fbpx
LINE@登録お願いします。

インナーチャイルドを癒し、自分を知り女性であることが楽しくなる

無料セックスレス解消マニュアル!

「不貞の真実」TED・エステル・ペレルさんから学ぶ浮気の乗り越え方!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみりです。セックスレスカウンセラーをしています。 レスの問題を根本から直す、3ヶ月解消カウンセリングをつくりました! 自分恋愛カウンセリング、自分に恋して、自分を愛する、そんな時間を作り上げて生きます。 ものを書いたり、ヨガをしたり、お料理をするのも好きだよ!自分が大好きなイタリア在住2児の母親でもある、ちょっと不思議ちゃんっす。
詳しいプロフィールはこちら

エステーペレルさんのTEDの動画
「不貞の真実」誰かを愛したことのあるすべての人へ

から
TEDも面白いから是非見てみてね

「浮気を経験した場合の乗り越え方」について

説明していくよ

 

浮気への疑問

どうして幸せな結婚をしているの浮気をするのか

どこから浮気となるのか?

男性は退屈や深い関係を避けるために浮気して

女性は寂しさや愛情を探して浮気する?

浮気をするような人とはすぐに別れた方がいいのか?

 

これらの不倫とは何か
結婚とは何かについて説明していくからね。

 

「男は浮気をするもの」は伝説

 

男性は社会的に浮気が許される風潮があるよ。

男の浮気は甲斐性とかいう都市伝説?もあるくらいだしね。

 

でも実は女性も同じ量で浮気をするんです。

男性の相手をするのは女性であり、統計学的には

女性の浮気の数と、男性の浮気の数は一緒です。

 

ではなんで男性の方が浮気しているように見えるのかというと

セックスの数を誇張して伝えるのが男性で
性欲が強いことが自慢にもなるからなんだよ。
その全く逆が女性で
性欲が強いとか男性遍歴とかはほとんど自慢にならないから
アンケートを取ってもだいたい女性の方が少なめになるんだよね。

セックスの文化というものはそういうもの。

なおかつ女性が不貞を起こした場合には法的制裁がある国もあるんだよ

今でも女性だけが不倫を理由に処刑される国が9国あります。

私の住んでるイタリアもその国の一つでした。1960年代までですが

女性が不貞を起こした場合、
夫が女性を殺害しても罪に問われないという法律がありました。
男性側にはそれは執行されません。
映画にもなっていて、すごく面白いよ!

イタリア式離婚狂騒曲

ピエトロ・ジェルミ監督の映画でマストロヤンニとステファニア・サンドレッリが出てます。
アカデミー脚本賞を受賞している映画だよ。

 

つまり、生物学的に男は浮気をするものとかいうことではなく

社会的に男性が浮気をしても責任を取らなくてもいい世の中であるということ

女性が浮気をしないとか、女性の浮気は男性よりも罪が重いわけでもないんだよ!

 

どこからが浮気になるの?

 

アダルトサイトを見てたり・風俗に行ったりするのも浮気?

セフレは浮気に入るの?

 

不倫の3つの定義

1・秘密の関係であること
2・感情的な繋がりがあること
3・セックスの魔力

つまり感情のないセックスや風俗は不倫にはならないけど
性的関係のある秘密な関係は全て不倫ということになるよね

感情的つながりというのも、
人それぞれかもしれないけど1回以上のセックスは感情的つながりだよね。

どうしてセックスの魔力が発揮されるのかというと
欲望のスリルだよね。
してはいけないことをする危険性や冒険性
そしてだからこその自由を感じられるセックスが
魔力のような力を持つんだよ!

禁じられたキスはどんなセックスよりも魅力的になるわけね

 

どうして浮気をされるとトラウマ的に傷つくのか?

