LINE@登録お願いします。

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

なんとなく旦那がイヤ…セックスしたくない原因は実は自分自身の問題かも?

WRITER
 

LINE@女性限定

登録者にはセックスレス解消マニュアル無料プレゼント中

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

セックスレス している側も悩んでる、、、、

 

したくない。「旦那とは無理」よく聞くねえ、このご質問。

ご質問の内容

結婚して、20年近くになります。夫とは仲はいいです。今でも好きです、嫌いじゃありません。でも、生理的にどうしても受け付けられなくって。言いたくないんですが、キスしたりするのもきもち悪いって感じで、、、2人目の子供ができてから、セックスレス です。どうしたらいいでしょう?

 

嫌いじゃないけど、なんだか、セックスレス 。

 

でもね、キスしたり、そういうのは、なんかきもち悪いし。。。

 

旦那がキモい。。。

 

生理的にどうしても、ダメ!

 

その気持ちってどこからきてるの?

 

気持ち悪いと、嫌いの違いって?

 

ゼーーンブ自分の中からだよ、旦那がキモいんじゃなくって、自分がキモいっていうものを作り出してる。

 

違います、気持ち悪いものは、全て気持ち悪いです、まさに、あれだね、

 

グリム童話にもあるカエルの王さま キモいカエルとしなくちゃいけない。。。女性の昔からのお悩みみたいね。。。これって。

 

グリム童話のお姫様は、本番を断るために、カエルを壁にぶん投げる、っていうことをして、一件落着だったけど、じゃあ、カエルとセックスしなくちゃいけなかったら?

 

あなたならどうする?ぶん投げられる?

 

キモいは自分が作り出すもの。

私もある、嫌いじゃないんだけど、なんかキモい、そういう男もいた。。。

 

で、なんでだろう。って考えた。

 

キモい男って、どちらかというと、「えみちゃん、エミちゃん」って、愛してくれる系の人で、、、

 

もちろんね、顔とか、体つきとか、まあ、匂いとかそういうのの問題もあるじゃないそういう時は、カエル王子を扱った、お姫様のように「匂いが嫌いだから、きちんと洗って、このデオドラントつけて、この香水つけてきて!」「痩せて!」「顔洗ってきて、歯を磨いて匂い取ってきて」ってはっきり言えばいいわけじゃない。

ダメ出し、カエルを壁に投げる、行為、と同じだけど、まあ、そうしたら、カエルが王子になっちゃうこともあるんだから、頑張ってもらう必要もあるよね。

 

でもね、結婚した旦那だから、最初は良かったんだよね、でも今はダメなんだよねえ。

 

これって、もしかしたら、勘のいい人は、わかってるかもしれないけど、そうよ、そう。。。

 

自分の中からくるもの。。。。。

 

自分自身がキモい、って思ってる。。。自分のことをキモい、って思ってるんだよ。

 

愛されてるのに、旦那がなぜかキモい!

 

これはねえ、どうしてだと思う?

 

自己肯定力が、低すぎ。。。なの。

え、なんで?相手がキモいから、自分は関係ないじゃないよ、自分が作り出してる現実だからね。

 

ぶっちゃけ、

「自分は愛される価値がない」(自分はキモイ💙)

のに、こんな自分を愛してる、男がキモい!だよ。

 

だから、なぜか、居心地が悪いとも言えるよね。

 

多くの人は、子ども時代、すっごく寂しいのに我慢して平気なふりをしてきてるよね。「泣いちゃダメ」「お母さんは忙しいんだから」「お父さんは疲れてる」

だから一人でどうにかやっていこうって自立していく。

頑張って自立していくわけで、それは、ある意味いいことでもあるけど、嫌な感情を押し殺して一人で何とかする!ってことだよね。

つまり、嫌な感情が、恋愛とか、結婚生活では、近い関係、っていうことで、その押し殺した感情が、封印していたものが出てきちゃうんだよね。

 

一人でやっていけるのは、かっこいい、当たり前、つまり、パートナーがいなくっても大丈夫、なのに、そのパートナーが、愛してるだの、助けてあげるだの、きみわるい。。。

 

こんな私を、愛されるはずがないから、自立している私を、愛してるなんて、おかしいちゃう?

 

受け入れられない自分がいるから、パートナーが気持ち悪い。

 

そういう時は、こんなワークをしたほうがいいよ!

 

旦那がキモい時、自分を見つめるワークはこちら!

 

1、遠くからでもいいから、じっと相手を見てみる。5分から10分。

2、何が気持ち悪いのか、思いを巡らしてみる。 喋り方?食べ方?匂い?こういう考え方を持ってる?男っぽいとこ?年?体つき?

