LINE@登録お願いします。

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

女子の気持ちいい自慰行為ってあり? 罪悪感ってどこからくるの?

WRITER
 

LINE@女性限定

登録者にはセックスレス解消マニュアル無料プレゼント中

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

マスターベーションのことに書くのは、なんだろう、私にとっては、みんなご飯食べるよねーっていうことを書くような感じで、当たり前すぎて、意味がないみたい。

 

そうでもないみたいだから、今日は女性のマスターベーションについて書くよ!!!

 

マスターべションはいいことだから、罪悪感なく、元気に、楽しくやっちゃおう。

 

 

女の子でもマスターベーションをやってもよし。

 

マスターベーションって、いやらしいことでも、悪いことでも、卑しいことでもない。

 

だからさあ、恥ずかしがることでも、変なことでもないんだよね。

 

しかも

自分の体を知ることは、女性も男性も、特権でもあり、権利でもあるじゃない。

 

自分の体を知る、自分の体ときちんと関係を持つ、そのことを、躊躇したり、怖がったり、必要はないことだよねえ。

 

でも、女性は認めないし、マスターベーション文化って無いよね。

 

あのさあ、私が、セックスレスの時、あるセックスレスコミュニティーに入っていた時に、旦那のマスターベーションについての、是非が問題があったんだけどさあ。

 

その頃から空気の読めない私が、

「私も普通にするから、別に怒らない。」っていうことをコメントしたら、

「えーーえみやまさん、マスターベーションするんですか?すごい。尊敬します!!!」

て、言われて、かなり引いたよね。ドン引きだよね。

 

もちろん、その大人な奥様ばっかりで、マスターベーションしてたのは、多分数十人、もしくは100人はいたコミュニティーでは、たった一人だったよ!!!ここでも村八分か!!!

 

ていうか、嘘ついてないのは、私だけなの!

 

あのねえ、最近のアンアンとかの統計では8ー9割の女性が、マスターベーションをしてるってことになってる。

ホッとするねえ。やっと時代はえみやまについてきたよ。

 

でもね、女性って、アンケートでも嘘をついてる可能性もあるから、相当、マスターベーションしているっていうのは、ネガティブな印象なんだよね。

 

そんな、タブーはどうてもいいから、自分の体は自分のもの。自分との関係をきちんと築いてみようよ!!!

 

 

でもなんで、こんなにさげずまれてきたの?

マスターベーション有害説!否定され続けた人生。

 

歴史的には、マスターベーションって、すごく、蔑まれてきた。

 

マジで体に悪いとか、反オナニーのきっかけになったのは、1715年に出版された『オナニア』という本。

 

オナニーは体に悪いよっていうことをモラルよりも、医学的に強調して、著者がオナニー治療に効果的な薬を売るという算段。(私も、無料E-BOOKがあったっけ。

マスターベーション を無くす薬を売るってどうよ。性欲減退。。。とも違うのか。

 

今の、バイアグラみたいな商売が、この頃から、あったんだね。

 

映画にもなった、1979年性科学者のキンゼーレポートで92パーセントの男性がマスターベーションをしているということだけで、スキャンダル本となったんだったんだから。

マスターベーション はしないのが当たり前って思われてるよね。

 

大概、セックスのコントロールが厳しくなるのが、17世紀くらいだって、「性の歴史」ミシェルフーコーの本には書いてある。

それまではおおらかだったのに、セックス自体が悪いものではなく、タブーもなかったんだよね。

 

マスターベーションの黒歴史、は長いんだね。

 

 

宗教系の教育ではマスターベーションは禁止することになってる。

 

日本では少ないかもしれないけど、宗教のコミュニティや、家の教育と、学校の教育、そして、コミュニティー、友達からの見えない抑圧から、性に関することは汚いこと、恥ずかしいことだって、刷り込まれてる。

 

罪悪感は、友達の間の、コミュニティーとかも、せっかく、カミングアウトしたのに、「誰もしてない!!」って、えみやまのような孤独に陥ってしまったり。

 

マスターベーションは法律では禁止されていません。

 

現在の社会では体を喜ばせる、マスターベーションは悪いことではありません。

 

私が女だとつくづく思わされたのは、マスターベーション じゃなくって、女性も性欲があるということを認めることだったよ。

そして、だから、セックスレス でも悩んだ。

女性でも、性をオープンに語ってもいいって思えるようになったのは、最近のことなんだよね!!!

 

 

マスターベーション、男はノーマル、女はタブーという幻想!

 

男の人は、マスターベーションをするのは普通。

 

マスターベーションは自分自身を愛することに必要で、ヘルシーな(それに、楽しい!)ことなのに女性はタブーだよ。

 

マスターベーションスターベーションしたら、もう、そりゃあ、ビッチになっちゃうよ。っていう嘘もあるし。

 

女性だって性欲はあるし、それは当たり前のこと。

 

しかも、マスターベーションって絶対に、誰にも知られないんだよ、本当に、自分だけの世界。

 

気持ち良くなるコトが悪いコトじゃないんだから、誰にも気兼ねしなくていいのに、なぜか、罪悪感。

 

罪悪感の多くは、視野の狭い親の教育とか、歪んだ性への知識からくるよね。

 

男尊女卑系の考え方だと、男は出さなきゃいけないから、女より、性欲が強いんだとか、間違った、常識があるけど、男は出したら、終わりだけど、女性はいってからも、続けられるから、女性の方が、貧欲かもしれないんだよ!!!

