熟成されたもの、6ヶ月以内のもの。クセが強くないから食べやすい。セミハードとも言われてる。

このタイプが、セミハード、もしくはハードタイプのチーズ。

Formaggio Stagionatura lunga (フォルマッジョ スタジョナツーラ ルンガ )  6ヶ月以上のもの、パルミジャーノとかは3年ものとかもあるけど、クセが強くなくって、食べやすいから、人気だもんね。ハードチーズ。

 

私は日本人だから、やっぱりフレッシュなチーズが好きかもなあ。

ヤギのチーズとかの、カマンベールみたいになったのがたまにあって、それが大の好物!

 

イタリアチーズは素材が3つあるから、食べ比べて、自分の好きなものを見つけるべし

 

あとは素材の違い。

羊はこんな感じで、いたるところに放牧されてるよ!

 

Capra (カプラ)ヤギの乳からできたもの どちらかといえばフレッシュチーズを作るかなあ。

 

Pecora (ペーコラ)羊の乳からできたもの フレッシュチーズも作るし、熟成ものも作る、熟成が長くなると味が強くなる。

 

Mucca (ムッカ)牛の乳からできたもの。 色々なタイプのチーズが作れるけど、口当たりがよく食べやすい。日本で食べれるチーズって、たいがいはこの種類だよね。

 

もちろん、混ざってるものもある。ヤギと牛とか、羊と牛とか。

 

 

イタリアに旅行するなら、その土地のものにこだわるべし

 

 

イタリアもその土地、その土地のチーズがワインがあって、やっぱりその土地のチーズには、その土地のワインが合うっていうことになってる。

 

その土地の料理にはその土地のワインだしね。

 

あと大切なのは、せっかくイタリアの、小さな町に行ったのに、フランスのチーズとか買わないように、

 

Formaggio Locale (フォルマッジョ ロカーレ)ローカルチーズ その土地のチーズ、という意味なので、この言葉も覚えておくといいのかも。

 

これは何を買うときも便利かもね。

 

ワインでもお肉でも、オイルでもやっぱりせっかく行ったなら、その土地のものを買いたいしね。

 

そしてその土地土地の、空気が作ってくれる味があるんだよね。

もちろんその土地で食べるから、美味しいっていうのもあるしなあ。

うっとり。。。

 

 

こんな感じで、地元っ子はチーズをオーダするぜ!

 

上に書いてある、言葉を混ぜ合わせて

 

「やぎのチーズで、この土地で作ったもので、来週食べるんだけど、フレッシュなものがいいなー」

「Vorrei un Formaggio fresco di capra a locale,  ma lo mangerò la prossima settimana」

 

早口言葉みたいだけど

 

「ヴォレイ ウン フォルマッジョ ディ カプラ ア ロカーレ、 マ ロ マンジェロ プロッシマ セッティマーナ!」

 

ということで、美味しいものを食べるには、言葉も勉強しないとダメなのよねえ。

食い意地がはってると、言葉の上達も早いよ。

 

とかオーダーすると、それを見せてくれる。

フレッシュなものは、カマンベールの大きさのものも多いから、それを一つ買うことになるね。

フレッシュチーズは切り売りっていうよりはホールうりだなあ。

 

もしくは、熟成されたものなら、たいがい30センチくらいの丸いチーズを切り分けて買うことになる。

 

熟成されたものは、見せてもらって、あーーそれそれ、とか、もうちょっと熟成してないのとか言いながら、ちょっと味見させてって言って、味見させてもらったりして、じゃあ、これと、これを200グラムずつとか、小分けに切ってもらう。

 

これもねえ、ひとかけら (ウンペッツェット) くださいとか言うと、500グラムくらいのを売りつけられたりするから、

 

きちんと200g(ドゥエエッティ)もしくは100g (ウンエット)とか、細かく指示をしないと、スーツケースが激重になることもあるからね。

 

味見する時はたいがいは、切った時に使う、大きい包丁に乗せて、どうぞ、とか突き出してくるので、ビビらずに、手で取って食べてね!!!

 

フレッシュなチーズはたいがい、カマンベールのように皮まで食べられるけど、熟成されたものは、皮の部分は硬いので食べないから、皮の部分を切って食べるね。

 

イタリアチーズはお土産にするときは真空パックにしてもらおう!

これぞパルミジャーノをお持ち帰りして、お友達に振る舞おう!

イタリアチーズをお土産にするには、やっぱり、長期熟成の、室温でも保存できるものがいいよね。

 

パルミジャーノ・レッジャーノとか、ペコリーノロマーノとか、パスタにすりおろしてかけて食べれるチーズがいいかもねえ。

 

買う時はたいがいのチーズ屋さんが備え付けてあるから、真空パックにしてもらってね。無料だよ!

 

「Sottovuoto per favore」「ソットブオート ペルファボーレ」

 

この一言で真空パックにしてくれるからねえ。

いろんなものは不便な国だけど、食だけはこだわりがあるみたいで、真空パックはどこの店でもたいがいしてくれる。

 

あと小さいお店とかで、言葉が通じない中で買うチーズはお土産だけではなく、豊かな土産話も作ってくれるよ!

 

買えなかったこともそうだし、でっかいチーズを買わされちゃうのもまた、それはそれでねえ、いい思い出だもんね。

 

生ハムとかも真空パックのも買えるけど、これは日本に持って帰るのは禁止されてるからね!

見つかると税関で没収プラス、ごっそり罰金取られるから気をつけてね。

 

イタリア人になる一歩は

パルミジャーノ・レッジャーノの塊をすりおろしてパスタに乗っけて、その上に、オイルをかけて、ちょっと湿った感じにして食べるべし!

 

イタリアのスタバ情報はこちら!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2018 All Rights Reserved.