LINE@登録お願いします。

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

セックスレスで悩んでない?悩んでるならレス解消マニュアル読んでみて!

膣トレ開始!骨盤底筋体操をやってみた!

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

膣トレを始めるのは、やっぱり出産後の尿もれだよね。

 

膣トレをすると、セックス の質が上がるとか、そういうことをしきりに、言っている人もいるけどさあ、実際には、そんなことより、尿漏れ対策って切実。

 

でね、私はヨガの先生もやってて、結構聞かれるんだよね、膣トレ。

 

でもさあ、そんなに簡単じゃないんじゃないかなーーって思ってて。

 

実際ユーチューブとかでは、こうです、こう、とか、ね、腰を上下左右に、動かしたりしてたけど、それじゃあ、無理なんじゃないかなーって思ってたら、やっぱりねえ、違ったよ。

 

腰を上下に動かしても、左右に動かしても、骨盤底筋には、関係ない!!それは膣トレじゃない。

 

最近本当のことがわかったよ。。

 

看護師さんのブログ見たらね、よおおおくわかったよ。

 

骨盤底筋トレーニングをするなら骨盤底筋をしっかりと意識しましょう!

 

膣トレってね、実は、自分の指を、自分の膣に入れないと、きちんとできてるか、わからないんだよ。

 

うわーーそんな話、初めて聞いたよ!!!そうなんだ。

 

よく聞くのは、膣トレの道具があるとかね、そういうのなんだけど、それ以上に、自分の指入れて、研究しないと、わからない。。。。

 

えええええ。。。そうなんだ。

 

子宮系女子と、近いよね。(自分と自分の性器の関係は、社会と自分の関係に投影するって言ってるよ。)

 

つまり、自分の体なんだから、自分で管理しないとダメ!!!

 

指入れるくらいでビビってたら、ダメ!!

 

ってことなんだけどね、実は、あんまりやったことなかった。私も。

 

指入れるんだ、自分で、そりゃそうだよね、自分の体なんだからね。

 

 

お風呂に入った時に、本当の膣トレーニングを初めてしてみる。

 

普段、裸になる機会もないからね、忙しいし、お風呂に入ったら、やろうと思ってたけど、うちの場合は、バスタブだけで、風呂場、っていうのがないからね、お風呂に入ると、まったりモードで、忘れちゃって、ほとんど思い出さないんだよね。

 

ということで、するまでに、数日かかった。。。(ビッチなんて言ってる割には精神的ブロックがあったんだと思う。)

 

やり方は、北條ゆきえさんのブログを参照。

 

  1. 左右入れやすい方の手で、人差し指か中指で膣にゆっくりと第2関節まで入れてみてください。
  2. 膣に指を入れたら、指を締めて吸い上げる様なイメージで動かしてみてください。

 

簡単でしょ、軽く書いてるので、やってみたら。

 

ウゲー〜ー全然動かない。かも。

 

最初は寝転んでやってたんだけどね、無理。

 

うちのバスタブはヨーロッパ式でやけに長細いから寝転んじゃうと、本気でねれちゃうんだよね。

 

だから、体育座りでやってみたけど、それも無理。

 

あのね、私ヨガの先生だから、こんなの余裕でしょ、って思ってたけどね、全然コツがつかめない。

 

膝立ちしてみたり、いろいろしたけど、わからない。

 

しかも、息を吐きながらなんて、絶対に無理。耳動かすのより難しい。

 

体のいろいろな場所を動かすも、骨盤底筋だけは全然動かないし。。。。

 

そしてやっとちょっと、動くかも、ってわかったのは。

 

あのタンパックスを入れるときに、オススメの、片足をバスタブに、乗っけるスタイルで、どうにか、動いたかもって、感じられたけど。

 

そのときには、実際には、長湯しすぎで、もうフラフラ。。。膣トレどこじゃないし。

 

なんか、いろいろな格好もしたし、結構ね、手の長さとかもあるんだと思うんだけど、精神的ブロックよりも、肉体的ブロックもあるんだなーって実感

 

初回は、湯あたりもあって、惨敗。

 

 

膣トレも習うより慣れろだろうから、何度も試してみる。

 

今は、膣マッサージとか、お膣様っていう言葉があるくらい、指入れて一人エッチをするっていうのは本堂だし、簡単に、膣トレもマスターできるだろうと思ったけど。

 