 

 

マスターベーションはあなた一人がしていることではない。

 

他の女の子だってねえ、マスターベーションしてるよ、そりゃあああ。

 

他人に、どう思われているかなんで心配しなくてもいい。結局はあなたの世界だし。

 

マスターベーションをしていることは、汚いことでも変なことでもない。

 

うちの娘の生理の説明をした時に

「全ての女性は生理があるってことは、、、アリアナ・グランデもあるの?」

「そりゃあ、そうだよ、なかったら、病気だもん。」

って答えたけど、どんな女性にも生理が来るように、女性は普通、マスターベーションもしてます。

 

ちなみに、勇気あるカミングアウト系のセレブは、

 

コスモポリタンより!

エマ・ワトソン! 

「友だちから、女性のオーガズムを研究するサイト<OMGYes>のことを聞いたんです。もっと前からこのサイトを知っていたら、と思いました。チェックする価値アリですよ」

 

マイリー・サイラス
 「1日1回マスターベーションをすれば、憎しみは消え去るもの」

 

 
エヴァ・ロンゴリア
「映画の撮影で1カ月以上家を留守にすることもあるけど、そんなときはバイブレーターを1日1回は使っているの」や、「マスターベーションをするようになるまで、セックスを楽しめなかった。もっと早くこの悦びを知ってたらよかったのに! 皆さんにもオススメするわ」
 
 
 
アナ・ケンドリック
「ライアン・ゴスリングの作品を見に映画館に行くのは2度とゴメン! だって後ろの方の席でひっそりとマスターベーションしたくなっちゃうから…でも、しちゃダメなんでしょ?」
 
 
シェイリーン・ウッドリー! 
「若い女性は、自分自身を(性的に)喜ばせる方法を知らないの。オーガズムがどんなものなのか、本当の満足があることさえ知らないんです」
 
 
 
やってない方が、だせえええ!

 

 

マスターベーションのメリットは?

 

今ではもう、マスターベーションの有効性は色々言われているからね。

 

体の面だけでの有効性は。

 

不眠に効く。カウンセラーによっては、不眠対策に、マスターベーションを勧める。これは、マスターベーション後に出るホルモン「プロラクチン」によって、起こされる、眠気や、脱力感のおかげだよ。

 

血圧を下げる。これは、セックスも同じだけど定期的にマスターベーションをやっている人は、血圧が、やってない人に比べて、低い研究結果が出てる。

 

ストレスに効く。ストレスを減らす効果がある。幸福ホルモン、ドーパミンが、圧倒的に出されるのが、性行為、ストレスを感じたら、マスターベーションをするっていうのは健康的なことだよ。

 

生理痛や生理不順にも効く。経験者は語る、はこうなってるよ。

「生理中の腹痛をマスターベーションが和らげるってどこかで読んだことがある。私の生理って結構重いから、お腹が痛いときに試してみたの。本当によく効いたわ」マリナ

 

鬱緩和とか、がん予防とか、肌荒れとか、とか、もう、万能薬かって感じ。

 

いいことづくしのマスターベーションやらないともったいない。

 

 

マスターベーションはいつ始めても、遅くも、早くもない、そして、変じゃない。

 

マスターベーションしていることが、だらしないとか、いやらしいことには全然関係ない。

 

子供のマスターベーションは全然、エロには関係ないこともあるから、イライラしたり、きちきちに、コントロールしない方がいい!

 

あと、よく、長いことやってると、性器が黒ずむとか、性器の色の濃さはオナニー・性交の摩擦と関係があるって言われてるけど、それも、嘘!

 

オナニーや性交の摩擦によって小陰唇に色素が沈着し黒ずむわけではなからね。

 

乳首の色とか、性器色の濃さも、ビッチ度とは全然関係ない、ポルノの世界の幻想だからねえ。

 

 

マスターベーションには、エロ抜きの、肉体的なものだけのものもある。

 

性欲と、マスターベーションを常に混ぜて考えてしまうけど、実は、全然関係ないものなんだよねえ。

 

エロが無くってもマスターベーションをすることもある。

 

本当に体だけの快楽だから、エロとは全く意味がない。

 

これが、よく言われる、幼児性のマスターベーションだよね。

 

子供は、エロの世界は全然関係ないけど、体が気持ちいいという感覚はある。

 

だから、マスターベーションを早くから始めたからといって、エロいとか、いやらしいことを考えているじゃないんだよ。

 

本当に体の快楽だから、そういう時は、人前では、ウンチやオシッコと同じで、体にとってはしなくちゃいけないこと、してもいいことだけど、公共ではしないということだけは教えとこう。

