LINE@登録お願いします。

イタリア在住 女性の性のお悩み専門家、もう悩まないよ!

セックスレスで悩んでいるあなたへ「レス解消マニュアル」

いつも彼氏に見捨てられる!桃ちゃんカウンセリング7

WRITER
 
また男に見捨てられる

セックスレス解消に役立つ情報を発信中!

メルマガ登録はココをクリック⇧

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

桃ちゃんの中にある恐怖

どんな人と付き合っても必ず

「どうせ男は逃げる!」という思い込み。

別れればやっぱり

逃げた!見捨てられた!

と猛烈に落ち込み

自分自身をさげずみ、死ぬほど苦しむんだけど。。。。

なぜなぜなぜ?

男性に求めるものは実は親に求めたかったもの。
ももちゃんは男親に何を求めてたの?

お父さんとは話さないのは当たり前

お父さんとお母さんは仲が悪かったんだよねももちゃん。

でね、それが始まったのは小学校の1年生くらいの頃らしい。
だからお父さんとお家で話すことはほとんどなかったんだって。

「え?なんで、お父さんと桃ちゃんが仲が悪いわけじゃないでしょ?」

私が聞くとももちゃんは

「あーでもお母さんが好きだったから、なんとなくお母さんの前で話しかけにくくって。」
「お母さんは無視って感じだったから、お父さんが帰ってくると家の中の空気がピリピリしてて、まあ帰ってきたら、部屋に帰って勉強してました。勉強好きだったし。」


お母さんのいない前では話をしたりもしてた

そういえば、お母さんがいない時は、ほんの少しだけ話をしてました。

反応とかも薄いし、なんだろう話下手だったけど、お母さんがいないと話せるって感じで。

家庭内別居って感じで、お父さんが出ていくまではそんな感じでした。

これはねえ、実はお母さんは無意識にももちゃんに圧力をかけてたよ

だからねももちゃんは苦しんだんだよ。

だってね「お父さんのことは好き」だったのにお母さんに嫌われたくないし、お母さんの見方をしなきゃいけないから。

小さい頃からそんな複雑な心境で

甘えたいのに甘えられない。お父さんの膝の上に乗りたいのに乗れない状況だったよ。

だからこそ


お父さんとは話してはダメ!

お母さんを苦しませるから。

そんな辛い状況を作り出してたよ。

お父さんが出て行った時のトラウマ?

だんだんわかってくるよね。

お父さんと彼氏を同じにしてるって。
いつかは出ていく、話ができない、コミュニケーションできない。
甘えちゃダメ。話もしちゃダメ

でもいつかは見捨てられる。
愛されない。そんな思いを持って、小学校低学年からやってきたよ!

お父さんは単身赴任の時に出て行ってそのまま、帰ってこなかった。

だから別居といっても、ちゃんと両親から話もなかったし、お父さんが出て行ったとしても、ももちゃんのことは大切だと思っているという話は全くなかったよ。

お母さんはお父さんが出ていくが嬉しそうだった。思い出しかなくって。

ももちゃんの気持ち「本当は悲しい」は誰も受け止めてくれなかったよ。

お父さんが出て行ったけど、定期的に会える機会や電話をする機会さえ持てず、ももちゃんは育っていったよ。

あれ?見捨てられてないけど、会えなくなった。。。

別れたのが問題じゃなくコミュニケーションがないのが問題。

その時代のお父さんは子育てをしないのが普通だから、ももちゃんたちをフォローすることは考えていなかったよ。

お父さんは遠くに行ったわけでも見捨てたわけでもなく、ただ単にお母さんと一緒に住まなかっただけ。

でもそのことさえもお母さんもお父さんも認めたくなかったから、あやふやのまま、お父さんはお給料を月に一回持ってくるだけの人になったよ。

その時は5分くらい家に来て、居心地の悪そうにして、出て行って、ももちゃんと話すこともなかった。

インナーチャイルドその頃のももちゃんを癒す

子供の頃のももちゃんを癒す瞑想をすることにしたよ。

ももちゃんはその瞑想でお父さんから嫌われていたわけでも愛されていなかったわけでもないことに気づいたよ。

愛されてないわけじゃなかったんだなって、自分の中で腑に落ちたから。

もう大丈夫!

ここの部分はね本当にやってみないとわかんない!でも絶大効果!

お父様の愛情は信頼!

お父さんの愛情は信頼することだった。

反対しないことで賛成してることを表示してて。
言わなくてもわかるだろうっていうスタンスだった。

その奥に隠されてたメッセージは
桃ちゃんには自由に、好きなことをして生きて欲しい!

だったよ。

「えみりさんもう自分の中の7不思議が明らかになっていくって感じです!」

今回の宿題は
その子供の頃の自分に手紙を書くことと。
子供の頃の自分から両親に手紙を書いてもらうことにしたよ!

彼とのブロックも取れるかなあ!!!!

その部分は次回にみていくことにしたよ!

カウンセリング初めてたった1ヶ月なのに。

最初はもう、泣きまくってた桃ちゃんメールはこんな感じだったよ!

泣きすぎて頭痛とめまいで死にそう!!!!

そんな桃ちゃんがたった1ヶ月で
セックスレス に感謝できるくらいに変わってくれたよ!

魔法にかかったみたいに心が軽くなっちゃって。。。
レスに対してはもう感謝!

5月20日のメールから1ヶ月マジでこんなに変わったよ!!!

自分でも過去のメールやブログを読んでて?
あれ?おかしくない?
って思うくらいの、豹変ぶり。

嬉しいいい。

ということであと2ヶ月もっともっと深いところを突いてくぜえええ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
イタリア在住、ヨガ講師、2女の母、フェミニスト。据え膳食わぬは女の恥人生を踏まえて、えみやまビッチ学、書いています。セックスは愛を表現する最高な行為、なので、あえて、ビッチしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おんなの学校 , 2019 All Rights Reserved.