LINE@登録お願いします。

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

【カウンセリング事例】セックス はルーティンワーク?産後レスは解消できるのか?

WRITER
 

セックスレス解消に役立つ情報を発信中!

メルマガ登録はココをクリック⇧

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

今日は、最強、カウンセリング事例、一筋縄ではいかないカウンセリングだったよ。

 

アラフォー女性で、えみやまとは反対の、おしとやかああ、って感じの方。

 

最初は、「セックスレス は困るけど、セックス を楽しもう!とか分かりません。」とおっしゃられていました。

 

性欲はどこに??という女性。ビッチえみやまと正反対側にいらっしゃる方です。

 

セックス はルーティンワークで義務です。とのこと。なぬうううう。大丈夫か!えみやま!!!

 

さゆりさんのお悩みは

マンネリ以前にセックスそのものが楽しむものって思ってなかったです。

楽しむとかより、こういう順番でこうなるべきで、滞りなく終わるもんだと思っていたから、半分義務感でいつもセックスしてました 。

自分に自信がないから、早く終わって欲しいとかも思っていました。

性に関する話ってするのは恥ずかしいと思っていて、誰とも話したことがなかったので、自分以外の人ってどうなんだろう?っていうのが聞いてみたかったです。

あと、性に対する自分の義務感や拒否感が何か変わるかな?と思ってカウンセリングをうけました。

 

はーいわかりました。

話してみましょう!!!

やってみよう!!!何かが変わるかもしれない。そのきっかけになれるかもしれない。

 

メルマガでも、お悩みお答えしています。

 

えみやまメルマガ登録
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

セックス は、付き合ってる時から、いつもルーティンワーク!

 

はじめまして。えみやまです。二人目出産後の、セックスレス のご相談ですよね。

えみやま

はいそうです、妊娠出産してからセックスレス です。セックス はもともと教えてもらってないから、わからないんです。私たちって、マニュアルで育ってきてるじゃないですか、だから、セックス ってどうするの?、正しさがわからないんです。

さゆりさん

正しい、、、そうですねえ、正しいとか間違ってるとかが、セックス ではないのかもしれませんが。。。

えみやま

それ以上に変なことして嫌われたくないので、男性に任しておけばいい、って思っていました。だから、自分がこうしたほうがいいとか思ったことはないんです。

さゆりさん

で、今までのセックス はどんな感じだったのですか?

えみやま

えーっと、デートして、大概、デートの終わりに、ラブホに行って、セックス するって感じでした。お互い実家だったので、まあ、デートのシメはラブホでセックス 。

気持ちが盛り上がってなくっても、一緒にいたいとか、もっと触って欲しいとか、触りたいとかそういうことなしに、デートのシメはセックス だから、ラブホ、に行くべし、って感じで、ルーティンで行ってました。

さゆりさん

そうですか、じゃあ、自分がしたくないなーとか、したいなーとかもないんですね。

えみやま

はい、それに、若い頃はお金の問題もあって、2時間のご休憩で、じゃあ、部屋に、入りました、シャワーして、キスして、胸触って、下触って、じゃあ、イッタ?って聞かれるので、うん、って答えて、なんとなく、じゃあ、挿入、まあ、そのあと、お化粧も直さなくっちゃいけないし、時間どうりに終わって欲しい、早く終わってもらったほうが嬉しい、って感じでした。で、それがセックス だろう、って思ってました。

さゆりさん

まさにテクニックのない、時間のないセックス が、セックス 嫌いにさせるよね。

うーーん、そうか、じゃあ、まあ、ルーティンで、こなしてくって感じだね。

えみやま

はい、でもいつも通りやっても、気持ちよくならない時とか、申し訳ないなーって思ってしまって、演技3倍で感じてるフリとかしてました。痛いときも、痛いのは私がおかしい、って思ってた。

今日も盛り上がらなくって、ごめんなさい。

自分がダメだから、好きな相手なのに、気持ちよくならない、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

さゆりさん

男性の方が下手だったていうこともあるし、女性の体調もあるから、気持ち良くならない時もあるよ!!

へーーー、じゃあ、演技とかもしてたんだね。。

えみやま

はい、イッタフリとかもしてたし、気持ち良さそうなフリもしたりしてた。好きなのに、私がよくないのかな、なんか悪いのかなって、申し訳ないとしか思ってなかった。

さゆりさん

 

そうかあああ、、、、、相手が、気持ちよくしてくれないとか、ムードを盛り上げてくれないとか、じゃ無いんだね。

女性は楽しむどころじゃなくって、申し訳ないって思っちゃうんだ!!!

