お悩み、カウンセリングについての疑問など、お気軽にご連絡ください!

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

無料 セックスレス解消マニュアル E-BOOK ダウンロード

セックスレス で夫が浮気!は【依存】が解決のカギを握る。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

セックスレス で悩んでたら、なんと、夫の携帯から、、、

 

出てくる、出てくる、浮気の証拠。。。

 

で、どうする?

 

出会い系アプリケーションやライン、もう、写真フォルダーも。。。見なければよかったと思う履歴。

 

ドヨーーーんとなった、メンタルに、だるいし、何にもしたくないし。どうすればいいの。。。

 

どうして、浮気なんてしたの?どうして、なんで?

 

こういった場合、選択は2つです。

夫婦再構築する。

別れる。

 

で、再構築したいから、ブログを読んだり、なんかいい方法はないか考えてるんだよねえ。

 

実際には、モラハラ、DVなども複合していることもあって、もし、状況が、かなり悪いようだったらねえ、基本的にモラハラとかDVって、悪くなる一方なんだよね、よくなることってないの。つまり、危機的状況な訳。。。

自分が本当に危なくないのかどうかを、第三者に見てもらうことも大切。

その上で、逃げる場所なんかも、確保することもあるねえ。

 

まあ、そこまでは不味くないんだけど、まあ、結構仲良くやってると思ってたからこそ、浮気の証拠を見つけたのが辛いんだよね。。。

 

浮気の証拠を見つけた!でも旦那は罪悪感なさそう。

 

大概はね、証拠を見つけると、

「あんた浮気してたのねえええ」ってたてつきます。

で、まあ期待しているのは、

「ごめん、俺が悪かった、もうしません。」

こう言ってくれて、一件落着、を望んでるんだけど、、、

 

実際は、全く悪いことをしたようには振る舞いません。

罪悪感にまみれた表情や態度をしてくれたら、簡単なんですが、違います。土下座したりとかしないから。。。

 

まあ、悪いことをしてるという自覚があるからこそ、そういう態度は見せないようにしている。

 

「自分は罰せられるべき」ということを隠す!と言ってもいいのかもしれないよね。

 

挙げ句の果てには、その罪悪感が強くなって、

悪いことしてんな、やばかったな、って思うと、逆ギレして、まあ、責める責める。

自分の正当化のために、責めます。あることないこと言います。

 

モラハラ男に返信するのはそんな時

「てめえは、生きてる資格ないんだぞ!」「最低だ」「俺が浮気してるのはお前が至らないせいだ!」

はい、罪悪感にまみれているのは、まさにその行動なんです。

 

実際に、そんなに、悪いことしてないなって思ってたら

「ごめん、〇〇ちゃん、もうしません」って謝ります。

なぜなら、謝っておしまいになるって、思ってるから。

 

許してもらえる程度だよね、罪悪感そんなにないから、謝れる。

軽い浮気だしね。って感じです。

 

つまり、悪いことしてる、って感じている人ほど、絶対に認めません。

 

浮気じゃないって思ってるケースもあるから、読んで見てね。男の気持ち!!!

 

じゃあ、どうすればいいの浮気レス夫?

 

とりあえずは放置プレイです。

「好き勝手やってて!」

こういう時にがんじがらめに、コントロールすると、逆効果です。

 

逆に、やっぱり俺のことを信用してないとか、(都合よく)考えます。

 

何言っても、やっても、浮気するときは浮気します。

 

泣いてもわめいても、浮気するし、きっぱり、バレたから、辞めます、っていうことって実は少ないです。

 

 

じゃあ、どうすればいいのよ、私だって苦しんでるのよ!!!

 

大概は、そこです

「じゃあどうすればいいのよ。私。。」

 

自分で自分のことをどうしていいのかわかってない。

 

挙げ句の果てには、「彼が別れたいっていうなら別れるし。。。」

 

自分軸なさすぎ。

 

あなたはじゃあ一体全体どうしたいの。。。

 

どうすればいいの、じゃなくって、どうする!!!こうする!これもする!こうしたい!これが依存からの脱略の第一歩。

 

大概は、今まで、夫が変わらないと、何も変わらない、変われない、っていう人生を歩んできてることが多いです。

 

それがまあ、浮気の原因といえば原因なんだよね。

 

つまり、主人公はいつも旦那。

「旦那が浮気したんだから、あなたが悪いんだから、あなたが変わって、幸せにしてよ。。。」

 

って、ここでもしちゃってるんです、で、実はそれが、まさに「依存する」こと。

 

そして、浮気を引き起こした、種とも言えるわけ。

 

もちろん辛いです、悲しいです。

でもね、今回だけは、成長する、ということを前提に、根本から自分を変える、チャンスだと思ってもらってもいいくらいなんです。

 