 

はっきり言うとその人の全てを否定するからという事になるよ。

 

今の恋愛や結婚事情は
一人のパートナーが全ての尽きることのない欲望を満たしてくれる
というものになってる。

パートナーに求めるもの

最愛の恋人になってほしい
一番の親友になってほしい
最高の親になってほしい
心を許せる友になってほしい
共感できる仲間でいてほしい
対等な関係であってほしい
知的好奇心を満たす相手であってほしい
経済的に支え合う仲間でいてほしい

もっともっとあると思うけど一部ね。

だからこそ自分も相手も唯一無二の存在なわけで
誰にも代わりのできない私になれる
という事になるわけだよね。

それなのに浮気されたら
その一番大切な私!というアイデンティティを否定されたように感じるから
だから

「もう夫も誰も信用できない!」

という事になるんだよね。

 

愛というものを大切にする結婚の時代に

それを裏切られた心の傷は

もう癒えないって思うこともあるんだと思うんだよね。

 

全部を受け止めてもらっている結婚生活だからこそ
全部を否定されてしまったように感じるんだよ。

 

どうして幸せなのに浮気するの?

 

これだよね!

 

浮気をされた方は思う!

なんで浮気するの?どうして傷つけるって思わないの?

だけど

浮気をする人はみんな「精神的病」というわけでもないよね

だって「いいお父さんじゃん」って思っている人が浮気したり

なんでやねん!

って思うけど日常茶飯事のごとく浮気は存在しているから。

じゃあなんて離婚してまた恋愛しようと思わないで浮気するの?
それは結婚には不満はないけど。。。というとこからくるよね。

人が不倫に求めているもの

 

じゃあ家族を危機に陥いらせるかもしれない不倫に
どういうものを人は求めているんだろう

不倫に求めているもの
感情的な繋がり 
日常生活からの解放
自由奔放・自己決定
情熱的なセックス 
私たちの失われた部分を取り戻す(青春の感覚)
人の死や悲劇を経て生きる感覚(病気を忘れるため)

などです。

つまり肉欲というよりは

もっと幸せになりたい!っていう気持ちからくることがわかるよね。

 

自分の人生に飽きた!

 

今のパートナーに飽きたのではなく
今までの自分のルーチンで行われている人生に疑問を持ってる

つまりパートナーを変えたいんじゃなくって

違う自分を見たいから浮気するんだよ。

誰かを愛したから不倫の関係になるのではなく
自分自身の現状から目をそらし
もう一人の自分と出会う作業とも言えるんだよ。

父じゃなく・母ではない場所
そんな場所を探しているんだよね。

 

生きてるって感じる!

 

不倫の麻薬はこれで
めっちゃいけないことをしているのに
強い感情を持つことができるから
嬉しくても、会えなくて悲しくても
「生きてる」

感覚を味わうことができる。

つまり、死と直面していたり、死と向き合う必要があった人なんかも
死を忘れる薬のように不倫をすることもある

私の人生このままでいいんだろうか?
もうあんな情熱は戻ってこないのか?
今の生活でいいの?満足してる?

そんな問いかけが
一線を越えることになるんだよ!

ある意味家族をかけての博打が不倫なのか。。。

欲望を満足させるために不倫をする!

 

不倫は肉欲を満足させるためとか
風俗の代わりとかそういうものではなく
自分の欲望がエネルギーになってる。

 

求める欲望とは?
注目されたい
大切にされたい
理解されたい
特別に扱われたい
愛されたい

これが特定のパートナーや

家庭で得られないから不倫を続けていくんだよ

そして
愛人とは絶対に一緒になれないからこそ
この欲望は一部しか満たされず、常に燃え続けていけるという
すごい構造になっているよ。

そして禁じられたことをする時に
人は一番やりたかったことをしているって感じるようにできてるから
自由を感じるだよ。

ダイエット中のスィーツの原理ね
普段とは違う意味を持つでしょ。

 

不倫から夫婦か立ち直るにはどうすればいいの?

 

これもある程度プロセスがあるよ。

一番最初に被害を受けた方が
許せるか許せないかを決めるという部分があるんだよね。

どうして被害者が決めなきゃいけないの

私は悪いことしてないじゃん

って思うかもしれないのですが

許せない場合には再構築は不可能だから。

一生苦しい結婚を続けていかなきゃいけなくなっちゃう。

 

一回の浮気なら許せる人と、

一回でもどうしても許せない人はいます。

 

それは優しさとかそういうものではなく

人としての違いです。

ここからは再構築する際のステップです。

 

不倫を終わらせてを謝る

 

一番大切な部分です。

不倫を続けながら再構築はできません。

大切なのはパートナーを傷つけたことの罪悪感と申し訳ない気持ちを

表すことです。

 

浮気の被害者が

「どうせまたするんだろう」

「もう愛されてない」

「私なんて価値がない」

という考えが浮かぶことは当たり前ですが

その気持ちを浮気をした側はなるべく抑える行動や言動をする必要があります。

 

それはパートナーを普段以上にいたわることでもあり

安心感を与える言葉や行動で示すことです。

とにかく謝ること!

