お悩み、カウンセリングについての疑問など、お気軽にご連絡ください!

イタリア在住、セックスレス解消の専門家、山本えみりが経験を得て語る。

無料 セックスレス解消マニュアル E-BOOK ダウンロード

マジでSM!セックステクニックで、マンネリ解消!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

お友達ブロガーさんが、SMについて書いててねえ、えみやまも、やったろうじゃないと思ったんだけど、SMって深いからさあ、もう、精神的な部分はもう奇々怪界だから、実践編だよね。

 

サドマゾの名前のツールは、ヨーロッパ文学から来ている。

Sがサディズム、マルキ・ド・サドという、初のSM小説を書いた人の名前から、サディズムの名前いただいています。今でいうならフィフティ・シェイズ・オブ・グレイ小説を書いた、EL.ジェームスってことなのか。

Mのマゾも、文学から来ていて、ザッヘル・マゾッフォという方の書いた、小説が、マゾの真髄を書いているということで、マゾの由来が来ています。この方はグレイ小説と同じく、愛人と「夫人の奴隷となり、その願望と命令をすべて実現する」という契約書を交わしたり、なかなか面白いです。

下心が、あって、読んでみても楽しいけど、実際は、これ?ていう感じで、エロさ満載というよりは、がっつり、考えさせられる本。こんなのが、数百年前は官能小説だったのねえ、と時代を感じさせられます。

ちなみに、イタリアでも、サド、マゾっていいますね。

 

SMの簡単な定義

Sはサディズム

パートナーに対して、精神的で身体的な屈辱と苦痛を与えることによって、性的な快楽や満足を得ることを意味します

サディストの面白いとこは、何にしろ、与えることが楽しいんだからね。

Mはマゾキスト

本人が、精神的で身体的な屈辱と苦痛を受けることによって、性的な快楽や満足を得ることを意味するわけです。

マゾの矛盾は、受けること、ということで、与えてもらえないと楽しめないのよ。

ここら辺は、大先輩の谷崎潤一郎、大先生、マゾヒズム小説集や、痴人の愛が何よりの参考書。

いじめてもらうのが何より好きパートナーを持つと、最初は、サド性を楽しめるけど、徐々にこれは、やらされてるのか?という、倒錯に陥るということを谷崎先生は書いてるけどね。

 

SMセックスのプレイで、気をつけるべきこと。

SM定義なんて、そんなことはどうでもいいけど実践、実践よ。

気をつけるべきことは、やっぱり、そうだな、知らない人とはやらないほうがいい。

あのさあ、こんなに出会い系が増えちゃった今、好奇心で、男性も、女性も、ソフトならSMやってみたい!!と思っちゃう人もいるかもしれないけど。

ビッチが言うには、やめとけ! 😈

初対面でするのは、素人ならよしといたほうがいい。リスクが大きすぎる。

ちょっとぐらい縛られるくらいなら、が、骨折っちゃったりする世界もあるから、きちんと相手のことがわからないなら、きおつけたほうがいい。

明日会社に行けないなんてことにもなるし、骨なんて簡単に折れちゃうものだし、素人は手を出すな。

本気のBDSMとかだとねえ、ビニール袋、頭に被せちゃったり、もう、えみやまみたいなビッチだって、手に負えない世界なんだからね。

インターネットでコミュニケーションして、相手が何を望んでるかなんて、わからないんだよ。どこからソフトかなんて人によって違うんだよ。

被害者ならまだしも、加害者になる可能性だってあるんだよ。そこまで、腹くくってる?

