イタリア在住、女の子だってエロを楽しもう、山本えみりが経験を得て語る。

無料 セックスレス解消マニュアル E-BOOK ダウンロード

セックスレスがつらい。男女の違いってある?

2018/05/25
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

セックスから得る満足度、2種類ある。

セックスには2つの側面がある、心と、体。

精神的に満足したい、肉体的に満足したい。その二つだよね。

その二つが複雑に絡み合い、セックスは作られていく、どっちが一つなんていうのはあまり考えられない。

体の満足があまりにも強くって、精神的には、どうせ体だけ目的の関係だなって思ってしまったり。

精神的に満足したいのに、あまりにもテクニックがお粗末すぎて、セックスも、精神的にも、喜べなくなり、それがお互いの関係を蝕んでいくこともある。

じゃあ、セックスレスでは?どっちが辛い。体?心?

 

やっぱりセックスレスの辛さのトップは精神的なもの。

多くの人の話を聞いたり、経験も合わせるとからすると、えみやまのように、肉欲に生きてる人ってそんなにいないんだよね。

ていうか、男の人も、肉欲だけには生きてない

つまり、どっちがレスされる側になったとしても、『愛されてない感が辛いんだよね。

男として、女として見てもらえない、っていうとこが辛い。

男に生まれたり、女に生まれたのだから、セックス有る無しに関わらず女であり、男であるんだけど、やっぱり、セックスには、相手の性を輝かせる作用があるから、いいセックスができれば、自分の性をより一層楽しめる。

そこに、女「男」としてはもう楽しめないのかな?という、疑問と、不安が、増えてくる。

だから、やっぱり、セックスレスの辛さは、精神的なもの。

 

じゃあ、体は関係ない?すごく関係ある。

そして、やっぱりやりたい欲もある。それも、満足させなくちゃいけない。

これは、よく言われるけど、男性は、風俗とかあるから、満足できる、だから、セックスレスの時は、男性は、風俗に行けるから、楽。

ほんとかな?って思うよ。男性は、風俗に行って、簡単に、肉欲は満足させられる。でも、精神的には、満足できるはずがない。

いくら、風俗嬢がうまくって、恋愛プレイを混ぜたとしても、そんなの、男だってアホじゃないから、わかる。仕事だって。

もう一つの解決方法。一人エッチで満足。

女性の、セックスレス辛さ解消では、よく、一人エッチを学びましょうと書かれてる。

つまり、一人エッチをすれば、女性も、セックスレスが辛くなくなる。この際、なんなら、おもちゃも使えるようになろう。バイブでもなんでも買っちゃおう!!!それも一理あり、でもね。

えみやまみたいに、普通に一人エッチしている人にとっては、全然慰めにもならない。。し。

一人エッチの快楽と、本当のセックスの快楽は、天と地の差があるでしょ。だからセックスっていいんじゃないの?もうううう。

しかも体の快楽って、相手に与える快楽もあるしね。

じゃあ、セフレを作って、セックスすれば、レスの辛さは乗り越えられるのか。。。

運よく、セックスの上手い人に当たれば、肉体的満足は得られるけど、本当に肉体的満足と、精神的満足を混ぜないことができる?というとこで問題は、発生する。

本当に、肉体的満足だけにフォーカスして、セックスするのは、実は精神的満足を得ることより難しいのよ。

 

パートナーとセックスレスの時、どうやって辛さを乗り越える?

えみやまはセックスレスは、必ず解消されるって思ってる、でも、解消するのを待つ時間って、辛いよね。

セックスレスの辛さを解消するには、2つあると思ってる。

もちろん、パートナーとのセックスを復活させれば、辛さはなくなるかもしれない。

でもセックスレスが解消しなくっても、幸せでいることはできる。!!!

レス解消の色々なハウツーがあるじゃない、そんなの今はどうでもいい。だって、あなたが辛いんだもんね、だから、パートナーがまた好きになってくれるとか、惚れ直してくれるとか、溺愛される自分になる必要はないと思ってる。

一番大切なのは、辛い自分を癒すことでしょ。幸せになっちゃうことでしょ。

 

セックスに求めている、精神的満足を自分で与える。自分を愛してみる。

まず一つは、精神的満足度を、自分自身の中に求める。

誰かに愛されてないから、愛を感じられないのではなく、自分は、どんな自分でもいいから、愛されてる、愛される資格がある、を前提にすると。

愛し愛されることが愛じゃなくって、愛ってそこにあるものでしょ。

これは、セックスがないから、愛されない、だけじゃなくって、全てのことに、繋がっていくよね。

セックスレス中には、結構きつい質問だけど、100歩譲って、セックス以外の何で、愛を感じられる?