 

被害を受けた側は自分自身を取り戻す

 

これは再構築するしないに関わらず

必ずやらなきゃいけないことです。

今の恋愛や結婚関係から、全てを否定されている気がしてしまいます。

アイデンティティを失うとも言うよ!

浮気被害後のすべきこと
自分が愛されてると感じる場所に行く
自分が楽しいと思うことをする
自分と仲の良い友達と一緒にいる
欲しいものを買う
自分を甘やかす
自分が好きなことをする

自分自身を取り戻す作業は

必須です。

 

愛人との過去のことを詮索しない

 

これも好奇心に勝てないって思う人もいるかもしれないですけど

結局自分を傷つけるだけです。

それを知ったからといって何の役にも立ちません!
離婚協議の為にスクショをするならわかりますが

詳しく

どこで何をしてたか

何回してたかなどは

知る必要がありません。
携帯に残っている全ての情報を把握しようとするのをやめましょう。

二人で本気の話し合いをする

 

この時にカウンセラーを使うのもいいことだよ。

なぜなら一概に浮気をした側が
結婚の被害者だったりするわけでもなく

浮気の被害を受けた方も
「私に不満がなかったと思ってるの?」
と感じていることは多いからです。

二人を傷つけることは浮気・セクシャリティーの裏切りだけではなく

パートナーを無視したり
軽視したり、話を聞かなかったり
助け合っていなかったり
パートナーの要求(セックスも含め)拒否してきている
ことも
傷つけあっているから。

今の夫婦関係にないものを求めて浮気をするわけで
そのなかったものを被害を受けた側も聴く必要があります。

浮気をした側に聞くべきことは

「この浮気はあなたにとってどんな意味があったのか?」

 

です。
ちょっと厳しいけどね

他にも話すべきこと

「私と一緒の時ではできないどんなことを表現したり、話したり、経験することができたのか?」

「家に帰ってきた時どんな気持ちだったか」

「私たちの関係で本当に大切だと思うものは何か?」二人共

「この浮気が終わってどう思っているのか?」二人共

これらの質問は自分たちの関係性を考え直すきっかけを与えてくれるものですし
被害を受けた側も考え直す必要が出てくるかもしれないんです。

 

不倫はなかったことにはならないけど
どちらが悪いという問題ではなく
両方が成長する機会でしかないんだよね

 

不倫から学べることは何か?

 

私は不倫や裏切りを受けた女性が別れたにも関わらず

何年も苦しんできているのも見てきています。

カウンセリングをしていて10年前に裏切られたことが
今でも心の中に残ってたなんでザラです。

それは裏切りを受けた方が

苦しみの十字架を一生背負っていくと決めたかのようなものであったりします。

 

実際には別れたとしても許しということが必要になります。

苦痛や裏切りは変わらないのですが

許すことをして、見方を変えると
自己成長や自分を発見する機会を与えてくれルカらです。

不倫をすることでパートナーが得たものは
自分にとって何を意味するのか?
です。

 

不倫をポジティブに通り抜けることのできたカップルの特徴として

被害を受けた側が賢くなるという部分があるんです。

それは

二人の関係を正しいものにするものではなく

快適なものにするのが愛情であるからです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみりです。セックスレスカウンセラーをしています。 レスの問題を根本から直す、3ヶ月解消カウンセリングをつくりました! 自分恋愛カウンセリング、自分に恋して、自分を愛する、そんな時間を作り上げて生きます。 ものを書いたり、ヨガをしたり、お料理をするのも好きだよ!自分が大好きなイタリア在住2児の母親でもある、ちょっと不思議ちゃんっす。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2020 All Rights Reserved.