LINE@登録お願いします。

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

セックスレスでモラハラでも別れられない!答えは【愛】の長期戦

WRITER
 

LINE@女性限定

登録者にはセックスレス解消マニュアル無料プレゼント中

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

よくあるお悩みで、

「旦那がもう、大変なんです。レスだし、浮気はするし、ひどい事は言うし、話し合いもできません。どうすればいいですか?」

 

ああああ、うううううんんん。どうすればいいんだっけ?

 

私も悩んだ道!!!

 

あのねええ、夫婦再生なんてそんな簡単な道じゃないの、本当にねえ、したいなら、心していらっしゃいいいい!!!

えみやまなんて、結婚してから、18年夫婦再生の道、ズーーーと歩んでるみたいなもんじゃないの。。。

 

実際に、レス夫とこんがらかった関係を、そんなに、簡単には、再生できません。

はっきり言います、難しい。無理とは言わないけど、難しい。

 

よくあるじゃない、1週間で、あんなに悪かった仲の夫とラブラブとか、この一言で夫は変わる魔法のコミュニケーション術とか、。。。

そういうのね、私も全部やって見たんだけど。。。。

結果は!!!

 

夫婦再生の道は長期戦

でしかないのよ。

レス解消は奇跡を狙っても無理、やっぱりね、日々の努力でしかないわけ。。。

 

あのガッチガッチになったレス夫をね、まあ、ああでもない、こーでもない、なんてやってどうにか手なづけていくのは、まあ、猛獣使いになった気分でしないとダメなわけ。

 

ライオンとか、ヒョウとか、飴と鞭でどうにか、演技させんでしょ、サーカスでは、そんな感じよ、レス夫を動かすのって。

 

だからね、まあ、夫婦再生の茨の道を歩むのか、まあ、そんなん嫌だから、別れるのか、まあ仮面夫婦でいるのか、そんなのどっちにしろおんなじなのよ。大変なことには変わりない。

 

 

夫婦再生は茨の道で、なにが必要?

 

ただ一つ言えるのは、茨の道に必要なのは、、、唯一

 

 

なのよ。

 

愛、愛、よ、愛。わかる。。。あい。。。

 

怒りとか、依存とか、執着とかじゃないわけ。

「愛」

なのね。

 

ほら、指輪物語の指輪とか、ハリポターの魔法の杖とかそういうのと同じよ、レス解消の武器は愛なわけ。

 

結局愛がないと、夫婦再生の道!長期戦、絶対に勝てないわけ。

 

だから、レス解消は、愛し方を学ぶことになるわけ。

 

じゃあ愛するってなによ!!!

 

あのねえ、恋愛雑誌とか、恋愛カウンセラーとかまあ、ゲイのお姉さんとか、えみやまも、まあありとあらゆる人が、愛ということの定義をするけどねえ。

 

実際、あなたのレス夫の「愛」しかったって、あなたしかわからないの。。。

 

だからねよく考えてみて。

もう何年かかってもいいからね、だから、うちの旦那の愛するって何?って熟考してみて。

そして結婚生活って、そんなもんなんじゃないかなあ。うまくいってても、言ってなくてもね、それが課題よ、課題。

そして、そんなに簡単には、回答なんて出ないんだと思うんだ。

 

 

人を愛するってどういうこと?

どういう気持ちで?

何をすることなの?

 

それ以上に、私をこんなに傷つけた相手を愛するってどういうことなの?

もう一度愛せるの?

 

まあ、一生に一回くらいは、「愛ってなんやっけ?」って考える機会を与えられてるわけよ。

 

世の中には、借金を3億くらいして、どうやって返済するんだっけ?って考えなくちゃいけない人生もあれば、

「愛とはなんぞや?」って考える遂行な人生もあるわけよ。

セックスレス で悩めるって、そのくらい高貴な事なのよ。。。実はね。

 

もちろんね答えは、そんなのえみやまにもわからなければ、「仮定」でしかないの。

 

それによって、惚れ直してもらったり、関係が良くなったり、することもあるかもしれないけど、泥沼に発車をかける事もあるかもしれないわけ。

 

結果がね、でないかもしれないの。努力してんのによ。

でもね、

こうすれば、きっとうまくいくはずっていう仮定を立てて、まあ、勇気を奮って、立ち向かう、実践していくしかないわけよ。

 

