お悩み、カウンセリングについての疑問など、お気軽にご連絡ください!

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

無料 セックスレス解消マニュアル E-BOOK ダウンロード

レスしてる夫の気持ちは?セックスレス の理由は何か絶対知りたい!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

セックスレスをしている側の理由は何?レス夫の気持ちを知りたい。

 

セックスレスって実は、している側も、されている側もつらいんです。

そんなことない、されてるほうが、絶対つらい、と思っている方も多いですよね。

での、セックスを拒否するには、それなりに、理由があるんです。

もちろん、本人も、なぜだか、わかってません。

全然わかりません。

なので、

「もう、私(僕)のこと愛してないの?」と言われても、実際、困るんです。

自分でも、なぜこうなっているかわからない、誰も教えてくれなかったし、実際には、自分がセックスレスになるなんて思ってもいなかったんです。

 

セックスを拒否する側は、セックスレスの話し合いからは逃げる。

 

もう見たいくないことからは、逃げます。もちろん自分が悪いのはわかってます。

でも、パートナーから、責められると、わかっているので、余計、自業自得だからこそ、反撃することもあります。いわゆる逆ギレですね。

実際には、逃げたい話題を自白させられるわけですから、そりゃあ、色々言います。

なんで自分が、性欲が落ちたのか?どうして、EDぽいのか、なんでセックスが億劫なのか。考えたくないんです。

なので、誘導尋問されている気分になるので、答えは、

  • 「疲れてるから」何でもかんでも、そのせいです。
  • 「みんなこんなもんだよ」みんなって誰よ? 
  • 「。。。。。。。。。。。。。」はてしない無言
  • 「もう、家族にしか見れない。」あのねえ、近親相姦って、実はエロの特級品じゃなかったっけ?
  • 「君がセクシーに見えない。」自分のことを色々言われたくないので、相手の弱みをつく。黙ってほしい
  • 「そんなにセックスのことばっかり考えておかしいんじゃないの?」この話には触れないでほしい。なので、相手を傷つけるようにする。

など、レスしている側も、悩んでる。どうしていいのかわからない。

「あのさあ、僕も悩んでいて、色々インターネットで調べたんだけど、やっぱりさあ、セックスがマンネリだから、エロい下着とかつけてくれない?」「

あなたの前戯に問題があるから、セックスしたくないの」

なんてことを言えるような人じゃないから、セックスを拒否する状況になってしまうんです。

他のことでは饒舌でも、セックスのことは黙秘権を使うタイプです。

なぜなら、問題がわかっていて、セックスのことが話せる人は、セックスレスにはなりません。

なので、反撃しているつもりはないけど、どうしていいのかわからない。黙らせるために、心無い言葉をいうこともあります。

 

レス夫自身もなぜレスなのかが分からないから、悩む

 

セックスは、エネルギー交換なため、エネルギーのない状況だと、したくなくなります。

自分の中に、エネルギーがない状況、、、、何かに傷ついている時に、怒っているときに起こります。

なので、セックスができない側の人は、何かに傷ついています。

そしてそれに気づいてない。だから、がむしゃらに仕事をしたり、携帯にはまったり、ゲームをしたり、逃げます。

パートナーからも逃げますし、問題からも逃げます。疲れてる!か口癖になったりもするしね。

  1. 傷ついているのは、セックスそのものかもしれません。これはEDとか性交痛などの、肉体的な問題と、セックスに対する精神的な問題があります。もちろん今までセックスはいけないこととか、学んできている、セックスとの関係性もあります。
  2. 過去にパートナーに言われたこと、されたことかもしれません、パートナーシップの問題ですね。できちゃった結婚したけど、実は、パートナーは結婚したくなかったんじゃないか、とか、そういうことも、ブロックする理由になります。
  3. あとは、仕事とかキャリアとか人間関係とか、セクシャリティに関係ないことで、疲れきって、傷ついている場合もあります。これは、子育て中のお母様とかは多いですね。なんでも初めてすることで、わからない。どうしていいのか、わからないのに、夫は手伝ってくれないし。。。。
  4. 生い立ちや、家族との関係など、過去の問題もあるんです。

 

セックスレスをされている側は、傷つかない、あえて被害者にならない。

 

それじゃあ、私はどうすればいいのよ、私の方が傷ついてるのよ、では、やはり、うまくいきません。ここは大人になるしかないんですねえ。

している側は、それどころじゃないんです。セックスレスで「傷ついている」といくら言われても。

それ以上に傷つき、それどこじゃない、わけがわからない状況になり、困っているのは、セックスを拒否している側も同じです。

セックスレスで、離婚したりする件だって、十分わかっています。

してる側の方が「傷ついてんのよ」と、夫婦そうどもえ、「見て見て、私の方が傷ついてるの」、となると困るわけです。

つまりセックスレスは、パートナーに愛情がないとか、エロ度が足りないこと以上に、「エネルギーがない」状況なんです。

 

セックスレスになった時は、家庭が癒される、環境を整える。

セックスレスになった時は、慌てます。はい。でもね。一番重要なのは、相手が癒される環境を整えること。

自分が、嬉しくなる環境を整えることです。

パートナーも傷ついていることがある、何か言えないことがあると思えたら、セックスレス解消の一歩を踏み出しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.