これは男性もそうだからねえええ。死と隣り合わせの世界。

もちろんプロの女王様に頼む、なら、話は別。きちんと趣味を伝えて、満足させてもらうなら、それはそれ。

なんとなくしちゃうのは、絶対やめたほうがいい。

 

SMプレイは、お互いの関係が、信頼できるものじゃないと無理。

SMの世界は趣味やグレードがもう、格段に違う。その文化があり、その知識が必要。

普通のセックスをするのにだって、すり合わせが難しいのに、SMって実は難しい。その世界のワードがあり、その世界の掟がある。言語体系が違う。

写真や、マニュアル本を見てやってみたとして、素人同士、全く、心も体も傷つけないか?って言ったらねえ、そりゃあねえええ、オススメしないけど。。。

でも、でもでもやってみたいいいい。

SMはあなたの体を完璧にゆだねられる、命を預けられる人としか遊べない、大人のプレイ。

信頼できる人、本命のパートナーとか、結婚相手とか、絆のある関係なら、できること。

あんまり知らないセフレとかだと、なるべくなら、避けたほうがいいいい。

だから、本命のパートナーって大切なのよ実は。SMごっこしたいなら、いい関係を作っとかないとダメよ。

SMプレイも、精神的なものだから、その部分を楽しめる、深い相手じゃないと、単なるバイオレンスな経験になっちゃう。

レイプ体験なんて、擬似でもしたくないからね、女子は。

 

❤❤女性でもやっても楽しい、リスクがない、3つのプレイ❤❤

1.拘束プレイ 何よりビジュアルで楽しむ!

きゃああああああ、そんなことしちゃっていいの。

あの、いわゆる、手や、足を縛っちゃう、っていうのですねえ。

もしくは、ベットの柵で縛れるのがあれば手をベットにくくりつけるとか、足を縛る、そして、パートナーはあなたの体を弄ぶ。

重要なのは弄ぶ、、、ところなので、挿入して、ガンガンやるだけじゃ面白くありません。

ここで重要なのはいかに、弄べる感出せるか。モテアソブ

エロい状況を楽しむ。こんなことしちゃっていいの、背徳感を楽しむ。

もちろん男性を縛るのもあり。

もう一つ重要なのは遊びなので、細い紐とか、ビニール紐とか、手錠とか、サランラップとかじゃなくって、、、逃げようと思ったら、本気で逃げれないものじゃなくって、マフラーとか、本当は逃げられるんだけど、逃げれないふりをするっていうのがあり。

ファンタジーの世界。いかにその役をできるかにかかってる。

 

紐は細ければ細いほど、跡が残って痛いので、シルクの大判のショールとか、痛くないものがいいかも。自分で、引っ張ってもあんまり痛くないもの。

だから変にあんまり凝った縛り方とかも、恐怖心満載になるからなし。

手を後ろで縛るっていうのもあるけど、体が柔らかくない人には、オススメじゃないかも。

あくまでも、遊び、エロ度を引き上げるためにあるので、ソフトSM、エロい下着をつけたり、ビジュアルに凝ったり、痛いとか、不快じゃなくって、ウワーーーエロい、恥ずかしいが、やっぱり基本ワードかも。

これコスプレ好きなひとは、卒倒かもね、看護婦縛るとか、女子高生縛る、とか、もうアホなファンタジーはいくらでも、増やせる。

楽しむなら、ガータベルトに網タイツで、エセ縛りとかは、まじ盛り上がります。

つまり見た目、見た目よ、エロファンタジー、縛り系は特に、ビジュアル重視。

 

言葉責め!あなたの知らない世界に連れていってくれる(かもね)

 

これもねえ、誤解を受けやすいんだけど、自分のパートナーが、セックスの最中に、

「えみってめっちゃエロいね。」「いやらしい顔してる。」「感じまくってるじゃん」「すごい濡れてる」「俺の娼婦だろ、。」「自分から腰動かしてる、やらしい女だな。」「何して欲しいのか言ってみろ」「俺のちんぽが欲しいんだろ。。。」

娼婦、、、なんて死語じゃなかったけ?

