fbpx
LINE@登録お願いします。

インナーチャイルドを癒し、根本から自分を変化させていく本格的なカウンセリング

セックスレス解消マニュアル

レスが原因でパワーカップルで大好きな旦那さんを捨てて離婚したら、自分で選択できる超幸せな世界が待っていた。葵さん2・カウンセリング事例

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみり 心の専門家!インナーチャイルドを使って根本から変化するカウンセリングをしています。セクシャリティ、特にセックスレスについては得意分野です。イタリアに住んで二人の子供を育てる母親でもあります。物を書いたり読んだり、アートやデザインも大好き。映画やワインにも精通してるはず!
詳しいプロフィールはこちら

1年ほど前からサポートしている葵さん
最初のカウンセリング事例が残っていたのですが
かなり???

の部分も多いかと思います

今の状況からは考えられないほどの

メンタル状態でありますが

では1年後どのように変化してしまったか?

離婚しました

って書くとめっちゃ
不幸せって思うじゃないそれがよ!
きちんとカウンセリングをして
メンタルを整えての
離婚だったために

離婚後、
一人で土曜日の朝、
パンやに行くことすら

幸せを感じました。

という女性に変身しました。

これこそ現代のシンデレラストーリー
男に惑わされて
幸せの主導権を
握られてる場合じゃないのよ

ムスコを握る圧力が強すぎると
膣内射精障害になりやすいから
そこは注意が必要よ!

1年前のカウンセリングはこんな感じだったよ?

レスの5年間は私が引き起こしていたこと!今からならなんでもできる。カウンセリング事例

カウンセリングのご感想をいただいたので
1年間の総決算として書いていきます。

レスで離婚なんて
超不幸じゃない?とか
そういうことじゃなく
自分が欲しいものを選択することは
幸せになることなんだよ。

ポッドキャストでも話してます

セックスレスだから不妊治療でどうにかする?

葵さんが受けてくれたカウンセリングはこちら

自分のメンタルは整えたけど全然変化のないパートナー

1回目のカウンセリング後は

こんな感じだったそうです

2021年8月のカウンセリング直後には、
(元)旦那への感謝で溢れました。
(この時は彼の転勤で半年別居中)

レスでも、彼なりの愛情
・自分は東京にいるのに
私が住む名古屋の家の家賃を払っていてくれた、
・定期的に自費でも名古屋に帰ってきてくれるなど
を示してくれていたんだと。

私も東京へ異動するまでは、
本当に感謝でいっぱい、
愛されている実感がありました。

いざ東京で再度同居を再スタートすると、
そこには半年前と

なにも変わらない現状がありました…

セックスレス、
相変わらず仕事で帰宅は遅い旦那…

私は愛情や感謝も伝えて、
私のマインドも環境も変わったけども、
彼は何も変わっていない…

期待し過ぎといえばそうかもしれない、
でもこのまま何十年も過ごすのは無理だ…


どんなに女性側がレスで成長しても
女性として自己肯定感を上げても
優しくなっても

旦那様側に歩み寄りがない場合
レスは解消しません。

それは女性側がどんなに美しくてもです。
魅力的でもです

ただし
離婚したくない場合に出てくる時に
女性が言うのは

セックスレス以外は
全ていいんです!

嘘のことが多い

1年後になって
自分のことを客観的に見れるようになると
旦那様の帰宅時間とか
ストレスだったことがわかります。

もう一つは
この5年間1ミリたりとも
歩み寄りがない、
つまりパートナー側は問題は
逃げ切れると踏んでいる。
(刑事の気分よ!)


葵さんの場合このロードマップの
不妊治療の場面で止まっています

本当にこれをしたいのか?

何度も自分に問いたそうです

同年代の友達はどんどん妊娠していく
不妊治療も多くの方がやっている
ある意味
普通の世界だったそうです。

SNSの妊娠の投稿を見るともやる。

そんな中でもう一度
東京に引っ越しして二人でやっていけば
何かが変わっていくと
信じてたのに何も変わらない

子供に自分の時間が奪われるのが嫌だからレス

その後も葵さんは話し合いを進めていきます

カウンセリング前のお便りはこのように書かれています

また話し合いをしました。
年末に
「前も言ったけど、
私はセックスレスも解消したいし、
子供も欲しい。
そのことをまた考えてくれないかな?」

と私から伝えました。

そして年始、旦那は
「結局俺は子供がまだ欲しくない。
一生欲しくないわけではないけど、
セックスレスなのもここが根元。
子供のいる友人も羨ましいとは思えない。
自分の時間が奪われるのが嫌だ。」

