LINE@登録お願いします。

イタリア在住 女性の性のお悩み専門家、もう悩まないよ!

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

セックスレス 【夫から愛されてない】は実は大誤解!

WRITER
 

セックスレス解消に役立つ情報を発信中!

メルマガ登録はココをクリック⇧

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

私が、何か悪いから、愛されてないの。「そのままの自分で愛されちゃっていい!」

 

何か、悪いことをしちゃった、間違ってるの。「意味のない罪悪感!」

 

彼のために変わらなくっちゃいけない?「自分が努力しなくちゃ常にいけない!」

 

その不安から、脱出できる、方法について書いてるよ!!

 

 

 

 

愛されてないって考えてない?

 

愛されてないって感じると一番最初に考える図式は。

 
 
やっぱりもう、愛されてないのかな、私が魅力がないからかな?
彼は、私との生活に、私の見た目に満足してない。
私が、彼の好みに変わらなきゃ、優しくしなきゃ ダイエットしなきゃ。
 
 
これ間違った図式です。めっちゃ間違えです。
 
で、大概この通りに行動して、うまくいきません。
 
自爆します。
 
よくあるのは「私がこんなに、やってあげてるのに、変わったのに」
 
パートナーは何にも変わってくれてないじゃん!!!
 
なぜなら愛 はエネルギー(愛)の交換だからです。
 
 
 
今夫婦関係に苦しんでるなら、自分に、魅力がない、愛されてない、つまりエネルギーが足りない状況です。
 
それならば、パートナーも全く同じその状況です。
 
その状況で、相手に、優しくする、エネルギー(愛)を与える努力をする。
 
自分は、もっと、エネルギーゼロの状況になります。
 
そこで、他で(エネルギー)を手に入れられればいいですが、お互いエネルギーのない状況なので、エネルギーの交換はできません。
 
 

 

 
 

夫から愛されてないからではなく、自分から愛されてないときに不満は出る。

 

愛情はエネルギー交換だと頭にいれれば、解消の際の、図式はこう変わる。

 
 
 愛されてない時の考え方は
 
やばい愛されてないって感じる 、自分への愛が足りない、最近可愛がってない。
自分の欲しいものって何だっけ?とりあえず書いてみる。考えてみる。
自分のご機嫌取るために、オーダーされたものを一つ一つこなしていく。
 
 こっちです、こっち、一番しなくちゃいけないことは。
 
 
 

愛されてないじゃない!!!

 
愛されてない感を認識したら真っ先に、自分のエネルギーを補給することが最優先です。
 
 
「だって、夫に愛されてないのにそんなのできない!」
 
 
そういう方もいますが、それ本当なの?
 
愛し合っていないからなるわけでもないです。
 
 
相手のことを魅力的と思っていないからなるわけでもありません。
 
 
つまり、ちょっと太ったからとか、最近身なりを気にしてないから、とかではありません。
 
 
夫婦問題、本当に見た目って関係ないんだなって思います。
 
 
美しい方が多いです。見かけの問題は、最後の理由。
 
 
だから、エネルギー足りないからなってることが多いです。
 
 
つまり愛されてないからじゃなくって、自分が自分を愛してないから!!!
 
 
 

自分の愛しかったってどうするの?

 
 
そこです問題は。そこ。
 
 
自分のエネルギー補給の仕方もわからず、パートナーに尽くすなんて、100年早過ぎます。
 
 
自分が好きなことも、自分の愛し方もわからずに、パートナーに要求はできません。
 
 
文句言ってても、最終的には、どうしたいのか、自分さえ、わかってないのなら、パートナーもわかりません。
 
 
 
自分を喜ばせるメニューを作成する。 
 
何してる時が一番楽しい?
 
何を食べたいと思ってる?
 
どこに行きたい?
 
どういう話をしたい、聞いてほしい?
 
何をしたい?
 
どんな音楽を聴きたい?
 
デートはどこに行きたい?
 
どういうスタイルをしたい?
 
幸せであるには何が欲しい?

じゃんじゃん付け加えていって、冷蔵庫とかに貼っておきましょう。

 

そうすると、旦那さんも楽です。あーこれすりゃあいいんだなってわかるもんね。

 

自分もパートナーも愛しやすいようにする。

 

とはいえ、自己肯定感ってねえ、一筋縄ではいかないぜえええ。。。まじ笑えるよ!!!

 

 

何かをしてあげないと、夫から愛されないという、間違った考え方を直す。

 
 
 できる自分になると愛される、これが、もう、すごい、根っこについてる。
 
 
「こういうことしてあげないと旦那から愛されない。」と思ってるでしょ!
 