 

 

クンニも超苦手、だったらフェラの方がマシ。

 

私舐められるのも、本当に苦手なんです。自分でも見たことないとこですし、見たくないとこ、見られたくないとこじゃないですか。見られられるだけでも、本当に、恥ずかしいし、舐められるなんて、絶対ダメです

さゆりさん

そうですか、じゃあ、自分の体の一部でも、認められないってこと?自分の一部で、子供も産むし大切なところでもあるよね。

えみやま

認める?あー、それどころか、匂いとかも、恥ずかしいので、無理です、みてもらうのだってダメなので、夫には、それだけはもう、やめてほしいって、正直に言いました。

さゆりさん

あ、、、そうですか、じゃあ、男性のを舐めるのも嫌ですか?

えみやま

好きじゃないですけど、まだマシです、それに喜んでもらいたから、できます。男性のは、ちょっと、外に出てて乾いてるし、確かに、匂いとか、味とか、好きじゃないけど、お風呂に入ってない時とかは特に、ええええーって思うこともあります。。。

さゆりさん

 

流石に、私も、乾いてるとか思ったことない、、、かも。

そうか、でも、男性は、そんなおしとやかで美しい、さゆりさんだから、そのギャップがいいっておもうんですね。その、さゆりさんがグロテスクだって思うところが見たいんです。グロいかもってとこが魅力なんですよ、男性にとって!

えみやま

は?それは、年とった経験のある男性とか、ちょっと変わった趣味の方とかじゃなくってですか?

さゆりさん

あーー成熟した男性なら、女性器に興奮したり、欲望を持つものです。焦がれるものだし、見たいものです。

えみやま

はあ?本当ですか?え、、興奮するんですか?

さゆりさん

さゆりさんが、美しければ美しいほど、そのギャップにやられます。その部分が特に、好きです、、、。匂いが、興奮する、女の匂いだから、っておっしゃる方もいるくらいです。女性は、息子に恋い焦がれてる人はいないけどね、確かに!!

えみやま

 

 

結婚した後は、妊活で、ルーティンワークを続行!

 

 

結婚した後は、あれですね、まあ、週末に、する、っていうのが普通でした。じゃあ、今日は土曜日だから、やってから寝るか、って感じでした。

さゆりさん

じゃあ、くっつきたいと、一緒にいたいとか、触りたいとか、そういうのじゃないんだね。

えみやま

はい、共働きですので、もう、寝たいなーって感じがあって、ラブホと違って、時間はあるんですけど、ここでもまた、早く終わって、寝たい、ということで、さっさと終わってほしいなーって思ってました。セックス の仕方もだいたい、同じで、キスして、胸触って、っていう感じの、ワンパターンです。

さゆりさん

それでもよかったんですか?

えみやま

そういうことを、自分から言ったら、変に思われちゃうとか、嫌われちゃうとか、思ってて、それに、どうしたいのかも、自分ではないですし、セックス は、男性が主導権を握るものだと思っていました

でも、排卵日だけは、じゃあ、このあたりだから、お願いね、って言ってました。

さゆりさん

そうですか。。。

えみやま

男性も、欲望を持ってもらいたいのは女性と同じだから、排卵日狙いでいつもこられると、ちょっと悲しいかもね。

妊活は結構、積極的だったんだ!

 

 

子供が生まれた後はレスまっしぐら。

 

長女出産後にそろそろ復活?と思って夫に聞いたら、「母乳が出ている間は、子の母としてしか見れない。女性として見れない。」と言われて、あ、そうなんだ、っていうことになって。

さゆりさん

うーんん。

えみやま

その後、二人目産まなきゃね、って夫が提案してくれたから、セックス は復活したけど、やっぱり、その時も、排卵日狙いで、楽しむ?っていうよりは、その日に、きちんとやろうって感じで、していました。

さゆりさん

そうか。。。楽しいとか、二人のコミュニケーションとか、気持ちよかったとか、通じ合うところがあったとか、幸せになったとか、ないんだね。

えみやま

で二人目が生まれて、何度か、子供の夜泣きもあって、なんか、前戯とかも全くなくって、ひどいなー私、その、穴のある人形じゃないのよっていうような、セックス があって、そこから、どちらかともなくレスになりました。

さゆりさん

うん、うん、うん。

えみやま

どうすればいいでしょう?

