お悩み、カウンセリングについての疑問など、お気軽にご連絡ください!

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

無料 セックスレス解消マニュアル E-BOOK ダウンロード

彼女がいかない理由。簡単にいく方法ってあるの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

いく、いかないは、合コンじゃありませんよ。

 

もちろん、えみやまビッチ学なので、オーガズムです。

 

オーガズム。

 

じゃあ、そのオーガズムどうやって手に入れるの?

 

簡単に生かせる方法ってどうすればいいの?

 

という疑問に答えます。

 

ブログではかけれないもっと鋭いことを、メルマガでは書いています。

ぜひ登録なさってみてください!!!

 

 

イったことがない女性は、快楽の追求をパートナーまかせにしている。

 

女性ではいますねえ、還暦になっても、一度もイったことない!というお悩みを持つ方。深刻です。

 

基本的に、イったことないというお悩みを持っている方は、『イかせてもらったことない。』という、お悩みです。

 

男性にイかせてもらいたい、イかせてくれない。

 

あのねえええええええ、それはもう、シンデレラ症候群。

 

🎶 大人の階段のぼる君はまだシンデレラっさ

幸せ(オーガズム)は誰かがきっと、運んでくれると信じてるね。

少女(処女)だったといつの日かーー思う時が来るのさあ ♪

 

BY 昭和な、H2O 顔テカりまくり、だせえええええ(知らない人も多いと思うので、ユーチューブ見てちょ)

 

幸せも、オーガズムも誰も運んできてはくれません。

 

自分で手に入れるもので、神が、与えてくれるものではないのです。

 

白いウェディングドレス着ても幸せにはなれないように、オーガズムは、セックスをすれば必ず得れるものではありません。

 

あなたの体だから。あなたの人生だから。あなたのオーガズムだから。自分主体です。なんでセックスだと、そうなの?

 

丸投げなの。ダメダメダメ。

 

今更、イケないなんて言ってるのは、官能処女です。性感脳が開いてないだけです。

 

オーガズムは、誰でも手に入れられるものです

 

ただ、今までの努力が足りなかっただけ。

 

いろいろあるオーガズムの種類。

 

オーガズムの方法は2つあります。マスターベーションと、セックスでするもの。

 

女性がイケる方法は、基本的には、外イキ(クリトリス)と、中イキ(Gスポット)が2大イケる性器です。

 

そのほかにも、胸でいける人もいれば、言葉責めでイっちゃう人もいるし、ボルチオ(膣内)などいろいろです。

 

イケない理由には、2つあります。精神的なものと、肉体的なものです。

 

 

オーガズムを学ぶにはまずマスターベーションから。

 

 

えーー女性でもマスターベーションするんですか?

 

あのねええ、そんなこと言ってるから、

 

官能処女なのよ、あんたああああ。!!!

 

男性に丸投げにしてイかせてもらおうとしても、無理です。

 

あのねえ、男って、クリでイったことないのよ、中イキしたことないのよわかる!!!

 

つまり経験のない男に、自分をイかせてほしいと頼むことに無理があるわけで。。。

 

男まかせにしてたらねえ、オーガズム一つない人生になっちゃうのよ。

 

あのそれでもいいのあなた。

 

クリトリスでいくのが一番簡単なので、オイルを手につけて、クリトリスのあたりをいじってみる。

 

最初はイかなくてもいいので、気持ちのいい感じを楽しむ。

 

もし数週間やってみて、いく感覚がつかめなかったら、おもちゃかなああ。

 

いわゆるローターとかアダルトグッズ、を使って、とりあえずいってみる。

 

ローターやシャワーなどでイケるようになって、ヘビーユーザーになると、セックスでいけなくなってしまう可能性もあるから、注意!!が必要よ

 

最終的には、セックスでいくことを目的とするなら、

 

マスターベーション をする際の注意点

必要以上に頻繁にしすぎない。

ローターやバイブなど、道具を使いすぎない。

同じタイプのマスターベーションを繰り返さない。

足ピンマスターベーション をしない。

何かに押し付けて、マスターベーション をしない。

シャワーなどをつか手のマスターベーションをしすぎないようにする。

 

マスターベーション でいけるようになったら、もう一つは、セックス の時に、男を使っていけるようになる。

 

もしくは自分の快楽に、相手も巻き込んでいけるようにする。

 

それは自分の体の問題というよりはやっぱり、セックス のタブーの問題だったりするから、女性でいった顔を見せたくないとか、じゃないよねえ。

 

エロい女性になるのは恥ずかしいことじゃない。

 

自分のエロさをもっと、セックス の武器にしよう!

 

 

えみやまの一人エッチについての記事はこちら

気持ちいいオナニー性善説!男女共やりたいだけやってよし!