そりゃあね、一発でうまくいけばいいけど、失敗する事もあるかもしれないし、だいたいレス夫がそんなに簡単に陥落しないわけ。

レス夫たち、愛を受け入れるなんて事、簡単にできるわけないわけよ。

 

どんな答えでも、間違ってるかもしれないし、あってるかもしれない。

 

答えが知りたくって、ブログ読んでんの。。。っていう人は、まあ、私の答え、をセックスレス解消マニュアルを作ったから読んでみてね。

 

でもね、答えがわかっても、実は、、、何が何だかわかりません、、、っていう数学の方程式みたいなもんなわけ。夫婦関係って。。。

 

 

愛の答えの例

レス夫にはレス夫の考え方があって、そんなことを言ってるんだから、まあ、それを受け入れて、認めて、旦那の好みに変わる!

レス夫には結局何もしてあげれないけど、まあ、元気になってくれるまで、良妻賢母で、待とう。

私と別れた方が幸せになるんだから、別れてあげよう!

私がキラキラキャラになって、旦那を見返し、また惚れさせる!

旦那のことは許して、受け入れよう!

旦那の話をなるたけ聞く!褒める!認める!

美味しいもの作ってあげよう!

スキンシップ増やそう!

 

すべてが正解だけど、あなたのレス夫の正解は、とてつもないとこにあるのかもしれないしね。

 

 

じゃあヒントは???

 

関係修復に大切なことは、レス夫の長所や魅力をちゃんと見つけてあげること。

 

大概の喧嘩の原因は、

「あんたのここが悪い!あそこが悪い、」

そう言われたならいうけど。。。

「あなたはここが悪い」

って悪いとこ探しだけは上手くなってる。

 

レス夫がの、豆腐メンタルを気遣ってあげるってことと、それが、まあ、自分の成長や、理解に取っても必要だってことわかること。

 

あとは、レス夫のダメンズ態度によって自分が振り回されている状況では、なかなか関係上手くいかないから、強固なる自分軸を今日からでも作り直すこと。

 

そうだね、暴言もあるかもしれない、でもそれって、3歳児の赤ちゃんが言ってることとおんなじなわけ。

「お前は価値がない」っていうレス夫もよくいるけど大概は、

「自分は価値がない」って思ってる、または、会社でそういう思いをしてる。だから勃たないんだしね。

または、親にそう思わされて育ってきてる、結局は勝手にそんなものが存在してるって信じてるわけ。

 

つまり、あなたの価値とは全く関係がないので、それを信じて生きていくと、歯車が崩れるわけ。嘘を信じちゃダメよ!

 

だから何より、夫婦再生には自分軸を持つことが必要になる、強い自分、

「あーーまたうちの3歳児のレス夫が、、、雄たけびあげてまーーす。」

みたいな感じで捉えるようになると、まあ、そういう状況も、治ってきます。

 

だから、まずは「レス夫のことより、自分、自分」です。

 

 

自分がこの状況で楽しいこと、笑顔になれることは何なのか?

自分を可愛がるのはどうすればいいのか?

自分がほんとうにしたいことは何なのか?

また、自分がレス夫のためにしていること「夫婦再生」ストーリを褒めてあげること。

何よりも大切なことはレス夫に対して、「愛する」ということを認めることかな。

愛するって、腹くくるってことでもあるしね。

 

 

自分を愛することは、相手を愛することになる。

 

居心地がいい場所って、やっぱり、一緒にいる人が幸せそうにしてくれてるってことじゃない。

 

自分一人で幸せになろうとしても、絶対に幸せにはなれないけど、

 

 

「美味しそうにご飯を食べてくれたり」

「何気ないことを褒めてくれたり」

「ちょっとしたことでも喜んでくれたり」

「笑顔で挨拶してくれたり」

 

そういうことって、幸せを感じられるよね。

 

何より、罪悪感をお互いに感じさせない、許してる、認めてるって思える。

居心地いいよね。そういう人と一緒にいると、そういう場所を作るとね楽しくなるよ。

だから、何よりも自分だよ、自分。

 

うわーーー、でももうダメ、何が愛かわかりませーーん。

クタクタでーすっていう方は

えみやまも一緒に考えてあげる!!!3人寄れば文殊の知恵、、、2人か。。。

ということで、カウンセリングしてます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.