つまり旦那無視、「旦那を放置プレイ」で執着を手放し、依存から抜けだすしかないんです。

 

遠回りに感じるかもしれないけど、

 

依存からしている関係から脱出し

自分の価値を見出し。

執着を手放す

 

そして自分を取り戻すことが重要になってくる。

 

だからこそ、自分の好きなことをして、自分が何がしたいのかを理解して、夫以外の友達との交流を楽しんだり、仕事に精を出したり、オシャレしたり、自分の健康に気を使ったり、痩せたり、もう自分を可愛がる、リラックスできることをする、瞑想をする、自分を高めることのみに、集中することが、何より大事になってくるんだよね。

 

だからこそ、セックスレス を解消するには、自分を愛そう、とか自己肯定感を上げてこう、っていう話をいつもしてるんだよね。

 

 

浮気は本当にした方だけが悪いのか???

 

まあ、浮気をする方もいけないといえばいけない、でも一方的にしている方だけが悪いんじゃないんだよね。

 

もちろんね、悪いことしてる、のは浮気をしている方だけど、だからと言って旦那を毎日裁判にかけても、うまくいかないわけ。

 

「あなたは悪いことしてるわよね、わかってる?」って責めてみても、ほしいものは絶対手に入らない。

「すみませんでした!」、って素直に、奥さんの元に帰って来ればいいけど。

 

ラブラブになればいいけど、また愛されるようになるかっていうとねえ、ならないねえ。

 

その逆で、責めれば責めただけ、遠のくもんええ。

 

浮気ってねえ、結婚した時に、浮気したいなーって思ってはしないわけ。

 

まあ、その関係性からね、だんだんと浮気が生まれる環境ができてっちゃうんだよね。

 

それが些細な喧嘩とか、価値観の違いとか、まあ、怒るようなこととか、凹むこととか、気を使ったり、傷ついたり。

 

まあ、いろんなことがあってね、浮気しちゃいたいなーっていう土壌、を作っちゃったりするからねえ、大変なわけよ。

 

そんなことない、「私だって我慢して、彼のいうこと聞いてきたし」ってまさにそれなんだよね。

 

その我慢して、っていうのが、私だけじゃない。

だから、結婚ていう関係性を、無意識にしていたら、そりゃあ、簡単にね、浮気しちゃうかもしれない、関係性が作り上げられていくわけ。難しいのよ、結婚って。。。

 

意識して毎日を生活しなければ、簡単に悪い状況って作れる。

それは、旦那じゃなくって、あなたも、全く同じ立場だったりするから、旦那がしてなかったら、私がしてたかも、、、っていう状況に陥ってることも多いんだよね。

 

 

どうしてそういう浮気環境ができちゃうの?

 

特にあるのが
「依存」

女性は、男性に可愛がられて、意味があるって思っちゃう。

 

まあ、ちょっとねええ、ペット、みたいな感じで、まあ、男性からしたら、可愛いけど、まあ、女っていう、対象にならなくなる。

 

カウンセリングの話を聞いてると、、、執着しまくって、もう、鎖で縛ってんのかい、、、、っていう状況だから、もう、逃げられるのも、離れてるのも、別れるのも、怖い状態。

 

自分が本当に、好きなのかどうかもこうなると、わかってない。

 

自分に自信がなかったり、価値がないと思い込んでると、パートナーに価値を与えてもらいたい。

だから束縛することだけが、彼と一緒にいられる方法だと思い込んじゃう。


他にもっと魅力がある人に出会ったら、その人の元へいくんだろうし、


少しでも気を緩めると、すぐに私のことなんて嫌いになると思ってるとこがある。

 

だから、いくなって行っても、会いに行っちゃったり。

 

コントロールしてるつもりはないけど、

毎日、どこにいても、なにしてるのかなー?って、

今日はなんで連絡してこなかったのかな?

 

もう、監視、束縛、コントロール、で、まあ、料理作ったのに、黙って待ってたのに。

 

とかね、なんだか知らないけど、自分が勝手に尽くしておきながら、文句言ってみたり。

 

嫌ならしなければいいのに、何かしてあげないと愛されない、私から離れていく、、、と思い込み。

 

挙げ句の果てには、「旦那はほっておけないんです。」って、ほっとけよ!!!!

 

こういうことを考えてたら、もう依存です!

「今、何してるんかな?今日、仕事って言ってるけど本当かな?」で本当のこと知ってどうするの?

「また女と会ってるんじゃないの?」だからどうしたって言うの?