 

 

セックスでいきたいなら、必ずパートナーと相談。

 

どこでいきやすいのか、どうしたらいけそうか、どうしていけないのか、できる限りの、情報を、伝えましょう。

 

そのためには自分の体を知っておくことが重要。

 

どの体位が一番感じるのか、嫌いなこと、痛いことはないか、など、何より、すり合わせをすること。

 

セックスでいくには、何より、男性はいかせることを焦らないように、すぐに、女性器には触らず、ゆっくり愛撫することも必要だよね。

 

クリでいきやすいのだから、と焦って、すぐに、クリトリスを触るなどはNG。

 

毎回イくことを目指さず、なおかつ、感じまくることを目標とすれば、だんだんセックスでもいけるようになるはずです。

 

エロくおねだりをして、だんだんと、開発してもらう、という意気込みでいくのがいいのかも

 

いかせてもらう、ではなく、いくのを手伝って!!!なので、ここでも、相手を責める、頼るのではなく、お互いの、体を知り合うことは重要になるよね。

 

もしかしたら、彼も、自分の性癖をカミングアウトしてくれるかもしれないし。

 

セックス はただ単に服を脱ぐだけじゃなくって、自分の深い部分も脱がないと自分の心をオープンにしていかないと楽しいセックス はできない。

 

 

セックスの時、外いきしたい。

 

 

特にクリトリスいきは、男性の手のテクニックと、舌のテクニックがなければいけないもの。

 

お願いこうして!など、エロくおねだりをして、楽しく、いけるようになるといいですよね。

 

手マンの仕方は、基本的にはオイルを使ってするもの。

 

これもゆっくりゆったり、イかせるのではなく、感じさせるように、していくと、あれ、っていう感じで行きますよ!!!

 

挿入と外イキの複合技!

 挿入している時に、男性が指で、クリトリスを触る。これは、挿入している、刺激も強いので、いくテクニックというよりは、感じるテクニックかもしれないなあ。

 押し付ける感じで、マスターベーションしている女子は、女性上位でもいきやすいかも、自分で、自分の圧力といきやすさを選べるから。

 足ピンタイプで行きやすい人は、後背位足ピン挿入だけど、これはあれかな、パートナーが挿入が上手じゃないと、抜けやすいので、高度テクニックだなあ。

 もしくは足ピンタイプは、パートナーの上に寝そべって、挿入しながら、パートナーに、手でクリトリスを刺激してもらう、もしくは自分の手で、こういう感じっていうのを伝えるのもあり。

 あとは、挿入してもらいながら、自分の手で、いくのもありかも

 

実は挿入しながらだと、クリではイキにくくなるので、いくよりも、いってるくらい感じまくる方が楽しいのかな。

 

クンニの仕方は、私が書いたものがあるので、参考にしてみてね。

 

 

 

セックスの時、中イキしたい。

 

これは、男性のテクと、中イキしにくい体質の人と、しない体質の人もいるみたい。

 

あんまり、執着しないで、絶対に中イキしないと、ということではなく、いろいろなプレイを試してみるうちに、いけるようになるのが、理想かな。

 

膣トレとかしていて、膣が敏感だったりするとわかるんだけど、そういうこともあるかも。

 

中イキの基本は、Gスポット。

 

まずは、パートナーに、Gスポットがどこなのかを分かってもらってそこからいくのがいいのかもなあ。

 

指を膣の中に入れるのは、やっぱりオイルを使って、まず最初は、一本入れて、左右にゆっくり揺らす、バイブをかける。

そのあとに、ゆっくり一本ずつ、指を入れていく。痛いかどうかにもよるのでゆっくり試していく。

で、第二関節を折り曲げるようにして、指を動かすんだけど。。。

 

ちょっと難しいから、また書くわ。

 

もしくは、挿入で、体位や角度でいけるので、いろいろ試してみていきそうな、体位を探ってみてください。

 

いけない理由が肉体的ではなく精神的なものの時。

 

マスターベーションの仕方を見直すだけでも、セックスの時にいけるようになる。

 

いろいろ試しても、いけないのなら。やっぱり心の問題。

 

どうしてもいけないのは、やっぱりセックスの時に、リラックスできないからかもしれないね。

そういう人はパートナーに

 

「〇〇ちゃん安心して、絶対嫌なことはしないし、信頼して、安心して。痛かったり嫌なことがあったらすぐに言ってね。」

 

声に出していってもらってもいい。

 

もちろん、言葉だけじゃないけど、言葉って重要だから、常に、そうやって、安心させてもらったほうがいいのかも。

 

深い傷がある人は、誰かに話すことも大切。話をすることで、罪悪感から、自由になることもある。

 

自分がいつから、セックスが怖くなったのか、痛くなったのか、いけなくなったのか、など、考えてみる必要もあるかも。

 

カウンセリングも効果があります。

 

えみやまも本気でカウンセリングしてるから、話に来てね。

 

カウンセリング申し込みはこちらです。

 

 

いかなくても素敵なセックスはできる。

 

男性は絶対にイかせたいと思ってるけど、女性はいかなくってもいいセックスだったなってこともある。

 

体質によると、一回いっちゃうと、男性のように、もうお腹いっぱいになって、その後、挿入や愛撫をを楽しみたいと思えなくなったりすることもある。

 

イク寸前の快感をずーと、たもっておいた方が気持ちいいこともある。

 

何度もいかなくてもいいけど、深いのを一回いった方がいいし。

 

イクって一概に言っても、いろいろな種類がある。

 

今日はいく寸前まで行って、寸止めさせて、とか、そういうセックスの方が脳裏に焼き付きます。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.