さゆりさん

 

 

産後のセックスレス 、どうすればいいのか?一緒に考えてみる。

 

まずは、痛い時とか、したくない時に、もしくはしたい時に、きちんと、コミュニケーションできるかっていうことですよね。

えみやま

今まで誰ともセックス のことを話したことがないので、どうしていいか分かりません

さゆりさん

例えば、セックス が痛いときは、オイルとか、ローションとか使ったほうがいいなら、そういうことをわかってもらう。コミュニケーションが必要で、そう提案したら、きっと喜んで使ってくれます。

えみやま

でもいきなり、オイル持っていったら、傷つけるかもしれないし、驚かれちゃうかもしれない。

さゆりさん

そういうときは、ブログを共有したり、本を買って読んでみたんだけどって、自分で、情報を手に入れた、場所を、共有するのがいいと思います。ラインで、私のブログを共有してくださってる、ご夫妻もいます。自分で言うのは、恥ずかしいけど、ここに書いてあったんだけど、って言うと、わかってもらえる

えみやま

そうか、そういう方法もあるのか。。。でもなんだろう、嫌われちゃうんじゃないか、って怖いです。いやらしい女性なんじゃないかって、そういう教育も受けて来てないし。

さゆりさん

あのですねえ、私みたいに、ビッチです。って、カミングアウトするんじゃないんです、あなたにだけは、夫にだけは、そういう姿を見せるっていうことは、いいことですよね。旦那さんも、自分の奥さんは、自分にだけそういう姿を見せてくれるっていうとこが、嬉しいんです。

えみやま

そうか、奥さんだけは特別なのかなあ?

さゆりさん

そりゃ、そうでしょ、だから結婚したんでしょ。

全ての男性が、自分の妻が、自分にだけ見せてくれる、っていうことを望んでます。特に、さゆりさんはおしとやかだから、そのギャップが魅力です。

えみやま

夫婦間でのタブーはありません。オープンにしていくのって、心も体もです。それがコミュニケーション術。

 

 

男性にリードしてもらうは、ほっといて、何にもしなくてもいいじゃない!

 

でもやっぱり、どうやって、そのルーティンワークから、逃れられるんでしょうか?

さゆりさん

うーーん、やっぱりね、自分でどうしてほしい、っていうのがあるべきだよね。

例えば、「じゃあやるか」、じゃなくって、私は、素敵なところで食事をして、香りの良いキャンドルを焚きながら、さゆりちゃん、綺麗だね、って、ささやかれて、肩を抱かれながら、話をして、徐々に、服を脱がしてくれて、こういう、セクシーな下着を着て、とか、色々あるんだと思うんですよね、人によって、その、理想のセックス っていうのは違うでしょ。

だから、やっぱりそこは、自分の理想のセックス 、っていうのをもたいないと、男性任せだったら、その、お義務セックス からは脱出できない。

えみやま

自分でそういうことを考えたことないんです。考えつかないっていうのもあるかも。

さゆりさん

最初はそれでもいいですけど、やっぱり男性は言ってもらわないとわからない。今までは、全く男性任せですよね。それ以上に、なんか言ったら、変に思われちゃう、って勘違いしてた。変じゃないんですよ、自分の旦那さんに、セックス のオファーをするのは、大切なことなんです。

えみやま

あー思ったことないです。

さゆりさん

それは全てのことに通じちゃいますよね、やってもらって、当たり前、自分の意思はなく、任せておけばどうにかなる、では、一緒に、何かを、築き上げる関係にはならない。

えみやま

あーー難しいですね。

さゆりさん

でも初めてみないと、変わっていかない。最初は緊張するかもしれませんが、何か一つでも、自分がしてほしいこと、したいことを要求することになれないと、不満ばっかりになっちゃう。それは、セックス だけではありません。嫌われちゃうかも、変に思われちゃうかもっていうのは、おかしいです。それが、さゆりさんの本当のところなら、パートナーは見せてくれて嬉しいと思いますよね。したいってことを言ってもらえたら、やりやすいですよね。本当の自分を素直に見せられる関係になるべきですよね。

えみやま

あーそうですね、そう言われると、やってくれるだろう、って思って自分では何もしてこなかったかも。

さゆりさん

もちろん関係性なので、言えばやってもらえるではないかもしれない、でも、自分で何にも、提案していかなければ、何も手に入れることはできません。言いたいことを言う、本音を伝える、やりたいことをやる、セックス 以外の日常でも、そうですよね。それはワガママとは違います。

えみやま

 

 

 

じゃあどうやってその性のタブーを乗り越えられるの?

 

でもやっぱり、子供の時からの性のタブーがあって、なかなか、難しいと思うんです。そこの部分を乗り越えることって。どうすればいいんですか?

さゆりさん

じゃあ、ですねえ、やっぱりひとりHです。マスターベーションかなあ。

えみやま

あーそうなんですか。

さゆりさん

自分の心も体も愛するっていう感覚で、マスターベーション するんです。恥ずかしいこととか、しちゃいけないこととか、情けないことじゃなくって、愛する行為だってことを確認するんです。自己肯定感を上げるためにするんです!!