パートナーに愛されることだけが、愛なの? 精神的満足を感じられるの? 自分を楽しませるためだけに何かをしたのはいつ?自分で自分を愛しきることができる? できないのなら、それはなぜ?

色々理由は出てくると思う。

「私なんて。。。」「人(親)に〇〇って言われたから。」「他人はこう思ってるから」「頑張ってきたのに、誰も認めてくれないから」「綺麗じゃないから」「可愛くないから」「性格悪いから」「内気だから」「運が悪いから」「面白くないから」「失敗ばっかりだから」「意地悪だから」「おっちょこちょいだか」「自信ないから」「自分愛せないから」「だらしないから」「何一つうまくいったことないから」「働かないけど食べてるから」「女に生まれたから」「できちゃった結婚だから。」「セックスレスだから」「誰にも愛されてないから」「裏切られたから」「騙されたから」

もういいよ、その役降りよう

目をつぶって、今の自分をイメージしてみて、どんな自分でもいいから、愛しちゃおう。抱きしめちゃおう、許しちゃおう。おっちょこちょいでもいいよ、可愛いよって、言っちゃおう。

悲しそうな自分がいたら、勇気付けてあげよう。頑張ってきたんだからねって認めてあげよう。

未完了な、悲しさがあったら、受け止めてあげよう。で、もう愛していいんだからねって言ってあげよう。

こういうことはお友達でも、セラピストさんでも、受けてもらうのもいいよ。

毎日、自分を愛する時間を作るのもいい。目をつぶって、電車に乗ってる時間、自分を応援したり、励ましたりしてもいい。

 

でも体の満足度どうするの?

一人エッチや、風俗、セフレを作るっていう方法もあるよね。

でも落とし穴、結局は、体の満足だけを得たいんじゃないの、っていう、精神的満足を断ち切れず、逆に、辛くなることもある。

体と心が繋がってるのは本当はみんな知ってるから。

とりあえず、今日だけは、楽しいことをやって、気を紛らわす、っていうのもありかなって思ってる。

今日だけ、だから、ね、今日だけと自分に言い聞かせて、なんでもいいから、他のことをする。

暇な時って、エロなことを妄想しちゃったりするけど、仕事めっちゃ忙しかったり、趣味が楽しかったりすると、忘れちゃう。

ある意味、セックスより楽しいことを探し、それを1日でもいいからしてみる

1日でもいいから、やり過ごす。

セックスより好きなことなんてないって人は、エロブログ書いてもいいし、なんでもいいから、行動する。

私は、なんだか大変な時期に、ヨガの先生になるコースに入って4年間それに熱中することにした。母乳、子育て中にセミナーに通うのすごく大変だったけど、大義名分があったらか、月に何度か、夫に乳飲み子を預けて、通ってたよ。

できないことなんてないから、辛さを忘れるくらい、楽しいことをしよう

今はヨガの先生として働いてるし、無駄じゃなかったなって思ってる。

多分あの辛さがなかったら、家でテレビ見てただけかもしれないし。何にもしてなかったかもしれない。

今は毎日ブログ書くので、ビッチ力落ちまくってるの感じてる、本末転倒。。。とはまさにこのこと。

ブログ書かなくちゃいけないから、セックスどこじゃない。。。。。なんて。。。。

 

自分が満たされていくと、自然とセックスレス解消に導かれる。

自分が満たされると、周りの人も満たされていく、これは多くの人が試してみて、知っていること。

パートナーのために、何かをしても、あーこんなにやってあげたのに、っていう気持ちは否めず、なかなか、楽しくなれない。

でも、あなたが楽しそうにしていて、幸せそうにしていると、

不思議なことに、パートナーは惹きつけられちゃう。

本当のレス解消って、そこにあるんじゃないかな。

えみやまセックスレス体験はこちら!!!

セックスレスの辛さを経験。解消した今だから書けること。

 

 

セックスレス解消マニュアル! 今からでも遅くない

読むだけで求められる女性へ変身。

 

セックスレスでなくても、セックスのことで知っておくべきこと満載。

 

セックス も、パートナーシップも、 ますます楽しくなる。

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.