「もう別れたって言ってるけど、まだ連絡取っているんじゃない?」そこまで心配する必要あるかなあ。

「携帯を見たい衝動が抑えられない!」コントロールしてもやるときはやるしね

「今度の土曜日、何するんだろう?なんで一緒にいれないの?」一緒にいたくなったら、一緒にいるし。

「先週も忙しいって言ってたけど、じゃあ、いつ一緒にいれるのよ!!!」だったら、彼なしで自分で楽しめばいいじゃん。

「私のことが嫌いだから早く帰ってこないんだ。」 じゃあ待つなっつうの

「どうやって本音を聞こう!!!」それでどうするの?相手もさまよう子羊なのに、

 

とりあえず不安だから、一人になるのが怖いから、一人でいると無価値だから、「執着心」をバリバリに発揮します。

 

それでね、

まあ、恐れや不安を埋めよう、無価値観を無くそうと、夫を使ってる人が多いんです。

 

だから束縛する言葉を言っちゃいけないと思いながらも言ってるわけ。

 

言っても無駄!

「結婚するとき、ずっと好きって言ってくれたよね?あの気持ち嘘なの?私を騙したの?」

「もう愛してないの?どうして?」

なんで浮気なんてするのよ。私の気持ち踏みにじってる。」

「あなたのことをこんなに愛してるのに、どうして分かってくれないの。」

 

こんなに愛してるのだから、縛りに縛ってるのだから、一緒にいてくれる、で、そういうことをしないと、もうどこかへ行ってしまう、浮気相手のところに行っちゃう。

 

なのであなたのことを愛してるから、あなたのことが好きだから、一緒にいてくれる、とは思えなくなります。

 

実際は自分も、好きだから、愛してるから一緒にいるのではなく、不安を埋めたいから、一緒にいるわけなので、この苦しみからは逃れられなかったりもします。

 

そうなると、愛情を受け取ることはできず、愛情砂漠を歩むことになる。

 

束縛して一緒にいるから、彼が愛してくれてることには、不感症になっていきますね。

 

つまり愛は一切受け取れなくなっちゃう。いくら注いでも、みえてないから。

 

彼が愛情を示してくれたとしても、素直に愛だとは感じられません。


「私に気を使ってしてくれてる」

「本当はそうは思ってないけど、彼は優しい人だから」

「他人にそういうことを言うのはよく見られたいから」

「今はそう言ってくれるけど、いつかきっと嫌になるはず」

「前も同じことがあったから、もう甘い言葉には騙されない。」

 

結局はレス夫と同じことしてる人も多いんですねえ。

 

執着、を手放すとは、パートナーを自由にすること。

 

手放す、とは、その鎖を解き自由にしてあげること、です。

 

もう携帯コントロールとかもやめるわけ。

 

こんなラディカルなワークもあるからやって見てね。

依存をなくし、執着から、自由になる言葉!!!を唱える。

 

 

あなたはもう自由だから。

どこに行くこともできる。

ここに留まることもできるし、どこかに行くことができるよ。

私はその選択を支持します

あなたはもう自由です

 

 

言いたくなくっても言ってみる。なぜなら愛は自由だから。押さえつけたり、押し付けたり、強要したり、執着することではないから。

 

もし自由にしてみて、また、すごすごと戻ってくることがあったとしたら、


旦那さんは、あなたのために戻ってきた、好きだから戻ってきた。


あなたのことを愛してくれているから、そこにいるんだってことも、わかるよねえ。無理やりじゃないもんね。

 

そして、何より旦那さんのことを、本当にどう思っているのかも分かるようにるんだよね。


ここで「好きだと思ってたけど、違ってた・・・やば、執着だったし」って分かっちゃったりすることもある。


本当のことをわかるのが怖くて執着してる人もいるくらい、変化は怖いし、実は本音を見るのが怖い。

あんなに

「あなた私のこと愛してないんでしょ、もう心変わりしたの!!!」

って言ってたのが、実は自分がそうだったってことがわかるから。。。

ええええ、ってことになる。

 

あとは、執着しなくなると、不安から解放される。

 

もし、旦那が、浮気相手を選んじゃったら、どうしようとか、思わなくなります。

 

まあ、それは、それ、「だとしてもどうにかなるかって」

なので、いちいち「旦那の暴言や行動」に反応しなくなる。

あーそうっすか、じゃあ仕方ないなあって、

気持ちがほんとうに楽になる。彼を縛る、ということは、自分も縛る、ということだからね。

 

本当に愛してたら、彼の大切にしていることも大切にできる。

 

旦那のこと、愛してますよね?

大好きですよね?

大好きな人が幸せになるのは嬉しいよね?

幸せになって欲しいよね?