3、どんなキモさなのか、心を見つめてみる。 自分の大切なものを奪われる感じ、バカにされてる感じ、汚されてる感じ、、、

 

例えば、年、が気持ち悪いのなら、「年をとったら性的関係を持たない」っていう偏見、コンプレックスがあることだし

見た目だとしたら、「美しくなければ恋をする資格はない」「見た目が悪かったら愛されるべきではない」と思ってる、受け入れられないと思ってる、ってことだよ!

 

性(セックス)に対して、気持ち悪いと思ってる。

これは、思春期に形成されることが多いね。

 

自分の性を受け入れなくちゃいけない年頃、その時に、まあ、いろいろあるわけで、大概は、女子から、キモいって言われてたり、男子からブス、って言われたり、厳しい辛い青春時代に、、、傷を負う。

 

性の知識もなくって、親からは、恥ずかしいことしないでね、って釘を刺されたり、先をいってる友達の下ネタがうざかったり、恋愛とセックス の関係なんて、誰も、本気で、話さない。

 

セックス はいいものだとも言わなければ、じゃあ、どういうセックス が良いものじゃないのかの説明もない。まあ大概は、愛があればOKだけど、とかいう、精神論だけどティーンの愛って?ってなると。。。。

 

いつ彼と初Hすべき?とかいうことも、自分軸じゃなくって、彼氏軸だったり、嫌なことと、好きなことの区別のないまま、つまり情報のないところで、セックス をするわけだから、経験は、最悪ってことも多いんだよね。

 

自分がしたいと気がするときで、それは女性も男性も、パートナーの同意が必要、その部分が、相手への愛情であり、関係性を作り上げていく大切さっていうのがあるんだよね。

 

恥ずかしいこと、いやらしいこと、隠すべきこと、子供をどうやっても作らないことの教育はしてもらう。

 

けどね、キモい(いやらしい)セックス 感っていうのはあるから、そこから、パートナーが、男であることがキモかったり、

 

もしくは女として見られることもキモい、っていうことになる。矛盾だらけの自分と付き合うことになる。

 

愛することは正しいことなのに、男と女になると、キモいの?

私はエロい女、セックスが大好きな女。

それをどれくらい受け入れることができているか?っていうことにもつながっていくと思うんだよねえ。

 

これは思春期に入って、お父さんがキモいっていってる女子と一緒で、いきなり、お父さんが、男になっちゃってキモい、わけで、そういう意味では自分も女になって、そこに葛藤が生まれたり、どうしても受け入れられない、女らしさ、が発生したりするんだよね。

 

相手が男であることがキモい人は自分の女性性、をキモい、もしくは受け入れられたくないって思ってる人も多い。

そして、悲しいけど、少なくない人が、性的虐待から、そういう気持ちを持ってしまったってこともあるよね。

 

性的抑圧からくる、気持ち悪い感。

 

セックスレス が長かったり、もしくは子供をもう作りたくないと思っていたりすると、性そのものを抑圧しているんだよね。

 

でも、性欲はあるから、それは満たされないからとより強く抑圧して感じないようにしてしまうんだよね。

 

感じないように抑圧するので、感じてしまうような行動などはタブーになる。

 

だから、旦那とのセックス もタブーになる。子供をもう欲しくないと思っている女性とか、望まない中絶をした方なども、こっちに入るよね、

そうすると、セックスを想起させるもの!旦那にある男に対して、気持ち悪さを感じることも少なくありません。

 

つまり、キモいなーって思っちゃう。

 

 

旦那がキモいと思った時は、女性性を見つめ直す機会!

カエル王子が気持ち悪いのではなくって、「自分のことが気持ち悪い」

 

つまりねえ、自己嫌悪なんだよね。

 

何が嫌いって、「女」の部分っていうことが多いよね。受け入れてない。

 

大人の女性としての自分。その部分を嫌ってるから、その部分を求められると、おええええ、ってなっちゃう。

 

本当は自分におええええ!!!

 

ひとりHってキモイ、

自分の性器って、キモイ

エロい自分でキモイ

女らしく振舞うのってキモイ

媚びるのってキモイ

女性らしい服装をするのってキモイ

 

 

って思ってないでしょうねええ!!!!

 

ということで、ちょっとミニスカートを履いてみる。

赤い口紅をつけてみる。

女らしい下着を買ってみる。

 

女の子、じゃなくって、成熟した「女」であることを認めるようになると、

 

キモイが減るし、女であることをより一層楽しめるようになるよ。
 
 
 
そして、キモイ、って言われたら、そこは気にしないようにしよう。
 
 
 
キモイって言ってる人は、「自分のキモさを告白してるんだなあ」って解釈しよう!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.