「年末実家で一人で考えてた時は、

もう離婚しようと思った。」

「でも葵ちゃんに会ったら、

やっぱり別れるのは嫌だ。」

と言われました。

その答えを聞いて、
私は

(気持ちは嬉しいけど、あぁこの人とはもう、
お互いしたいと思ってセックス出来ないんだ。
子供も家族も作れないんだ。)と
絶望を感じました。

そしたら私の感情が爆発して旦那の前で、
信じられないくらい大号泣しました。
旦那はビックリして(?)
抱きしめてくれてくれました。
次の日旦那は
「大丈夫。もう一回考えよう。」
と言ってくれました。

ただ私は感情を出し切ったからか、
もう離婚でも仕方ないのでは?というか、
そもそもセクシャリティにここまで
お互い苦しんだのなら、
離婚した方がいいのでは?と

思い始めてしまいました。

月に旦那は購入して分譲マンションに移ること
(現段階では私もそこに住む予定です)、
また私はいま33歳で、
再婚して家族を作ることを考えると、
離婚を決心するならば
ここ数ヶ月のタイミングが良いのかな?

と考えています。

ただ旦那のことは好きで、
できれば一緒にいたいと思いますが、
このままだと

子供を諦めなきゃいけない可能性もあります。
それはしたくありません。

ここからどうしたらいいか考えていきたいです。


このメールをいただいたときに
私が思ったのは。。。

実家で一人で考えたけど

↑一人じゃねえし
母ちゃんのおいしい食事を食べて
たっぷり甘えて愛情をいただいてる時に

一人とは。。。。。

突っ込むところ満載な
パートナーのお話ですが

勃たないんだから
明日考えても
勃たないから

大丈夫じゃないです!

事件です!!!!

高級マンションなんかで誤魔化されません
問題です

実際には子供を
自分の人生が
誰かに邪魔されるという考え方が
幼いのかもしれませんし
根本的な考え方の違いがあります

もちろん個人の考えは自由です
相手の考え方を尊重するのが
大切なことです

子供を作って育てることも
結婚することも
仕事や友情も全て
関わり合いです

邪魔なものなんて人間関係に
何一つない
豊かさでしかないという
価値観とは相反するもの

それを

邪魔!??

勃たない原因をそこにするの?
子供の夜泣き?

罪をそこに被せる?
生まれてくる子供がどうして
あんたの人生の邪魔しなきゃいけないのさ!!

じゃあ人間である限り
あんたは邪魔者じゃん
親にとっても!!!

実家にいて一人で考えてると
思っている勘違い野郎が!!!!
親に癒やされてんじゃん
それも邪魔?
強気になれてるのは
親の愛のおかげだよ?

まるで何かのもっと大切なこと
仕事とかを賄っているように思いますが

プライド高すぎじゃね!!!

お前は総理大臣かよ!

とも。。。

↑これは私のあくまでも私見です。
お別れしたので書いていますが
カウンセリング中に
このようにパートナーを責めたりはないです

あくまでもご自分です
彼がどういう人であろうと


葵さんがなにを感じて
何を選択していくのが
大切な部分です。

葵さんの絶望はこのロードマップの
諦めるの最後の右側の部分です。

この部分は
お付き合いしている方も
同棲している方も
全く同じ気分になります。

だって
自分が大切だと思っていたものは
大切じゃないパートナーなわけですから
悲しいです

絶望の果てにある次の世界・失敗を受け入れたら許した優しい世界がある

自分の結婚が失敗だったと決める時。恐怖に立ち向かって一度絶望する。

一代決心です。

歩み寄りのカップルカウンセリングを受ける

私とのカウンセリングを受けて
葵さんはまた旦那さんと話をします。

その時に出た言葉は

「離婚」

しないほうがいい

旦那さんはやはりできるだけ
離婚を回避したいとのことなので、
3月末までやれることをやってみようと。
旦那さんは意外にも(?)
自身の心の問題であると認識してくれており、
行動する努力をすると話してくれました。
ただ一旦セックスレス解消(子作り目的など)できたとしても、
その後継続できるかが不安ということなので、
今度カウンセリングに行くことになりました。


葵さんの努力は
続いていきます。

二人でカウンセリングを受ければ
うまくいくかもしれない。

旦那さんも自分の
ヘタレメンタルのせいだとは気付いてる。

これからどうなっていくのでしょうか?


ということで
長くなるので

次回に続きます

カップルカウンセリングはみんな興味あるもんね!!

葵さんが受けてくれたカウンセリングはこちら
一回話すだけでも世界は変わっていくよ

この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみり 心の専門家!インナーチャイルドを使って根本から変化するカウンセリングをしています。セクシャリティ、特にセックスレスについては得意分野です。イタリアに住んで二人の子供を育てる母親でもあります。物を書いたり読んだり、アートやデザインも大好き。映画やワインにも精通してるはず!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2022 All Rights Reserved.