全部、これ、言葉責めの一種です。プレイです。バカにしているわけではありません。

ファンタジーよ、ファンタジー、全部支配系なプレイよねえ。

羞恥心からのエロ、を引き出すプレイです。セックスはやっぱりやっちゃいけないこと、「そんなことダメ、私したくないの、こんなお破廉恥な姿見せられない、、、」のに、彼にだけには、その姿を見せる、そこに、エロがあります。

あなただけに見せる、エロ優待、待遇が、何よりもの、言葉責めのファンタジーの基本。

つまり「濡れてるけど何か?」「腰動かしちゃいけないの?」ではそのプレイ楽しめません。びっち学、モードだとダメだな。女はエロくて当たり前、開き直りモードだと楽しめないこのプレイ。

逆に、エロくなっちゃいけないのに、、、というとこが、言葉責めの極意。。。「私のこんな姿、見ちゃダメええええ」とかね。盛り上がりそう。

「セックスしてるんだから、挿入するでしょ、そりゃあ、」では、「何が欲しいか言ってみろおおおお」みたいなプレイは楽しめません。「ダメよ、、、あなた」みたいなのが、変身していく。ていうとこに、エロファンタジー爆裂な訳です。

 

淑女な自分の彼女が、俺の前だけでは娼婦に大変身するファンタジー

その昔、

「彼から、やってる最中に、エロい女だなーーー!って言われちゃって、もう絶対セックスしたくない。。。」とおっしゃられた方いましたが、それも、言葉責め、プレイの一種です。その女性、本気で、傷ついてました。うーーん。

女子の中では、お姫様プレイのみ、受付可という方もいるので、シンプルに、「愛してる。」「好きだー」だけが、セックス言語だと思っている方もいます。

言葉責めは、「こんな姿」にしか見せないんだろう、という、一種の征服欲制服欲、 独占欲からくるんです。

自分だけには、こんな姿を見せてくれるっていう、愛、信頼がそこにあることが実はあるんだけど、それを見抜かないと、ウゲーーなプレイになります。

セックスの時に「エミは俺の娼婦だ、俺の娼婦だって言えええ」とおっしゃっている方も、普段は、きっちり紳士で、セックス以外では大切な、貴重な彼女でいて欲しいということでした。普段使いは娼婦であって欲しくない。他人には、娼婦姿は見せて欲しくない。へええ、そうなんだ。ギャップか。。。

男性に、女性から、言葉責めも、楽しめます。こういう時はやっぱり、女王さまになっていただいて、手コキプレイの複合で、「あら、感じちゃってるの」「いっちゃダメよ、」「そんな声出して、恥ずかしくないの」「やめちゃうわよ」とかね、いろいろ楽しめます。

言葉責めはやはり、自分の普通の生活からの、ギャップ度をつく、背徳感と、タブー感を逆に利用するのが盛り上がりのコツ。

 

目隠し、命令に従う。。。。相手を服従させる。

 

目隠しプレイとかもさあ、かなり、笑えるんだけど(自分のセックスを笑うな!)使える技よねえ。

ていうか、自分が目隠しされてる姿を想像すると、間抜け度に、発車がかかるけど、セックスは楽しむもの。

これも、やっぱりパートナーによるけど、目隠しされたい人と、目隠しをしてる姿を見たい、に分かれる。

目隠しされたいひとは、5感を研ぎ澄ませるのに、いいのかな。

 

ちょっと背徳気分

 

目隠ししている姿を見たい人は、裸なのに、目隠しをしているビジュアルのエロさと、纏足効果、(春琴抄か)ちょっと、弱々しい姿を見ると襲いたくなる。不憫な相手を、襲う。というとこにエロがあるのか。

それから、目隠しして、「服脱げ」とか、「自分で触ってみろ」、とか、おもちゃを使って、弄び系、服従系のプレイもあるし、見えないから、想像力を駆使するところに、やっぱり味が出るのかもね、このプレイには。

つまり普段は、自由にできないものを自分の力で、自由にしている。見えないから、エロいことができる!!!

これって、精神的なものじゃない?

セックスって?挿入して、射精するだけのスポーツじゃなかったけ?なんて人は絶対に、こんなプレイ楽しめません。

まだるっこしいだけだもん、見えないんだから。

SMの世界は、深く、そして果てしなく、精神世界でした。

そしてなぜか、えみやま饒舌でした。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えみやまビッチ学 , 2018 All Rights Reserved.