 

低幼児期の子どもが触ってしまうのは、単なる癖か、もしくは、やっぱり、何か言いたいこととかが言えないとか、環境が変わって安心感を得たい時とかがあるから。心の方もケアも必要になるのかもしれない。

 

特に、小学校に行く前の子どもが、性器触ってたら、他の遊びをしたり、手を他の場所に持っていく遊びをしたりして、気をそらせる。それだけだよ深い意味はないからね。

 

間違っても、そんなことしちゃダメーーっとか怒鳴ったり、手を叩いたり、してはダメです。

 

子供に生理を教えるにはこの記事も読んでね。

 

 

自分の快楽は他人のためにあるのではなく、自分のためにある。

 

自分の喜びは自分の権利。

 

女性が性欲があっても自分を恥じることはないし、ほこっても、いいことなんだよ。

 

性欲がなければ、人間は生まれないしね。

 

自分のセクシュアリティについて変に罪悪感を持つ必要はないからね。

 

だって、体の快楽は誰かのためにあるんじゃなくって、自分のためにあるんだよ。

 

自分の体なのに、汚いとか、きもい、とか、きもちわるいとか自分の一部を、愛してないでしょ。

 

よく、自分を好きになろう!とか自分を愛そう、とか言うけど、

 

自分の心も、体も好きになろう。

 

自分の心も体も愛そう。

 

その上でのパートナーとの心と体の関係になると思う。

マスターベーション をすることは、自分のオーガズムをセックス の時に自分で作り出すことにもなるよ。

 

 

セックスとマスターベーションの関係

 

自分の体をきちんと知っていると、快楽は、相手任せなんてことにならない。

 

そして、一人一人の体は違うもの、セックスのマニュアルを見るよりも、自分の体を知ることが、よりセックスを楽しむことになる。

 

セックスに備えて、マスターベーションをしておくのは悪くない。

 

自分の体のどこが感じるか、何をしてほしいか、きちんと、確認して、セックスに臨まないと、相手任せのセックスにな

 

だから、いかせてもらえないとか、いつまでたっても、セックスに不満があるようにもなる。

 

自分が何が、好きか、どういう風にセックスをしたいか、どこが性感帯なのか、オーガズムはどういうふうに登れるのか、きちんとわかっておこう。

 

多くの人は、セックスをするようになって色々と経験するまで、マスターベーションは指を挿入することだと思っていたりもする。

 

マスターベーションも、セックスも挿入にこだわると、楽しめないんだよ。

 

クリトリスの大切さに気づくのは大切。

 

自分でする時も、誰かとするときも自分の好きなことを、オーダーするように、できるようになろう。

 

自分のエクスタシーにパートナーを巻き込もう。

 

 

フェミニズムの間では、マスターベーションが今の流行り。

 

あるフェミニズムの人は、こう言ってる。

「あなたの性器に対する扱い方が、世界からあなたの扱い方を決める。」

 

確かに、男は息子って言って、かわいがってるかも。娘って、私たちは言わないしね。

 

今までは、女性として、体に備わっているものを、粗末にしたり、無視したり、ごまかしたりしてる。

 

子供が欲しいという欲望や、快楽が欲しいという、人間としての素直な、素晴らしい、欲望に、蓋をして生きてる。

 

自分の一部、しかも、子供が生まれてくる、神聖な場所を、今までは、見たくもない、気持ち悪い、と、しいたげている。

 

子供でさえ、どこから生まれてくるかがわからないかったり、産んでもらうじゃないよ、産むんだよ。

 

いかせてもらうじゃなくって、いくんだよ

 

自分の女性の部分を真に認めてないから、女性性に悩む。

 

男性と同じように仕事をするくらいの能力は十分備わってるのは、もうわかってる、でも、自分たちの欲望に、素直になることはいつまでたっても無視したまま。

 

男性のように、風俗に行って、男を買おう!!って言ってるんじゃない、自分をいつになったら、愛するの、優しくするの、女性として、扱えるの?

 

ちなみに、マスターベーションを学ぶアプリケーション、だってもうできてる。

女性の性感の科学!OMGYes 

女性器の触り方をタッチスクリーンでゲームのように学べるという、画期的なシステム!!!WOWWWW

 

新しいリサーチに基づいた、女性が快感を得るためのさまざまな方法を探求する世界初の実戯レシピ集。

 

カップルで、楽しんでも、もちろん一人で楽しんでもいい!!

 

という内容になってる。

 

 

マスターベーション性善説

 

マスターベーションはいいことづくめ、

 

セックスはより楽しくなり、自分の自己肯定感は上がり、自分を体も心も愛することができる。

 

マスターベーションは健康も促進するし、生理不順とか、女性器系の疾患にも、効く!

 

色々な人が、今まで、必要のない、情報や、偏見、もしくは教育をしてきているかもしれない。

 

でもね、時代は、もう、心も体も自分LOVEです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.