ゆきえ先生が言うほど、簡単じゃないんだよね。

 

確かに、私も、精神的ブロッックもあった。。。でもそれ以上に、よくわかんない。

 

しかも、

オックスフォードスケールっていうのがあってね。

 

 

ここでのランクはこうなってる。

  • 0:筋肉の動きが全く感じられない
  • 1:僅かに筋肉の動きは感じられるが収縮はない
  • 2:確かに筋肉の収縮が感じれられる
  • 3:抵抗を加えないで膣がしっかりと収縮する
  • 4:強い抵抗を加えるとそれを押し返す反発が感れられる
  • 5:指診しているが指が吸い込まれるような感覚でしっかりと締めることができる

 

初回は1くらいだったしなあ。

 

指診している指が吸い込まれるって。。。。すっげええ、おまん、、、じゃないそれ。

 

名器って幻想だと思ってたよ。。。名器も努力なのか結局。

 

膣トレを何度かやってみてわかったこと。

 

実際2回目にやった時は、膝を立ててやるので大成功。

 

おおおお、わかる、これかああ。

 

やっぱり女の人は女性周期があるから、生理の前はよく動いたり、動かなかったり、排卵日は全然だったり、日によって変わるみたい。

 

これは人それぞれかもしれないし、自分と、自分の体の関係とかもあるのかも。

 

指を入れて全然嫌じゃない日もあれば、そんなの絶対したくない日もある。

 

あといわゆる尿を止める筋肉と、尿を出す筋肉、膣の動き方が違うみたい。

 

つまり、膣の前側が動く時と、膣の後ろ側が動く時がある。前壁後壁っていう言い方もあるよね。

 

私が感じたのは、尿を止める行為の時は膣の後ろ側だから、肛門を閉じる動きに似てるのかもしれない。後壁。

 

膣の前側はどちらかといえば、腹筋の、おへその下を動かす、尿を出すのに近い。前壁。

 

お腹の筋肉はあんまり使っちゃいけないっていうけど、私はやっぱり少し使う。。。。

 

何度かやってわかったのは、息を吐きながらっていうのができない。

 

私ヨガ本気歴10年なんだけど、インナーマッスルって、全然違うことなんだなーって実感。

 

 

膣トレは指はどう動かしたほうがいいか?

 

全然動きがわからないときは、指を動かしてわかるようになるらしい。

 

 

膣の中に指を入れてみても、指になんの感触もなく動いているか分からない時は、

  1. 同じように指を第2関節まで入れ
  2. 指を肛門の方向に少し圧迫して、指を締めて吸い上げる様なイメージで動かしてみてください。

 

ということなので動かしてみたら。。。

 

私の場合は逆効果で、どちらかといえば、膣はブワッて広がってくって感じだった。

 

つまり、Gスポット責めとかは、広がるんだな、膣は。。。。ふーーんん。

 

 

ある日、突然!膣トレ大成功したことがあった。

 

なぜ、その日大成功したのかはわからないんだけど。

 

多分、尿を止める側の筋肉の使い方がわかったからだと思う。

 

つまり、膣の後ろ側の筋肉が動くことができて、その日は、オックスフォードスケール、レベル5みたいな感じで、膣壁が、指に吸い付くって感じだった。

 

指を出すのが少しきついって感じ。

 

おおおお。すごいいいいい。

 

私の場合はそういう感じになると、そのしまった状態をキープしながら、筋肉が動くって感じで、広がったり、閉まったりというよりは、しまったまま、筋肉が収縮するって感じだった。

 

こういうのも、人それぞれなんだろうなああ。

 

 

最後に、膣トレ、骨盤底筋体操は、心のブロックも取らないとなかなかできるようにならない。

 

やっぱり、私にとっては、お膣様の世界で、自分で自分の膣の状況を知るっていうのは、なぜか、すごいブロックがあった。

 

それ以上に、自分の膣の状況って、日によって違うし、環境や、自分のメンタルにも、すごい作用してるんだなーって分かった。

 

経験則的には、きちんと自分の膣の状況をわかってたら、女性系の病気にはなりにくくなりそうだなーって感じた。

 

何だろう自分で活性化するって感じなのかな。。。

 

というわけで、お膣様の世界は、深く長いのでした。

 

 

膣トレについて違う視点から書いたもの。

ちつトレ!あそこがゆるい?締まりが悪い?

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.