 
「もっと、よりよい自分でいると夫から愛される。」と思い込んでませんか?
 
 
まさにマニュアル本の『愛され妻の〇〇術』もう、そんなんいいです。捨てちゃってください、その本。
 
 
何かを犠牲にしないと、愛情は手に入らない。本当にそうなの?
 
 
愛情って、そんなチャチなもんじゃありません。
 
 
愛は、努力しなくっても、手に入ります。
 
 
嫌なことしなくっても、愛されてちゃっていいです。
 
 
好きなことばっかりやってる人ほど、一緒にいて気分いい。
 
 
ダメな自分で結構です。そのままの自分で大丈夫。
 
 
 
何かをしてあげたから、交換に手にいれる、もうやめよう、そういう関係。
 
夫婦は、そんなギブアンドテイクの関係じゃないんです。
 
 
それをまず自分から実践してみることです、無条件で愛してみるんです。
 
はいこれもOK
 
これもOK
 
そんなんでもOK
 
いいんです。それで。
 
 
そのままのあなたで大丈夫です。
 
そのままのあなたで愛されますうう!!!
 
 
 

そうはいっても、夫が愛してくれないし!!!

 
 
こういっては失礼ですが、夫=神じゃありません。
 
 
そこまで彼に依存する必要ないんです。
 
 
パートナーだって間違ったことを言ったり、考えたりしてます。
 
 
なのであえて、彼の言うとおりの女性になる必要も、彼の言うとおりに振舞う必要もないんです。
 
 
だって人間ですよ彼も、何か間違ってることしてるんです。
 
 
そこで必要のない情を入れることが多いんです「彼も大変だったから」そんなんどうでもいいです。たまには、あなたのパートナーも間違います。エラーします。
 
 
セックスレス が深刻な問題だとわかっていない人が、奥さんがどうしたほうがいいなんて、わかってるはず無いんです。
 
 
セックスレス の女性に限って、旦那さんの価値観を守りたい方が多いです。
 
 
 
 
あんたん旦那、間違ってるから。
 
そういうこともあります。
 
 
トチ狂って、一回、言ったこと、信じちゃダメです。
 
 
なんども言うけど、あなたが何がしたいのかが、何より大切です。
 
あなた優先に慣れよう!!
 
自分軸、自分軸、自分軸!!!!!
 
 
 

愛されてないと感じたら、まず真っ先にすることは、話し合い!

 

焦らずに、コンプレックスを持たずに、パートナーに話す。

 

 
これが一番重要です。
 
 
一番大切なのは、お互いに、問題があるって認識することです。
 
 
 
 
話して見ると意外に、
 
「そうだったけ?」
という男性も多いです。
 
こっちは、太ったからとか、もう飽きたからとか、私が、あの時ああいうこと、言ったからとか、したからとか、色々考えていると。罪悪感だらけで自分を見てて、、実は。
 
 
 
「そうだったけ?」あのねえ、こんなに悩んだの何だったの!!!
 
 
取り越し苦労が多いです。
 
 
先回りしすぎです。
 
 
グーグルには彼の気持ちはのってません。
 
 
どんなに、恥ずかしくっても、情けないって感じでも、プライドが邪魔しても、パートナーに話すことです。[/keikou]
 
 
これだけでもスッキリします。
 
 
 
見つけたら、すぐに、話しておいたほうが、楽です。
 
 
ここでも、早期発見、早期治療!!! 迷わず、あなたの一番大切なパートナーに、相談してみてください。
 
 
 

愛されてないから、辛い自分を癖にしないようにしよう!!

 

ほんとはね。

 

自分のエネルギーを満タンにしておけば、パートナーで、エネルギーを補給する必要はなくなる。

 
 
パートナーを愛情確認のツールとして使うか、使われるかっていうことがあるよね。
 
 
 
実際自分を愛してる人って、そう感じてる人はに悩まない。
 
 
 
 
 
 
でもね、愛されてないと思っていると、うがあ、って、その重さが変わってくるんだよね。
 
 
つまり必要以上に夫婦関係にこだわる。
 
 
 
夫のせいにしたい人もいるけど、ほんとは自分の自立のなさだったりするからねえ。
 
 
もっとすごいのは、自分だよ!問題があるのは、っていうこともある。
 
 
夫婦関係はもっと真剣に考えるべき問題だと思ってる。
 
でもね、
夫婦関係に悩むときは、大概は、自分を愛してないときでもあるからね。
 
 
 
だから愛情不足で、くれくれ星人になり、なおかつ、パートナーには、表面的に優しくして、余計自分で傷つく。
 
 
ということを自分もやってきたなーって思いました。
 
 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2018 All Rights Reserved.