じゃあ、誰が彼を幸せにしてもいいんじゃないでしょうか。

あなたじゃなくても、大好きな彼が幸せになるのならば、誰が相手でもいいんじゃないのか、、、っていうね、まあ、

人生最大の命題に立ち向かうこともある。

自分の子供が結婚するとしたら、手放しで喜べる?っていうのと同じだよ、同じ。

 

うわ、、、そんなんダメです、だめ。

だって結婚してんだよ、愛し合ってるんだよ。。。

でも、そこで、依存しないでね、「自分が一人になるのが怖い」、とかそういうのを乗り越えて、執着を取っていくのは、すごく大切。

それが実は、自分のエゴからの選択ではなく、本当の愛からの選択になるから。

 

 

手放してみて、旦那と別れることになったらどうする?

 

うー〜ん。愛してくれない人と一緒に一生いて、幸せ?

 

結婚したからってがんじがらめにして、まあ、ねえ、SM好きの?緊縛プレイを続けてくわけ?

 

もちろんねえ、そこでいきなり、旦那が、思いもよらず、がああああて、戻って来ちゃうこともあるわけ。

まあ、そういう可能性も高いのよ。あるのよ、そういうこと、で、うざいかも、とかもあるのよ、ホントに。

でもね、

まあ、その時も、また、前の依存状態に戻らずに、きちんとした関係をつくり直せるわけ、きちんと手放しておけば、また同じような状況には戻らないからね。

 

手放した時の心理

自分のことはどうにでもなるじゃないかな?

どうにか支えてくれる人もいるし、何とでもなるでしょう?

仕事も見つかるだろうし

友達もいるし

両親も健在だし

大丈夫なんですよっていうことになる。。。

 

そうすると旦那が戻って来たとしても、また同じ緊縛プレイを続けることはしないし、まあ、戻ってこなかったとしても、まあねえ、逆に幸せだったりすることも多いんだよね。

 

ここまでの、プロセスをしっかり歩まないと、まあ、別れて他の男性と付き合っても、依存、執着、怖い寂しい、のガチガチプレイを繰り返すようになる。

 

本当にそこまで愛せるのか?

 

そうして、心の断捨離、手放しが進んでいくとねえ。悩んでたことが、あれ?もしかして、なんで悩んでた?

 

「なるようになる」「なるようにしかならないし」っていう、悟りにも似た、状況になるんだよねえ。

 

まあ、そういう人を何人も見てるけど、強くなれてるし、仕事も、まあ、幸せも掴んでるわな。

 

 

 

男で悟れた時

状況は変わっていないのに全然大丈夫な気がする。

実は、関係はどんどん悪くなってるのになんか元気だし

まあ、何とかなるかなって、楽観視してる自分がいる

こんな状況なのに楽で、楽しくて、笑っていられる。もしくは初めて笑った気がする。

変に元気になっちゃったり、行動力が出たり。

自分がちょっと、おかしくなっちゃったように感じる。

 

そうなるともう卒業だねえ。

カウンセリングなさった方も、元気になっちゃった方いっぱいいました。

そして、そういう女性も山と見て来ました。

そういうプロセスを踏んで別れたら、めっちゃ元気やん!!!

 

レスして浮気してる旦那にも、まあ簡単に。

 

あなたを自由にしてあげるから。

あなたは自分の意志でどこに行ってもいいよ。

私はその選択を支持して、応援するから。

だから、あなたはもう本当に自由よ

 

 

って笑顔で言ってあげられます。

本気でそう思えるようになります。

 

ちなみに、えみやまもそうだなあ、何だろう、もし旦那が他の女性の元に行きたい、とか、他にやりたいことができたら、あーー子供のフォローはお願いしたいけど、まあ、それはそれで、仕方ないね、って思います。

何だろう、まあ、今まで旦那には色々お世話になったし、まあ、元気でやってくれ、みたいな感じです。

もちろんいろんな手続きとか面倒だけど、仕方ないなあああ。。。

でも、幸せになってほしい。。。

 

自由にするのは彼じゃなっくって本当は自分。

 

自由にするのは本当は、旦那やパートナーじゃないわけ。自分なの自分。

 

縛る、ということは、自分も縛る、ということだから、何より自分が自由になる。

 

もちろんねえ、まあレス夫や、ダメンズや、豆腐メンタルな男から自由になるっていうことでもあるけどね。

 

手放すのは「愛」の選択、そして、依存は「恐怖」からの選択です。
手放すことができるのは、自分の「恐怖」よりも、「愛」を選ぶ行為となる。

 

そして何より自分を愛する行為になるよね。でね、そんな素晴らしい女性を、周りが放っておくと思う?

 

思わないよねえ、まずねえ、モテる、すごいモテるようになる。

 

それはねえ、男の人にも女の人にもだけどねえ、愛を知ってるからねえ、強いんだよねえ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.