えみやま

一人Hですか。。

さゆりさん

そうです。よくいうじゃないですか、自分を愛することができない人は、人を愛することもできないって、まさにそれの体版が一人Hだと思ってます。快楽を選び続ける修行っていうか、自分の体を愛する、トレーニングですね。セックス をしないとか、自分の性を抑圧しているのが問題じゃなくって、やっぱり自分の自由を抑圧しているのが、性の抑圧に通じてきちゃう。

えみやま

なるほど。。。

さゆりさん

自分が、こう言ったら変に思われちゃうとか、こんなことしたらおかしいと思われるって思わなくっていいんです。そのままの、さゆりさんが、愛されるべきだし、それは、さゆりさん自身があんまり、自分の性器が好きじゃないなって思ってる、さゆりさんを、認めるってことにもなるんじゃないかなって思います。

えみやま

あーそうですね、なんか言われてみたら、わかってきました。

さゆりさん

自分の快楽や、楽しみや、エクスタシィをきちんともっていて、それを、パートナーと分かち合う、もしくは、巻き込むっていうのが、セックス においても、普通の生活でもできたら、楽しいですよね。

えみやま

そう言われたら、そうですねえ。でも、二人でっていうのが難しいかも、やっぱりコンプレックスはあるし。

さゆりさん

でも、カミングアウトして、きちんと話してみるんです。自分のここの部分が嫌い!とか、こういうことはしたくないとか、できないとか、それで、聞き入れてもらう、その中で、できる限り、二人で楽しめる、セックス を作るってことだと思うんですよねえ。

えみやま

あー今までは、自分が、自分で解決しなきゃって思ってました。自分の体だから、でも、パートナーと一緒に、解決していけばいいんだって思ったら、気が楽です。

さゆりさん

セックス は一人Hじゃないので、やっぱりパートナーも、何か問題を抱えているかもしれない、もしかしたら、それがEDだとして、それを隠され続けてセックス を続けていくのって、大変じゃないですか、だんだん分かってくるけど、どう対応していいのかわからない。EDそのものが問題じゃなくって、それ自体はそんなに嫌じゃないんですよね、女性だって、でもそこで、話してもらって、その中で、二人で、セックス を工夫していくっていうことが、必要になるかと思います。その上での関係性。

えみやま

うーんそう考えたら、やっぱり、二人で作っていく、楽しむ、っていうことが、やっと腑に落ちるっていうか。

さゆりさん

お互いを癒しあうセックス だって可能なんです。

えみやま

なんか、解消に向けて、頑張れそうです。

さゆりさん

そんなに難しくないと思いますよ、解消するのって、そして、今まで以上の、より良いセックス ができるようになると思います。

えみやま

もう義務じゃないんですもんねえ。

さゆりさん

 

 

セックスレス カウンセリング、まとめ

 

さゆりさんは、セックス 男性がリードするものと、丸投げする、ということを一緒にしていた気がします。

セックス も共同作業、できることなら、寄り添っていくことが必要ですよね。

セックス は、ある意味、関係性の象徴です、言いたいことを我慢したり、本音を伝えたり、やりたいことは何かを常に、関係の中で持っておくことも重要ですね。

カウンセリングを受けて、なにか、気づけたことはありますか?

えみやま

スキンシップは夫婦のコミュニケーションって思ってたつもりだったけど、すごく受け身だったなぁと気づきました。

さゆりさん

カウンセリングを受けて、なにか変われそうですか?変わったことはありますか?

えみやま

「セックスを楽しむ」ってえみやまさんのブログに書いてあって「なるほど」って思っても、自分に置き換えるとよくわからなかったけど、話を聞いてもらって、要所要所でアドバイスをもらって、そういうことか〜って思えました。完全に受け身だった気持ちをちょっと変えていけそうだなって思いました。

さゆりさん

 

カウンセリング後のアンケートには、こう答えていただきました。

さゆりさんご感想

最初は話し始めるのもなんだか恥ずかしくて、どう言えばいいのかわからなかったりしたけど、根気強く待ってくれたり、言い換えたりしてくれて、途中からはざっくばらんに話すことができました。

男性側の気持ちもそうなんだーと思ったことも多かったので、またブログも読ませてもらいます。

えみやまさんのニコニコした雰囲気がすごくリラックスできました。私が話したいことをじっくり聞いてから色々アドバイスしてくれたので、すごく納得できました。

 
 
 

素敵な、ご感想。ありがとうございます。

 

さゆりさんありがとう。また解消につまったら、話にきてね。

 

 

セックスレス 私が魅力がないとか、太ったからとか、そういうことじゃないことのほうが多いんです。

セックスもそうだけど、関係がもっと深くなれる。

わかりあえるように、おてつだいします。

 

カウンセリング申し込みはこちらです。

 

 

セックスレス解消を頑張ってる、何かヒントが欲しい方に、

セックスレス解消ブックを作りました。

レス解消のお手伝いができれば幸いです。

 

セックスレス解消ブック

 

 

セックスレス解消記事のまとめはこちら!!!

セックス のお悩み記事一覧はこちら!!!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2018 All Rights Reserved.